Skip To Content

ホスティング サーバーの構成

フェデレーション GIS Server サイトのいずれかを使用してリレーショナル データ ストアおよびタイル キャッシュ データ ストアを構成し、そのサイトを ArcGIS Enterprise ポータルのホスティング サーバーとして設定し、メンバーが次を実行できるようにします。

  • ホスト レイヤーを公開する。
  • ArcGIS Maps for Office からレイヤーおよびマップを共有する。
  • 圧縮されたシェープファイル、CSV ファイル、または GPS Exchange Format ファイルをMap Viewerに追加する。
  • 住所のジオコーディングを CSV ファイルまたはテーブルからバッチ処理する。
  • Map ViewerArcGIS Insights、または ArcGIS Pro でフィーチャ解析を実行する。
  • Map Viewerまたは ArcGIS Pro からラスター解析を実行する。
ライセンス:

GIS Server サイトをホスティング サーバーとして指定するには、サイトを Standard または Advanced エディションで ArcGIS GIS Server サイトとしてライセンスする必要があります。ライセンスの詳細については、「ArcGIS GIS Server とは」をご参照ください 。

データ ストアの構成

ホスティング サーバーでは、ArcGIS Enterprise で公開されたホスト レイヤーのデータを格納するための手段が必要になります。少なくとも、ホスト フィーチャ レイヤー データを格納するようにホスティング サーバーを構成する必要があります。ArcGIS Data Store をインストールし、GIS Server サイトに登録されているリレーショナルおよびタイル キャッシュ データ ストアを作成します。ホスト フィーチャ レイヤーをポータルに公開すると、リレーショナル データ ストアにデータがコピーされます。ホスト シーン レイヤーを公開すると、タイル キャッシュ データ ストアにシーン キャッシュが作成されます。

ArcGIS Data Store の使用

ArcGIS Data Store は、ArcGIS Enterprise で使用できる別のインストールです。これを使用して、ArcGIS Enterprise ポータルで公開するホスト Web レイヤー用の以下のデータ ストアを作成し、維持することができます。

少なくとも、ホスティング サーバーとして使用する GIS Server サイトは、リレーショナル データ ストアおよびタイル キャッシュ データ ストアを使用して構成する必要があります。ArcGIS Data Store のインストールと、リレーショナル データ ストアおよびタイル キャッシュ データ ストアの作成の手順については、「ArcGIS Data Store構成の概要」および関連するトピックをご参照ください。

ヒント:

必要なその他のタイプのデータ ストアの決定については、「ArcGIS Data Store を必要とするアプリおよび機能」をご参照ください。

ホスティング サーバーの指定

フェデレーション GIS Server サイトのいずれかにリレーショナル データ ストアおよびタイル キャッシュ データ ストアが存在するようになったら、そのサイトをポータルのホスティング サーバーとして登録します。

  1. 管理者としてポータル Web サイトにサイン インし、[組織] > [設定] > [サーバー] の順に移動します。
  2. ページの [ホスティング サーバー] セクションで、ドロップダウン リストをクリックして、ポータルとフェデレートしたGIS Server サイトの 1 つを選択します。複数の GIS Server サイトをポータルに追加している場合、1 つだけをホスティング サーバーとして指定できます。
  3. [保存] をクリックします。

これで、ホスト Web レイヤーを公開できるようになりました。

サービスごとのアイテムが、ポータル組織のポータル Web サイト内のコンテンツ ページの [マイ コンテンツ] に表示されます。

これらのアイテムを強化するサービスが、[ホスト中] という名前のフォルダーに表示されます。このフォルダーは、ArcGIS Server Manager から GIS Server サイトにログインしたときに表示されます。

ポータルのユーティリティ サービスをまだ構成していない場合、ここで構成する必要があります。