Skip To Content

コラボレーション グループ間でのコンテンツの共有

サポートされているアイテム タイプをコラボレーションに含まれる参加者間で共有することができます。 これらのアイテム タイプは以下のとおりです。

コンテンツが参加者と共有されている場合、参加者の管理者のフォルダーの下に新しいフォルダーが作成されます。 このフォルダーは、コンテンツのインポートとアイテムの格納に使用されます。この後、これらのコンテンツとアイテムは、コラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループで共有されます。 フォルダー名は、コラボレーション名に基づいて指定されます。

注意:

ArcGIS Enterprise 10.6.1 時点では、Web アプリは、送信側のバージョン以降のバージョンの ArcGIS Enterprise を使用するコラボレーション参加者と共有できます。 Web アプリは、ArcGIS Enterprise から ArcGIS Online に共有できますが、ArcGIS Online から ArcGIS Enterprise への共有は行えません。

アイテムの共有方法を変更する場合は、関連するアイテムの共有設定も変更する必要があります。 たとえば、これまで [すべてのユーザー] と共有していた Web マップを組織で共有するように変更した場合は、それに応じて、Web マップに含まれるすべての操作レイヤーの設定も変更します。

Web アプリの共有

Web アプリは、次の方法でコラボレーション参加者と共有できます。

構成可能なアプリテンプレート

構成可能なアプリ テンプレートをコラボレーション参加者間で共有すると、対応する Web アプリ アイテムがコラボレーションに作成されます。 組織の共有可能なテーマのプロパティもアプリと共有されます。Web アプリの関連アイテム (Web マップ、画像、ロゴ、レイヤー、ソース データなど) をコラボレーション グループと共有します。 関連アイテムを共有することで、コラボレーション参加者が Web アプリのコピーと、アプリが使用するアイテムのコピーを受け取ることができます。ワークスペースの設定に基づいて、Web アプリのフィーチャ レイヤーが共有されます。 アプリに含まれるユーティリティ リソース (ジオコーディング、印刷、ジオエンリッチメント サービスなど) が更新され、出力先 URL の対応ユーティリティ サービスを使用するようになります。

ArcGIS Enterprise 10.8 の時点では、グループベースのアプリおよび ArcGIS Indoors テンプレートを使用して作成されたアプリを、ArcGIS Enterprise 10.8 以上の参加者間、または ArcGIS Enterprise 10.8 から ArcGIS Online までの組織で共有することができます。 ArcGIS Indoors アプリケーションの受信者は、ArcGIS Indoors を使用するように構成されなければなりません。

注意:

Web マッピング アプリケーションは、分散コラボレーションの参加者と共有できますが、受信側が編集することはできません。 Web アプリケーションの共有の詳細については、「分散コラボレーションに関するよくあるご質問 (FAQ)」をご参照ください。

Web AppBuilder アプリ

Web AppBuilder アプリをコラボレーション参加者間で共有すると、対応する Web アプリ アイテムがコラボレーションに作成されます。 組織の共有可能なテーマのプロパティもアプリと共有されます。Web アプリの関連アイテム (Web マップ、画像、ロゴ、レイヤー、ソース データなど) をコラボレーション グループと共有する必要があります。 関連アイテムを共有することで、コラボレーション参加者が Web アプリのコピーと、アプリが使用するアイテムのコピーを受け取ることができます。アプリに含まれるユーティリティ リソース (ジオコーディング、印刷、ジオエンリッチメント サービスなど) が更新され、受信側のポータルの対応ユーティリティ サービスを使用するようになります。

Web AppBuilder では、2D Web アプリや 3D Web アプリをカスタマイズして構築できます。 共有した Web AppBuilder アプリの受信者には、対応するコードをダウンロードするか、あるいはアプリ テンプレートを組織に作成するかの選択肢があります。

注意:

カスタム ウィジェットは、コラボレーションを介して共有することができません。 これには、アイテム タイプが AppBuilder Extension のすべての登録済みウィジェット アイテムが含まれます。

URL が参照するその他の Web アプリ

URL を指定すると、既存のアプリをアイテムとしてポータルに追加できます。 ポータルは既存の URL からアプリを参照します。 受信する参加者に、アプリケーションにアクセスする権限が与えられていることを確認する必要があります。

マップの共有

ホスト レイヤーを含む Web マップをコラボレーション参加者と共有する場合は、対応する Web マップ アイテムがコラボレーション内に作成されます。 Web マップ内のホスト レイヤーとこれらのレイヤーの作成元となったソース データの関連アイテムもコラボレーション グループと共有する必要があります。 たとえば、シェープファイルから公開されたホスト フィーチャ レイヤーを含む Web マップを共有する場合は、コラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループでホスト フィーチャ レイヤーとシェープファイルを共有します。 これにより、コラボレーション参加者は Web マップのコピー、ホスト フィーチャ レイヤーのコピー、元のシェープファイルのコピーを受信します。

シーンの共有

Web シーンを共有すると、Web シーンに含まれるフィーチャ レイヤーは、コラボレーション グループがコピーとして共有するよう構成されている場合、コピーとして共有されます。

レイヤーとビューの共有

ホスト サービス レイヤー、ホスト サービス レイヤー ビュー、および参照サービス レイヤー (マップおよびイメージ サービス、レイヤー、ビューなど) は、コラボレーションで参照としてのみ共有できます。 この操作により、元のポータルのライブ レイヤーを参照する受信側のポータルにアイテムが作成されます。

