Skip To Content

ArcGIS Enterprise 11.0 の新機能

ArcGIS Enterprise 11.0 では、データ管理と運用の新機能、アプリケーション全体にわたる更新、製品全体の機能強化が導入されています。 このページでは、11.0 で提供される新機能の一部を紹介し、特定のコンポーネントや機能の追加情報へのリンクを示します。

11.0 で修正された問題の一覧は、「11.0 で修正された問題の一覧」をご参照ください。

注意:
ArcGIS Enterprise 11.0 へのアップグレードを実行する前に、このリリースに含まれるアップグレードに関する注意事項およびすべての廃止通知をご確認ください。

各通知には、廃止された機能またはワークフローについて推奨される代替手段が記載されています。これには、アップグレード後に既存のサービス、SOE および SOI、またはアプリを再作成するための要件が​​含まれる場合があります。 さらに、「11.0 以降へのアップグレードに関する注意事項」をお読みください。

製品リリース情報」を参照して、お使いのハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントがバージョン 11.0 と互換性があるかどうかを判断し、廃止された機能のリストを確認することをお勧めします。

機能比較表

ArcGIS Enterprise の製品概要については、最新の機能比較表をご参照ください。

サービス Webhook (ベータ)

ジオプロセシングおよびフィーチャ サービス用のサービス Webhook は、ベータ機能として使用できます。 ベータ版では、これらの機能は完全ではない可能性があり、場合によっては既知のパフォーマンスまたは品質の問題があります。 サービス Webhook の限定的なサポートを受け、それらの機能に関するフィードバックを残すには、専用の Early Adopter Community (EAP) サイトをご参照ください。 ベータ版では、Esri テクニカル サポートによるサービス Webhook のサポートはありません。

ArcGIS Enterprise で Webhook を作成する方法をご参照ください。

ArcGIS Deep Learning Studio

ArcGIS Deep Learning Studio は、ArcGIS Enterprise で使用できる新しいアプリです。 画像から情報を抽出して組織で共有することに重点を置いたユーザー エクスペリエンスを提供します。 このアプリにより、トレーニング データの取り込み、モデルのトレーニング、推論の実行などを含む、エンドツーエンドのワークフローを実行できます。 カスタム ワークフローがある場合に個々のステップを実行する柔軟性も提供します。 このアプリでは、次の操作を行うことができます。

  • オブジェクトの検出、ピクセルの分類、またはオブジェクトの分類に重点を置いた操作により、ディープ ラーニング プロジェクトを管理します。
  • 同僚と共同でトレーニング サンプルを収集し、確認します。
  • トレーニング サンプルからの画像チップの作成と管理や、既存の画像チップの登録を行います。
  • ガイド付きの操作により、モデルの 1 回以上の反復をトレーニングし、トレーニング結果を比較します。
  • プロジェクトに基づいて、または組織で利用可能なディープ ラーニング パッケージ (DLPK) から、推論を実行します。

廃止通知

以下の各通知を確認して、組織のワークフローに影響があるかどうかを判断してください。

ArcMap ベースのワークフローのサポートの終了

このリリースでは、ArcMap ベースのワークフローが ArcGIS Enterprise でサポートされなくなりました。 バージョン 11.0 には ArcGIS Pro ベースのランタイムが含まれ、ArcMap ベースのランタイムはなくなりました。

サービスを移行するためのオプションの詳細

この変更は、以下のサポートがなくなったことを意味するため、ワークフローに影響する場合があります。

  • ArcGIS Server 11.0 と同じコンピューターへの ArcMap のインストール
  • ArcMap による、サービス (ArcMap ベースの ArcPy を含む) の ArcGIS Server サイトへの公開
  • ArcMap で生成された .sd ファイルの、ArcGIS Server Manager による公開
  • ArcObjects SOE および SOI の構築または使用
  • ArcMap から ArcGIS Server 11.0 へのサービスの公開または管理
  • ArcMap ベースのランタイムから作成されたサービスの開始

システム要件

Windows Server 2012 は、ArcGIS Enterprise ではサポートされなくなりました。 サポートされるオペレーティング システムに関する詳細情報については、システム要件に関するトピックをご参照ください。

サポート ドキュメント

このリリースで廃止された各ワークフローは、サポート ドキュメントも廃止されました。

廃止されたドキュメント トピックにブラウザーからアクセスすると、404 メッセージが表示される可能性があります。 このメッセージが表示された場合、通常は、前のバージョンのトピックがまだ存在していれば、そのトピックに戻ることができます。

廃止されたページを前のバージョンに戻すには、URL の /latest または /<version number> の部分を前のバージョンの番号に変更して再表示します。 たとえば、ArcMap から公開するワークフローについて説明しているように、以下のページは 11.0 で削除されています。

https://enterprise.arcgis.com/en/server/latest/publish-services/windows/tutorial-publishing-a-map-service.htm

適用可能な最後のバージョンを見つけるには、URL の /latest を、次のように、まだサポートされている前のバージョン番号に変更します。

https://enterprise.arcgis.com/en/server/10.9.1/publish-services/windows/tutorial-publishing-a-map-service.htm

廃止されたトピックについて質問がある場合や、既存のトピックに関する詳細情報が必要な場合は、各ページまたは 404 ページの「このトピックへのフィードバック」リンクから、ドキュメント チームにフィードバックを送信してください。

ArcGIS Enterprise SDK を使用して構築された .NET Framework ベース エクステンションのサポート

ArcGIS Pro 3.0 では、.NET 6.0 のサポートが導入されました。 この変更との同期を維持するため、ArcGIS Enterprise SDK は .NET 6.0 が必要です。.NET Framework 4.8 およびそれ以前のバージョンを使用して構築された SOE/SOI のサポートはなくなりました。 詳細は、ArcGIS Enterprise SDK .NET ガイドをご参照ください。

ArcGIS Enterprise on Kubernetes

ArcGIS Enterprise on Kubernetes は、ArcGIS Enterprise のクラウドネイティブのデプロイメント オプションです。 Windows および Linux のデプロイメント オプションに加えて提供されます。 組織の Kubernetes プラットフォームか、クラウド プロバイダーの Kubernetes サービスのどちらかで実行される ArcGIS Enterprise を、コンテナー化されたアーキテクチャで提供します。

詳細については、ArcGIS Enterprise on Kubernetes のヘルプをご参照ください。

Windows および Linux 上の ArcGIS Enterprise

サーバー ロール

API と SDK

クラウド