Skip To Content

ArcGIS Enterprise 10.8 の新機能

ArcGIS Enterprise 10.8 では、製品全体にわたって新機能、安定性の強化、および機能改善が導入されています。

機能比較表

ArcGIS Enterprise の製品概要については、最新の機能比較表をご参照ください。

ArcGIS Enterprise のライセンス認証

バージョン 10.8 以降では、Utility Network およびパーセル ファブリック機能には、適切なユーザー タイプ エクステンションを割り当てられたユーザーがアクセスできます。Utility Network エクステンションとパーセル ファブリック エクステンションは、GIS Professional Standard および GIS Professional Advanced ユーザー タイプに含まれています。パーセル ファブリック エクステンションは、CreatorEditorField WorkerGIS Professional Basic など、少なくとも、データの表示および編集の能力を備えるユーザー タイプのアドオン ライセンスとして、含めることができます。Utility Network エクステンションは、すべてのユーザー タイプに対応しています。これらのエクステンションを含むユーザー タイプを割り当てられていないユーザーやアドオン アプリケーションとしてこれらのエクステンションを割り当てられていないユーザーは、Utility Network サービス エンドポイントおよびパーセル ファブリック サービス エンドポイントの一部にアクセスできません。

ArcGIS Enterprise ポータル管理者は、importlicense コマンド ライン ユーティリティを使用して、ライセンスが付与されたアプリおよびユーザー タイプを含むライセンス ファイルをインポートできるようになりました。

ArcGIS Web Adaptor

バージョン 10.8 以降では、ArcGIS Web Adaptor を構成するための新しいオプションを利用できます。ArcGIS Web Adaptor構成ページまたはコマンド ライン ユーティリティから、Notebook Server および ArcGIS Mission Server を含む追加のサーバー ロールを構成できます。また、ArcGIS Web Adaptor を構成する際に、ポート番号を含むサーバー サイト URL の代わりにコンピューター名を使用することもできます。

ArcGIS Enterprise ポータル

マッピング、解析、および共有ワークフローで多数の新機能と機能拡張を利用できるようになりました。また、ポータルのユーザー エクスペリエンスが強化され、小さい画面上でポータルにアクセスした場合のポータルの応答性が高くなりました。機能と機能拡張の詳細なリストは、「ArcGIS Enterprise ポータルの新機能」をご参照ください。

ArcGIS Server

バージョン 10.8 以降では、ArcGIS Server サイトで、公開、編集、および管理のワークフローについて、いくつかの新機能が提供され改善が行われています。「ArcGIS Server の新機能」をご参照ください。

ArcGIS Data Store

ArcGIS Data Store の新機能」をご参照ください。

ArcGIS Mission

ArcGIS Mission は、稼働環境を包括的に理解するための、ミッションに重点を置くツールや、リアルタイムの状況認識ツール、コラボレーション ツールを組織やチームに装備する、ArcGIS Enterprise 10.8 内部の新しいアプリケーションです。このアプリケーションを使用すると、ミッションのリアルタイムでの作成、共有、および監視、操作に向けたマップなどのマテリアルの指定、ピアツーピア通信の促進、ミッションのリアルタイムでの監視が可能になります。

ArcGIS Mission は、3 つのコア コンポーネント、すなわち、 ArcGIS Mission ManagerArcGIS Mission Responder、および ArcGIS Mission Server で構成されます。Manager は、ミッションの作成とモバイル アプリケーションへのプロビジョニング、アクティブ ミッション実行中の作業内容の共有、ミッションの監視を可能にする、目的が絞り込まれた Web アプリケーションです。Responder は、Manager で割り当てられたミッション上での作業、ステータスおよび場所のアップデートの送信、ピアツーピア通信を介した情報の共有を可能にする、目的が絞り込まれたモバイル アプリケーションです。 ArcGIS Mission Server は、ManagerManager の間のピアツーピア ネットワーキングを容易にします。詳細については、「ArcGIS Mission」のドキュメントをご参照ください。

ArcGIS GeoAnalytics Server

ArcGIS GeoAnalytics Server の新機能」をご参照ください。

ArcGIS GeoEvent Server

基本配置ガイドに加えて、『ArcGIS GeoEvent Server クイック スタート ガイド』を利用できるようになりました。クイック スタート ガイドは、ArcGIS GeoEvent Server とそのリアルタイム データ分析の概要を提供します。読者は、ソフトウェアのインストール方法、入力および出力コネクタの作成方法などについて知識を得ます。

ArcGIS GeoEvent Server の新機能」をご参照ください。

ArcGIS Image Server

ArcGIS Image Server の新機能」をご参照ください。

ArcGIS Notebook Server

ArcGIS Notebook Server 10.8 では、ノートブックの自動実行を利用できるようになりました。この機能を利用して、ノートブックをユーザーが操作することなく実行できるようになります。たとえば、サードパーティーのスケジュール設定ツールを使用して、ノートブックの自動実行のスケジュールを設定できます。すべての新機能については、「ArcGIS Notebook Server の新機能」をご参照ください。

ArcGIS Enterprise SDK

ArcGIS Enterprise SDK は、新機能と機能拡張を含んでいます。詳細については、「ドキュメントの確認」をご参照ください。

ArcGIS REST API

開発者の新機能については、「ArcGIS Server 管理」、「ポータル管理」、「ArcGIS Services Directory」、および「ArcGIS Portal Directory」をご参照ください。

システム要件

ArcGIS Enterprise が Standard エディションおよび Datacenter エディション向けの Windows Server 2019 (64 ビット) オペレーティング システムでサポートされるようになりました。

すべての ArcGIS Enterprise コンポーネントで、グループ管理サービス アカウント (gMSA) の使用がサポートされるようになりました。

個々の ArcGIS Enterprise コンポーネントに関する詳細情報については、システム要件に関するトピックをご参照ください。

クラウドの配置

Amazon Web Services および Microsoft Azure への ArcGIS Enterprise の配置に使用するツールとイメージが 10.8 に合わせて改善されました。これらのプラットフォーム上の ArcGIS Enterprise の新機能と機能拡張の詳細については、次のトピックをご参照ください。