Skip To Content

レイヤーのオーバーレイ (Overlay Layers)

オーバーレイ[オーバーレイ (Overlay Layers)] ツールは、5 つの方法 ([インターセクト (Intersect)]、[イレース (Erase)]、[ユニオン (Union)]、[アイデンティティ (Identity)]、[シンメトリカル ディファレンス (Symmetrical Difference]) のうちの 1 つを使用して 2 つのレイヤーを 1 つのレイヤーに結合します。

ワークフロー図

[オーバーレイ (Overlay Layers)] のワークフロー図

解析での使用 GeoAnalytics ツール

GeoAnalytics ツール を使用した解析は、複数の ArcGIS GeoAnalytics Server コンピューターやコアにまたがる分散型処理を使用して実施されます。GeoAnalytics ツールArcGIS Enterprise の標準的なフィーチャ解析ツールは、異なるパラメーターと機能を持ちます。これらの相違点については、「フィーチャ解析ツールの相違点」をご参照ください。

  • 環境を担当する部署は、家畜の放牧地が州の水質に与える影響を監視したいと考えています。生物学者とこの部署は共同で、放牧地区と見なされる土地が特定の集水域と交差する場所を決定する必要があります。[オーバーレイ] を使用すると、交差するエリアを見つけることができます。

  • ある開発会社が、州内の中央に位置している 3 つの郡のうちの 1 つで新しいゴルフ リゾートを建設しようと考えています。計画を開始する前に、この会社は、リゾート用に購入できる私有地がそれらの郡内に十分にあるかどうかを確認する必要があります。[オーバーレイ (Overlay Layers)] を使用すると、選択した郡部から公有地を削除できます。

使用上の注意

スリバー フィーチャは、処理空間参照の許容値に基づいて除外されることがあります。

[オーバーレイ] ツールには、入力レイヤーとオーバーレイ レイヤーの 2 つの入力が必要です。次の表に、サポートされている 2 つのオーバーレイ方法と入力ジオメトリを示します。

入力とオーバーレイのジオメトリ タイプ区画が入力フィーチャに交差するイレースユニオン (10.7.1)アイデンティティ (10.7.1)シンメトリカル ディファレンス (10.7.1)

ポイントとポイント

可可可可

ポイントとポリライン

可

ポイントとポリゴン

可可

ポリラインとポイント

可

ポリラインとポリライン

可可可可

ポリラインとポリゴン

可可

ポリゴンとポイント

可

ポリゴンとポリライン

可

ポリゴンとポリゴン

可可可可可

オーバーレイの方法説明

区画が入力フィーチャに交差する

インターセクト

入力フィーチャと重なり合っている、オーバーレイ内のフィーチャまたはフィーチャの部分が維持されます。入力とフィーチャのジオメトリは同じである必要があります。

これがデフォルトの手法です。

イレース

イレース

オーバーレイ フィーチャと重なり合っている、入力フィーチャ内のフィーチャまたはフィーチャの部分が削除されます。

ユニオン

ユニオン

結果には、入力レイヤーとオーバーレイ レイヤーの幾何学的ユニオンが含まれます。すべてのフィーチャとその属性がレイヤーに書き込まれます。

アイデンティティ

アイデンティティ

結果には、入力フィーチャとオーバーレイ フィーチャのフィーチャまたはフィーチャ部分が含まれます。入力レイヤーおよびオーバーレイ レイヤーの両方で重複するフィーチャまたはフィーチャ部分が出力レイヤーに書き出されます。

シンメトリカル ディファレンス

シンメトリカル ディファレンス

結果には、入力レイヤーとオーバーレイ レイヤーの重なり合わないフィーチャまたはフィーチャ部分が含まれます。

[現在のマップ範囲を使用] をオンにすると、現在のマップ範囲内に表示されている入力レイヤーとオーバーレイ レイヤーのフィーチャだけがオーバーレイされます。 オフにすると、入力レイヤーとオーバーレイ レイヤーのすべてのフィーチャが、現在のマップ範囲内になくてもオーバーレイされます。

ArcGIS API for Python の例

[オーバーレイ (Overlay Layers)] ツールは ArcGIS API for Python で使用できます。

この例では、ミズーリ州の集水域と放牧地の間の交差エリアを検索します。

# Import the required ArcGIS API for Python modules import arcgis from arcgis.gis import GIS from arcgis.geoanalytics import manage_data
# Connect to your ArcGIS Enterprise portal and check that GeoAnalytics is supported portal = GIS("https://myportal.domain.com/portal", "gis_publisher", "my_password", verify_cert=False) if not portal.geoanalytics.is_supported():
    print("Quitting, GeoAnalytics is not supported")    exit(1)   
# Find the big data file share dataset you're interested in using for analysis search_result = portal.content.search("", "Big Data File Share")
# Look through search results for a big data file share with the matching name bd_file = next(x for x in search_result if x.title == "bigDataFileShares_LandUse")
# Look through the big data file share for grazing land grazing_land = next(x for x in bd_file.layers if x.properties.name == "GrazingLand")
# Find a feature layer named "Watersheds" in your ArcGIS Enterprise portal and apply a filter watersheds = portal.content.search("Watersheds", "Feature Layer") watersheds_layer = layer_result[0].layers[0] watersheds_layer.filter = "region = 'Missouri'"
# Set the tool environment settings arcgis.env.verbose = True arcgis.env.defaultAggregations = True
# Run the Overlay Layers tool overlay_result = manage_data.overlay_data(input_layer = grazing_land,                                           overlay_layer = watersheds_layer, 
                                          overlay_type = "Intersect",                                           output_name = "Watershed_intersections")
# Visualize the tool results if you are running Python in a Jupyter Notebook processed_map = portal.map('Missouri', 6) processed_map.add_layer(overlay_result)

類似のツール

[オーバーレイ (Overlay Layers)] を使用すると、[インターセクト (Intersect)]、[イレース (Erase)]、[ユニオン (Union)]、[アイデンティティ (Identity)]、または [シンメトリカル ディファレンス (Symmetrical Difference] の各方法を使用して 2 つのレイヤーを 1 つのレイヤーに結合できます。その他のツールは、類似した少し異なる問題を解決するのに効果的です。

Map Viewer解析ツール

ユニオン リレーションシップを使用してオーバーレイする場合は、標準解析ツールの [オーバーレイ (Overlay Layers)] を使用します。

空間リレーションシップとは関係なく、同タイプのフィーチャを 1 つのフィーチャに結合する場合は、標準ツールの [レイヤーのマージ] または GeoAnalytics ツール[レイヤーのマージ] を使用します。

ArcGIS Desktop 解析ツール

[オーバーレイ (Overlay Layers)] は、[インターセクト (Intersect)][イレース (Erase)][ユニオン (Union)][アイデンティティ (Identity)]、および [シンメトリカル ディファレンス (Symmetrical Difference] ツールの機能を実行します。

ArcGIS Pro からこのツールを実行するには、アクティブなポータルが Enterprise 10.6 1 以降である必要があります。GeoAnalytics フィーチャ解析を実行できる権限を持つアカウントでサイン インする必要があります。