Skip To Content

ノートブック エディターのコンポーネント

ArcGIS Notebook は、 ArcGIS Enterprise ポータルで使用できる解析ツール用のコード片を参照し、追加することができます。このトピックでは、ノートブック エディターのコンポーネントとメニューについて説明します。

インターフェイスの基本

ノートブック エディターには、次の 5 つの基本コンポーネントがあります。

ノートブック エディターのスクリーンショット
  1. ナビゲーション バー: Web サイトを参照したり、アプリ ランチャーから他のアプリを開いたり、ヘルプ リソースを表示したり、プロファイルにサイン インまたはサイン アウトしたりできます。ナビゲーション バーには、ノートブックのタイトルや、ノートブックに未保存の変更がないかどうかも表示されます。
  2. 上部のリボン: ノートブックに関連するさまざまなタスクを実行します。このリボンには、次のボタンがあります。
    • [追加]: ノートブックにレイヤーと Web ツールを追加します。
    • [解析]: ノートブックで使用する解析ツールにアクセスします。
    • [ファイル]: ArcGIS ワークスペースのファイルや、サンプル ノートブックのデータを参照します。
    • [共有]: ノートブックを共有します。
    • [情報]: ノートブックに関する情報を取得します。ノートブックのメタデータ (タイトル、タグ、説明、利用規約、著作権) をここで編集できます。ここにノートブック ランタイムとそのマニフェストを表示することもできます。
    • [保存]: ノートブックを現在の状態で保存します。共有ノートブックを開くと、このボタンは [名前を付けて保存] に変わります。
    • [サンプル]: サンプル ノートブック ギャラリーの新しいタブを開きます。
  3. ノートブック メニュー リボン: このリボンのアクションは、ノートブックの作業ディレクトリ用です。ここでは、セルの追加と削除、ノートブックの外観の変更、ノートブックを以前のチェックポイントに戻すなどの操作を行えます。このリボンには、ノートブックが信頼されているかどうかと、実行されている Python のバージョンも表示されます。
  4. ツールバー: ノートブックの一般的なタスクを行うためのツールを使用します。
  5. ワークスペース: ノートブックのコンテンツはここに表示されます。また、コンテンツの修正もここで行えます。

ノートブック メニュー リボンのアイテム

ノートブック メニュー リボンのドロップダウン リストでは、次の操作を行えます。

File

  • [印刷プレビュー]: 新しいタブを開き、ノートブック ワークスペースの HTML レンダリングを表示します。なお、空間対応データ フレームは、このプレビューには表示されません。
  • [形式を指定してダウンロード]: いくつかの選択肢の中から、ノートブックをダウンロードする形式を指定します。
    • Python コード (*.py)
    • Python ノートブック (*.ipynb)
    • HTML (*.html)
    • Reveal.js スライド (*.html)
    • Markdown (*.md)
    • テキスト ファイル (*.txt)
    • スライド (*.slides.html)
    • カスタム (*.txt または *.html)
    ノートブックのアイテム詳細ページに、*.ipynb 形式のノートブックをダウンロードすることもできます。

編集

  • [セルの切り取り]: 選択中のセルをノートブックのワークスペースから切り取ります。
  • [セルのコピー]: ノートブック ワークスペースで選択中のセルをコピーします。
  • [セルを上に貼り付け]: コピーしたセルを、選択中のセルの上に貼り付けます。
  • [セルを下に貼り付け]: コピーしたセルを、選択中のセルの下に貼り付けます。
  • [セルの貼り付けと置換]: コピーしたセルを、選択中のセルに貼り付けて置換します。
  • [セルの削除]: 選択中のセルを削除します。
  • [削除したセルを元に戻す]: セルの削除操作を元に戻します。最後に行われた削除操作から順番に元に戻されます。
  • [セルの分割]: セル内のコンテンツを、カーソルが置かれている場所から 2 つに分けてセルを分割します。
  • [上のセルとマージ]: 選択中のセルを、その上のセルとマージします。
  • [下のセルとマージ]: 選択中のセルを、その下のセルとマージします。
  • [セルを上に移動]: 選択中のセルを、ノートブックのワークスペース内で 1 つ上の位置に移動します。
  • [セルを下に移動]: 選択中のセルを、ノートブックのワークスペース内で 1 つ下の位置に移動します。
  • [検索と置換]: 検索語句を入力するポップアップ ウィンドウが開きます。ノートブック内の特定の値や文字列を検索したり、置換したりできます。
  • [セルの添付ファイルのコピー]: 選択されたセルに含まれる添付ファイルをコピーします。
  • [セルの添付ファイルの切り取り]: 選択されたセルに含まれる添付ファイルを切り取り、コピーします。
  • [セルの添付ファイルの貼り付け]: コピーした添付ファイルを、選択されたセルに貼り付けます。
  • [画像の挿入]: GIF などの画像を参照して追加するポップアップ ウィンドウが開きます。画像は Markdown セルにのみ追加されます。

