Skip To Content

ArcGIS Workflow Manager の概要

ArcGIS Workflow Manager は、組織内でのさまざまな GIS 作業と GIS 以外の作業の実行および管理を自動化し簡素化するスケーラブルなワークフロー管理システムです。 これは、作業の完了に必要なユーザー、プロセス、製品をリアルタイムに管理できるツールを提供し、GIS 操作を最適化します。 これは、標準化されて一元管理され、組織全体で繰り返し実行できるワークフローを維持することで生産効率の改善を推進し、エラーと非効率性を低減して時間を節約します。

Workflow Manager がサポートする最も一般的なワークフローは、基本的なデータ編集ワークフローです。 使用例には、ロケーションの空間情報や属性情報を更新する編集情報があります。 GIS 専門家は、キャプチャした情報に基づいてマップを更新します。 次に、その作業は QC (品質管理) 専門家により整合チェックされ、問題点があれば GIS 専門家に返されます。 この使用例は、Workflow Manager の基本機能を示しています。 このシナリオにおけるデータの編集作業を完了するステップはワークフローと呼ばれ、特定のロケーションでのワークフローの 1 つのインスタンスがジョブと呼ばれます。 ジョブは、空間データに関連付けること、および組織の複数のメンバーに割り当てることができます。 ステップは、GIS 専門家のために特定のマップを開くことや、異なる方向でジョブのルートを検索する質問に答えるように QC 専門家に促すことなど、さまざまなタスクを実行できます。

次に Workflow Manager は、ワークフローの要点の電子メール通知の送信や、空間データ バージョンの管理およびクリーンナップ、最初のサイト選択を支援するジオプロセシング ツールの実行などにより、このタイプのワークフローを拡張します。

また、Workflow Manager は、ワークフローが発生する場所の管理方法が柔軟で、操作ポイントをシームレスに処理できます。 たとえば、作業はモバイル アプリにより現地で、データ編集は ArcGIS Pro で、また QC は、Workflow Manager Web アプリで、それぞれ実行できます。

上記のデータ編集シナリオは、ワークフローの 1 つのタイプでしかありません。 組織には、現地での点検、土地利用計画、ドキュメント管理と承認、モバイル アプリ、完全に自動化されたワークフローなど、ビジネス プロセスのための多くのタイプのワークフローがある場合があります。 Workflow Manager を使用することでビジネス プロセスを自動化し、データ品質と精度の改善、リソースの割り当ての最適化、コミュニケーションの強化、組織の生産コストの低減が可能になります。

機能

Workflow Manager は、組織のニーズに応じて、さまざまなタイプのワークフローに対応するよう構成できます。 作成可能な多くのワークフローの一部を以下に示します。

  • Web ベース、ユーザー主導ワークフロー - これらのタイプのワークフローにより、Workflow Manager ユーザー タイプ エクステンションのライセンスを持つユーザーは、Workflow Manager Web アプリでジョブを操作できます。
  • デスクトップベース、ユーザー主導ワークフロー - これらのタイプのワークフローにより、Workflow Manager エクステンションのライセンスを持つユーザーは、ArcGIS Pro でジョブを操作できます。
  • 半自動ワークフロー - このタイプのワークフローにより、ユーザーは、ジオプロセシング サービスの実行などのワークフローの一部を自動化できます。Workflow Manager ユーザー タイプ エクステンションに付属しています。 これらの機能は、ユーザー主導ワークフローを補完し、反復作業の自動化をサポートすることを目的としています。
  • 自動ワークフロー - このタイプのワークフローは、Workflow Manager ユーザー タイプ エクステンションと、オプションの ArcGIS Workflow Manager Server Advanced ロールで使用できます。 このオプション ロールにより、パフォーマンス、スケーラビリティ、および高度な機能が向上し、ワークフローを合理化および自動化できます。

ArcGIS Workflow Manager Server Advanced ロール

ArcGIS Workflow Manager Server Advanced は、特に自動ワークフローに重点を置いた追加機能を提供する、既存の Workflow Manager システムに対するオプションのアドオンです。 次のリストは、ArcGIS Workflow Manager Server Advanced ロールに含まれる機能の一覧です。

