Skip To Content

アップグレード ArcGIS Enterprise

ArcGIS Enterprise Builder を使用して基本配置をインストールした場合、ビルダーを使用して基本配置を ArcGIS Enterprise 10.8 にアップグレードできます。これは、構成ウィザードを使用して配置をアップグレードする簡単な方法です。その他すべての ArcGIS Enterprise の配置は、個々のソフトウェア コンポーネントごとにアップグレードする必要があります。

ArcGIS Enterprise の配置のアップグレード

10.8 のセットアップを実行すると、ArcGIS Enterprise のソフトウェア コンポーネントが自動的に 10.8 にアップグレードされます。過去にリリースされた各バージョンを取得して順番にインストールしたり、ソフトウェア コンポーネントをアンインストールしたりする必要はありません。

備考:

ArcGIS Enterprise のポータルのバージョンは、それとフェデレートされているホスティング サーバー、GeoAnalytics ServerGeoEvent Server、および Raster Analytics Server のバージョンと一致する必要があります。ただし、10.8 のポータルは、10.5 以降のバージョンのあらゆるフェデレーション サーバーと連携します。たとえば、10.5 の GIS Server (ホスティング サーバーではない) と 10.5.1 の Business Analyst Server は、そのホスティング サーバーのバージョンが 10.8 であれば、10.8 のポータルとフェデレートできます。

注意:

エンタープライズ ジオデータベースがホスティング サーバーの管理されたデータベースとして構成済みで 10.8 にアップグレードしている場合は、いくつか追加手順を実行する必要があります。サーバーのアップグレード後、エンタープライズ ジオデータベースを (管理されたデータベースではない) データベースとして登録する必要があります。次に、 ArcGIS Data Store をインストールしてリレーショナル データ ストアとして登録します。これにより、ArcGIS Data Store はホスティングサーバーの管理対象データベースとして構成されます。

  1. My Esri から新しい 10.8 セットアップと認証ファイルを取得します。
  2. 次の情報をバックアップします。
    • ArcGIS Enterprise ポータル内: webgisdr ユーティリティを使用して、配置をバックアップします。config.js で変更したプロパティ、Operations DashboardWeb AppBuilder 用に追加したエクステンション、および arcgisportal コンテンツ ディレクトリ フォルダーなど、ポータルで構成したすべてのカスタマイズ内容をバックアップします。
    • ArcGIS Server の場合: バックアップ ユーティリティを使用して、サーバー サイト構成をバックアップします。
    • ArcGIS Data Store の場合: backupdatastore ユーティリティを実行して、それぞれのデータ ストアの完全バックアップを作成します。
  3. ArcGIS Enterprise の各ソフトウェア コンポーネントについて、アップグレードの手順を次の順序で実行します。
    1. Portal for ArcGIS のアップグレード
    2. IIS または Java (Windows) についての ArcGIS Web Adaptor (Portal 用) のアップグレード
    3. ポータルのホスティング サーバーとしてサービスを提供する ArcGIS Server サイトを更新します。
      備考:
      以前にエンタープライズ ジオデータベースをホスティング サーバーの管理されたデータベースとして登録していた場合は、ホスティング サーバー上で次の追加手順を実行します。
      1. Server Manager にサイン インして、[サイト] → [データ ストア] の順に移動します。
      2. [データ ストア] リストで、管理されたデータベースとして登録済みのエンタープライズ データベースを選択します。
      3. [Edit] をクリックします。
      4. [タイプ] で、[管理されたデータベース] のチェックボックスをオフにします。
      5. [保存] をクリックします。
    4. IIS または Java (Windows) についての ArcGIS Web Adaptor (Server 用) のアップグレード
    5. ArcGIS Data Store のアップグレード (最初にプライマリをアップグレードし、次にスタンバイをアップグレードします)
    6. その他の ArcGIS Server サイトのアップグレード
    ヒント:

    アップグレード後の ArcGIS Server および ArcGIS Enterprise ポータルでのセキュリティのベスト プラクティスとして、serverScan.py および portalScan.py スクリプトを使用してチェックすることをお勧めします。