ビュー

  • [ツールバーの切り替え]: ツールバーの表示と非表示を切り替えます。
  • [行番号の切り替え]: ノートブックのワークスペースの各セルで行番号の表示と非表示を切り替えます。
  • [セル ツールバー]: ノートブックのワークスペースの各セルで、選択したスライド ツールバー オプションの表示と非表示を切り替えます。次のオプションがあります。
    • [なし]: セル ツールバーを表示しません。
    • [メタデータの編集]: 各セルのメタデータを、JSON を使用して入力するオプションを表示します。
    • [未加工のセル形式]: 未加工のセルは、出力を直接書き込むことができます。ノートブックは、これらのセルのコンテンツを評価しません。
    • [スライドショー]: 各セルがスライドショーに表示される方法を指定するオプションが表示されます。コードを表示する際に便利です。
    • [添付ファイル]: ノートブックのワークスペースの各セルに含まれる、関連添付ファイルを管理します。
    • [タグ]: ノートブックのワークスペースに含まれる各セルのタグを作成し、管理します。

挿入

  • [セルを上に挿入]: 選択中のセルの上に、空白のセルを挿入します。
  • [下にセルを挿入]: 選択中のセルの下に、空白のセルを挿入します。

セル

  • [セルの実行]: 選択中のセルを実行し、ポインターを次のセルに移動します。
  • [セルを実行して下のセルを選択]: 選択中のセルを実行し、その下のセルを選択します。
  • [セルを実行してセルを下に挿入]: 選択中のセルを実行し、その下に空白のセルを挿入します。
  • [すべて実行]: ノートブック内のすべてのセルを順番に実行します。
  • [上のセルをすべて実行]: 選択中のセルは実行せず、その上にあるすべてのセルを実行します。
  • [下のセルをすべて実行]: 選択中のセルと、その下のすべてのセルを実行します。
  • [セル タイプ]: 選択中のセルのタイプを変更します。オプションは [コード][Markdown][Raw NBConvert] です。なお、[見出し] タイプは [Markdown] に切り替わります。
  • [現在の出力]: 選択中のセルの出力を制御できます。オプションには次のものがあります。
    • [出力の切り替え]: 選択中のセルの出力の表示と非表示を切り替えます。
    • [スクロールの切り替え]: 選択中のセルのスクロールを有効または無効にします。
    • [出力のクリア]: 選択中のセルの出力をクリアします。
  • [すべての出力]: ノートブックのワークスペース内のすべてのセルの出力を制御します。オプションには次のものがあります。
    • [出力の切り替え]: すべてのセルの出力の表示と非表示を切り替えます。
    • [スクロールの切り替え]: すべてのセルのスクロールを有効または無効にします。
    • [出力のクリア]: すべてのセルの出力をクリアします。

カーネル

  • [中断]: 計算または解析に時間がかかりすぎている場合、実行中のカーネルを一時停止します。
  • [再開]: カーネルを再開し、計算処理を最初からやり直します。
  • [再開して出力をクリア]: 計算処理を再開し、ノートブックに表示された出力をクリアします。
  • [再開してすべて実行]: 計算処理を再開し、すべてのセルを順番に実行します。
  • [再接続]: カーネルがアイドル状態になったときに、カーネルに再接続します。
  • [シャットダウン]: ノートブック内のすべての計算処理をシャットダウンします。
  • [カーネルの変更]: カーネル タイプを変更します。ArcGIS Notebook でサポートされているのは、Python 3 カーネル タイプのみです。

ヘルプ

ここに表示されるリストでは、キーボード ショートカットとユーザー インターフェイスに関する情報、および ArcGIS Notebook と主要な Python モジュールに関連するさまざまなヘルプ ドキュメントにアクセスできます。

ノートブック環境を初めて使用するユーザーには、特に [ユーザー インターフェイス ツアー] が便利です。

ノートブック ツールバーのアイコン

ノートブック ツールバーは、ノートブック メニュー リボンで特によく使用される操作へのクイック アクセスを提供しています。使用できるアイコンは次のとおりです (左から右)。

  • 追加アイコン: 選択中のセルの下にセルを挿入します。
  • はさみアイコン: 選択中のセルを切り取ります。
  • コピー アイコン: 選択中のセルをコピーします。
  • 貼り付けアイコン: コピーしたセルを、選択中のセルの下に貼り付けます。
  • 上矢印: 選択したセルを、ノートブックのシーケンス内で上方向に移動します。
  • 下矢印: 選択したセルを、ノートブックのシーケンス内で下方向に移動します。
  • 実行アイコン: 現在選択中のセルを実行します。
  • 停止アイコン: カーネルを中断します。
  • 再開アイコン: カーネルを再開します。
  • 早送りアイコン: カーネルを再開し、すべてのセルを実行します。
  • セル タイプ リスト: 選択中のセルのタイプを選択、または変更します。
  • キーボード アイコン: コマンド パレットを開きます。
  • チャート アイコン: スライドショー モードに入るか、終了します。