  • ステップのスケジュール設定 - 特定の時間にステップを実行するようスケジュール設定できます。 たとえば、営業時間外にすべてのデータをリコンサイルおよびポストするようステップを構成できます。
  • ジョブのスケジュール設定 - 定期的なスケジュールに基づいてジョブを作成できます。 たとえば、外部システムを監視するジョブを、新しい作業指示や定期検査のスケジュール設定に合わせて作成できます。
  • ArcGIS Survey123 Webhook を使用したジョブ作成 - Workflow Manager と同じ Enterprise ポータルにある調査の Webhook を使用してジョブを作成できます。
  • Webhook を使用したジョブ作成 - 受信 Webhook の情報を処理して、Workflow Manager でジョブを作成できます。
  • ジョブ アクティビティを使用した自動アクションの実行 - 特定のジョブ アクティビティが実行された際に実行される自動アクションを作成および構成できます。 たとえば、電子メール通知や Web リクエストを送信するジョブを構成できます。
  • Web リクエストの送信ステップのカスタム出力値 - 後続の REST 呼び出しのトークンの取得、Web リクエストへのレスポンスの解析、ジョブ プロパティの更新やワークフローのガイドのための値の使用などを行うよう、出力値を構成できます。 将来使用できるよう、レスポンスをジョブ アタッチメントとして保存することもできます。
  • GP サービスの実行およびデータ品質の評価の実行時間延長 - 一連のステップが順番に実行され、ステップの完了前にユーザー トークンの有効期限が切れる場合、Workflow Manager は、必ずステップを完了し、ジョブのステータスを適切に更新します。

Workflow Manager コンポーネント

Workflow Manager では、いくつかのコンポーネントによりジョブが構成されます。 組織での職務に応じて、これらのコンポーネントのサブセットのみの使用を必要とする場合があります。

ワークフロー アイテム

ワークフロー アイテムは、組織のグループが異なるタイプの作業を実行することができる Workflow Manager の単一インスタンスです。 複数のワークフロー アイテムを使用して組織のさまざまなグループを分割すると、個別の要件および 1 つのグループによって実施される作業は、他のグループを妨げません。

ステップのテンプレート

ステップのテンプレートは、マップを開いたり、ツールを実行したり、質問したりするなど、ジョブを実行するときのさまざまなタイプのアクションを実行するために設計された事前構成済みのステップです。 各ステップのテンプレートは、事前構成済みの名前とステップのプロパティ、オプション、スタイルのデフォルト値を含みます。 ステップのテンプレートをワークフロー ダイアグラムに追加する場合、それがワークフローの個別のステップになり、必要に応じてそのデフォルト値をカスタマイズできます。

ワークフロー ダイアグラム

ワークフロー ダイアグラムは、ビジネス プロセスを視覚的に表現したもので、個別のステップとパスで構成されます。 Workflow Manager において、これは単純なフローチャート以上の働きをします。各ステップは独自のタイプ、プロパティ、オプション、およびスタイルで構成でき、パスはステップを実行した後で特定のアクションを実行するように構成できます。 たとえば、質問のステップでは質問に答えるように求められ、マッピングのステップでは特定のマップが開かれます。 パスに従うときに、ジョブのステータスを変更することや、ステップを割り当てるユーザーを変更することができます。 さまざまなタイプのステップとパスを含むワークフローを設計することによって、複数の部署、ロケーション、およびソフトウェア製品にまたがるエンドツーエンドの作業をモデル化できます。

ジョブ テンプレート

すべてのジョブは、ワークフロー ダイアグラムに関連付けられているジョブ テンプレートから作成します。 ジョブ テンプレートは、割り当てる最初のユーザー、優先度と期日、および組織によって追加される他のジョブ プロパティなど、最初に作成されるときにジョブに割り当てられるデフォルトのジョブ プロパティを含みます。

雇用

ジョブは、Workflow Manager システム内の単一の作業単位です。 一部の組織では、ジョブは作業指示またはタスクと呼ばれることがあります。 これは、一人のユーザー、複数のユーザー、またはグループに割り当てられ、特定の日付までに完了するように計画されます。 これには、完了するワークフローのステップ、および範囲の概要を示すジョブの詳細が含まれます。 また、ステップを完了するための追加のヘルプ、アタッチメント、ジョブのロケーション、および空間データへの関連付けも含まれます。 同じタイプの多くのジョブを、システムで作成できます。

ジョブのロケーション

Workflow Manager は、ジョブの管理と自動化を有効に行うために、作業の地理的なロケーションへの関連付けをすることができます。 ジョブのロケーションは、ポイント、ライン、ポリゴン、マルチパートのライン、マルチパートのポリゴンとして定義できます。 また、ジョブのロケーションを使用して、次のようにジョブを効率化できます。

  • ジョブをマップ上で視覚化し、共有したチャートで定義された属性値に基づいてロケーションの色を変更して、視覚化したジョブ ステータス ダッシュボードを作成します。
  • ジョブのロケーションの境界線を、ツール、モデル、またはワークフローでのステップとして実行するスクリプトの入力として使用します。
  • マップを Workflow Manager Web アプリで開いたときに、ジョブのロケーションへズームします。
  • ジョブのロケーションを、Web アプリまたはモバイル アプリで共有します。

Workflow Manager ユーザー インターフェイス

Workflow Manager の UI (ユーザー インターフェイス) の主要部分は、ページ、パネル、およびワークフロー キャンバスです。 組織での職務に応じて、これらのエレメントのサブセットのみの使用を必要とする場合があります。

注意:

UI の表示設定と機能は、ユーザー グループ、ロール、および権限によって制御されます。

管理ページ

[管理] ページは、生産管理者が使用して、作業の作成、既存の作業の監視と更新、および完了した作業の確認を行います。 組織は、継続的に作業のステータスを監視して、確認できます。

