Skip To Content

ArcGIS Web Adaptor について

ArcGIS Web Adaptor (IIS) を使用すると、ArcGIS Server と既存の Web サーバーを統合できるようになります。 ArcGIS Web Adaptor (IIS) でサポートされているオペレーティング システムの詳細については、「システム要件」のページをご参照ください。

ArcGIS Web Adaptor は、既存の Web サイトで稼働し、リクエストをサーバー コンピューターへ転送するアプリケーションです。サイトを定期的にポーリングし、どのコンピューターが追加または削除されたかを確認します。次に、現在参加しているコンピューターだけにトラフィックを転送します。サーバー サイトを外部の利用者に公開するときには、ArcGIS Web Adaptor をインストールするか、それと同等のリクエスト転送およびセキュリティ技術を実装する必要があります。

ArcGIS Web Adaptor の利点

ArcGIS Web Adaptor を使用すると、次の操作を行うことができます。

  • ArcGIS Server と組織の既存の Web サーバーを統合します。Web サーバーをサイトに導入することにより、GIS サービスを使用する Web アプリケーションをホストできます。

  • 受信したリクエストをサイトのサーバーに分散する単一のエンドポイントを提供します。

  • 組織の標準 Web サイトおよびポートを通じて ArcGIS Server を利用できるようにします。デフォルトのポート 6080 またはデフォルトのサイト名 arcgis をユーザーに見せたくない場合は、ArcGIS Web Adaptor を使用します。

  • ArcGIS Server Administrator Directory および ArcGIS Server Manager を外部ユーザーから見えないようにします。

  • ArcGIS Desktop のユーザーが ArcGIS Server に対して管理者または公開者接続を確立できないようにします。

  • 組織のアイデンティティ ストアとセキュリティ ポリシーを Web 層レベルで使用します。たとえば、IIS を使用している場合、統合 Windows 認証を使用して、ポータルに入ることのできるユーザーを制限できます。また、Web サーバーに組み込まれているか拡張サポートがある場合、PKI (Public Key Infrastructure) も使用できます。これを使用すると、ログインしてサービス、Web アプリケーション、および ArcGIS Server を使用するときに、シングル サインオンやその他のカスタム認証を提供できます。

ArcGIS Web Adaptor の配置シナリオ

ArcGIS Web Adaptor は、さまざまな構成のサーバー サイトで使用できます。たとえば、サーバー コンピューターが 1 つあるサイトでは、ArcGIS Web Adaptor をサーバー コンピューターと同じコンピューターにインストールしたり、専用の Web サーバーに置いて負荷を軽減したりできます。複数コンピューターの環境では、ArcGIS Web Adaptor を 1 つの Web サーバーにインストールしてサイトへのエントリ ポイントを 1 つにするか、複数の Web サーバーにインストールして Web サーバー層に冗長性を持たせることができます。

ArcGIS Web Adaptor のバージョンは、登録されたサーバー サイトのバージョンと常に一致する必要があります。1 つの Web サーバーに複数の ArcGIS Web Adaptor を構成している場合、すべての ArcGIS Web Adaptor に対して異なるバージョン番号を使用できます。

ArcGIS Web Adaptor は、ArcGIS Server のプラットフォームとは独立しています。したがって、配置する ArcGIS Web Adaptor と ArcGIS Server サイトのオペレーティング システム プラットフォームは同じでなくてもかまいません。たとえば、サイトが Linux コンピューターで構成されていても、ArcGIS Web Adaptor (IIS) が ArcGIS Server と連携して動作するように配置できます。

ArcGIS Web Adaptor を既存のサイト アーキテクチャに統合するさまざまな方法の詳細については、「配置シナリオ」をご参照ください。

インストールした ArcGIS Web Adaptor でのサービスへのアクセス

ArcGIS Web Adaptor をインストールして構成すると、サービスへのアクセスに使用する URL が変わります。ArcGIS Web Adaptor をインストールし、ポート 443 を使用するようにした後に変わる URL の例を以下に示します。

ArcGIS Server Services Directory (REST Web サービス)

  • ArcGIS Web Adaptor なし: https://gisserver.domain.com:6443/arcgis/rest/services

  • ArcGIS Web Adaptor あり: https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services。たとえば、ArcGIS Web Adaptor をホストしているコンピューターの名前が、wa とドメイン myorg.net の組み合わせで、ArcGIS Web Adaptor の名前が arcgis である場合、ArcGIS Server Services Directory へのアクセスに使用する URL は https://wa.myorg.net/arcgis/rest/services となります。

SOAP Web サービス

  • ArcGIS Web Adaptor なし: https://gisserver.domain.com:6443/arcgis/services

  • ArcGIS Web Adaptor あり: https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/services。たとえば、ArcGIS Web Adaptor をホストしているコンピューターの名前が、wa とドメイン myorg.net の組み合わせで、ArcGIS Web Adaptor の名前が arcgis である場合、SOAP Web サービスへのアクセスに使用する URL は https://wa.myorg.net/arcgis/services となります。

ArcGIS Web Adaptor のセットアップ方法

ArcGIS Web Adaptor には独自のセットアップおよびインストール ガイドがあります。このガイドは ArcGIS Server のインストールに付属していません。ArcGIS Web Adaptor は、Web サーバーを実行しているコンピューターにインストールする必要があります。これは、ArcGIS Server サイトを実行しているコンピューターでも別のコンピューターでもかまいません。

セットアップ方法の詳細については、「サーバー サイトへの ArcGIS Web Adaptor の実装の概要」をご参照ください。