管理ページの概要

要素説明

1

[マイ ワークフロー アイテム] ページに移動して、ワークフロー アイテムを切り替えます。

2

[マップとリスト] ビュー、[マップ] ビュー、[リスト] ビューを切り替えます。

3

[検索] パネルと [作成] パネルを展開してジョブを検索し、定義済みのジョブ テンプレートを使用してジョブを作成します。

4

共有の検索または最近の検索を使用し、ジョブを検索します。

5

検索結果を絞り込むためのフィルターを選択します。

6

グループ化オプションを選択し、関連ジョブをマップに表示します。

7

検索条件と選択したフィルターに一致する、ジョブの総数、新しいジョブ、期限切れのジョブを表示します。

8

検索条件と選択したフィルターに一致するジョブの共有チャートを表示します。 このチャートでは、[マップ] ビューのジョブを視覚化し、チャートに定義された属性値に基づいてジョブのロケーションの色を変更することもできます。

9

[詳細] パネルを展開して、選択したジョブについての情報をさらに表示し、マップ上のジョブのロケーションを表示して、ワークフロー ダイアグラムでの現在のジョブのステップを表示します。 また、このパネルでジョブ プロパティを編集して、ジョブ アタッチメントを管理できます。 [詳細] パネルの名前は、選択しているジョブの名前を反映します。

10

マップ コントロールでは、拡大、縮小、すべて拡大、ベース マップの変更、レイヤーの管理を行えます。

11

[マップ] ビューでは、マップ上に定義されたロケーションを含むジョブを視覚化できます。

12

ハンドルをドラッグして、ビューの各領域のサイズを変更できます。

13

マップ ラベルのオン/オフを切り替えます。

14

[リスト] ビューには、検索条件と選択したフィルターに一致するジョブが含まれます。

作業ページ

[作業] ページでは、ジョブの作業を検索して完了できます。 一般的なタスクの一部を次に示しますが、これらは [作業] ページで行うこともできます。

  • ジョブは、組織内および組織外の各ユーザーが作成できます。
  • Web アプリは、Web マップを開いて編集したり、Web マップの編集内容を確認することができます。
  • ワークフロー管理者は、ジョブ プロパティの管理およびジョブの承認を行うことができます。
  • ジョブには、作図図面などのアタッチメントを追加できます。
作業ページの概要

要素説明

1

[マイ ワークフロー アイテム] ページに移動して、ワークフロー アイテムを切り替えます。

2

[作成] パネルを展開して、定義済みのジョブ テンプレートを使用してジョブを作成します。

3

定義済みの検索またはカスタムの検索語句を使用して、ジョブを検索します。

4

[詳細] パネルを展開して、選択したジョブについての情報をさらに表示し、マップ上のジョブのロケーションを表示して、ワークフロー ダイアグラムでの現在のジョブのステップを表示します。 また、このパネルでジョブ プロパティを編集して、ジョブ アタッチメントを管理できます。 [詳細] パネルの名前は、選択しているジョブの名前を反映します。

5

検索結果を絞り込むためのフィルターを選択します。

6

検索条件と選択したフィルターに一致するジョブのリストを表示します。

7

ジョブを操作して、割り当てられたステップを実行します。 ジョブ タイルは、ステップを開始すると表示されます。

設計ページ

ワークフロー アイテムの管理者は、[設計] ページを使用し、ワークフロー ダイアグラムとジョブ テンプレートを作成して管理し、システム設定を構成します。

設計ページの概要

要素説明

1

[マイ ワークフロー アイテム] ページに移動して、ワークフロー アイテムを切り替えます。

2

ワークフロー ダイアグラムを作成して管理します。

3

ジョブ テンプレートを作成して管理します。

4

電子メール テンプレート、およびステータス タイプと優先順位のルックアップ テーブルを管理します。

5

ワークフロー アイテム設定とユーザーを管理します。

6

選択したワークフロー ダイアグラムをプレビューします。

[ワークフロー ダイアグラム] パネルの [新規作成] を、または [設計] ページのワークフロー ダイアグラムの [編集] ボタンをクリックすると、次のエレメントを含むワークフロー ダイアグラムの編集ページが表示されます。

ステップのライブラリ パネル、ワークフロー キャンバス、および設定パネルを含む設計ページ

要素説明

1

[マイ ワークフロー アイテム] ページに移動して、ワークフロー アイテムを切り替えます。

2

ジョブの一部として実行するときに、特定の機能を実行する定義済みのステップのテンプレートのリストから選択します。

3

ドラッグ アンド ドロップ インターフェイスを使用してワークフロー ダイアグラムを作成し、編集します。

4

ワークフロー ダイアグラム設定、空間データ、ステップの詳細、およびパスを管理します。 パネルの名前とオプションは、ワークフロー キャンバスで選択したアイテムによって異なります。