または、ホスト フィーチャ レイヤー、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー、および同期が有効な参照フィーチャ レイヤーを、コピーとして他の分散コラボレーション参加者と共有できます。 10.9 以降では、コピーされたレイヤーの双方向編集を許可できます。つまり、送信側の参加者と受信側の組織の両方がレイヤーを編集し、更新を相互に同期することができます。 サポートされる編集タイプは、新規フィーチャの追加、フィーチャの編集、既存フィーチャの削除などです。 スキーマの更新は同期されません。

参照としてのホスト フィーチャ レイヤー、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー、およびフェデレーション フィーチャ レイヤーの共有

ホスト フィーチャ レイヤー、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー、およびフェデレーション フィーチャ レイヤーを参照として共有すると、コラボレーションの受信側にレイヤー アイテムが作成され、データはコピーされません。 受信者の組織のレイヤー アイテムは、元のフィーチャ レイヤーまたはフィーチャ レイヤー ビューを参照します。 参照先のレイヤーにアクセスするには、メンバーは元の組織へのアクセス権限が付与されているか、そのレイヤーが [すべてのユーザー] と共有されているか、認証情報が保存されている必要があります。 レイヤーがセキュリティ保護されている場合、共有設定を使用し、共有レイヤーにアクセスできるメンバー (Viewer ユーザー タイプ以上) として、メンバーを元の組織で認証する必要があります。

注意:

ホスト時空間フィーチャ レイヤーは分散コラボレーションではサポートされず、共有できません。

コピーとしてのホスト フィーチャ レイヤー、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー、およびフェデレーション フィーチャ レイヤーの共有

ホスト フィーチャ レイヤー、ホスト フィーチャ レイヤー ビュー、およびフェデレーション フィーチャ レイヤーをコピーとして共有できます。 レイヤーがコピーとして共有されると、データは受信側の組織にコピーされ、新しいアイテム (ホスト フィーチャ レイヤー) が公開されます。 コピーされたアイテムは、アイテムのサービス URL が示すとおり、受信側の組織でホストされます。

注意:

ホスト時空間フィーチャ レイヤーは分散コラボレーションではサポートされず、共有できません。

コンテンツを送信できるゲストとしてワークスペースに加入した場合、そのワークスペースのグループに追加したアイテムは、そのワークスペースからコンテンツを [受信] または [送受信] できる組織に送信されます。

詳細については、「フィーチャ レイヤーおよびビュー データをコピーとして共有する方法について」および「同期の状態の表示について」をご参照ください。

共有されたフィーチャ レイヤーは、レイヤーの所有者 (片方向) またはレイヤーの所有者と受信側の両方 (双方向) によって編集が可能です。

片方向で編集内容を共有する場合、元のフィーチャ レイヤーの所有者は、そのレイヤーを編集し、同期の間隔を使用して変更内容をすべての参加者と同期させることができます。 ゲストはコラボレーション ワークスペースで編集を同期する間隔を選択します。 コピーとしてレイヤーを共有するには、送信前にフィーチャ レイヤーで同期が有効になっていることを確認します。

10.9 で、編集内容の双方向の共有がサポートされるようになりました。 フィーチャ レイヤーの所有者は、共有したレイヤーを、所有者と受信側の参加者の両方が双方向で編集できるよう設定できます。 サポートされる編集タイプは、新規フィーチャの追加、フィーチャの編集、既存フィーチャの削除などです。 以下は、編集内容を双方向で共有できるようにするための前提条件です。

  • この機能を有効にするには、コラボレーション ワークスペースが 10.9 以降で作成されている必要があります。 10.9 より前のバージョンで作成されたワークスペースでは、このオプションは使用できません。
  • コラボレーション ワークスペースは、適格な参加者に編集の双方向共有を許可するオプションを有効にするようワークスペースの同期を設定する際、フィーチャ レイヤーを [コピー] として共有するよう構成する必要があります。
  • コラボレーション ワークスペースを構成する参加者は、[送受信] のアクセス権を持っている必要があります。
  • フィーチャ レイヤーを受信する参加者は、コラボレーション ワークスペースに対する [送受信] のアクセス権を持っている必要があります。
  • 両方の参加者は、バージョンが 10.9 以上の ArcGIS Enterprise を使用している必要があります。 共有するフィーチャ レイヤーは、次の要件を満たしている必要があります。
    • 同期が有効化されている - フィーチャ サービスのプロパティ機能が次のように表示される必要があります。
      "capabilities": "Query,Create,Update,Delete,Editing,Sync"
    • ArcGIS Pro サービス ランタイムを使用するよう構成されています。
    • レプリカ トラッキングをサポートしている - フィーチャ サービス レイヤー プロパティ isDataReplicaTrackedtrue である必要があります。
      "isDataReplicaTracked": true
    • 双方向同期をサポートしている - フィーチャ サービス プロパティ syncCapability の子プロパティ supportsBiDirectionalSyncForServertrue に設定されている必要があります。
      {
        "syncCapabilities": {
          "supportsBiDirectionalSyncForServer": true
        }
      }
  • サポートされるフィーチャ レイヤーのタイプには、ホスト フィーチャ レイヤーや、ユーザー マネージャー データ ストアからの参照によって公開されるフィーチャ レイヤーがあります。 基になるデータには、ブランチ バージョン対応データや履歴管理が有効なバージョン非対応データを使用できます。

ArcGIS Server サービスの共有

ArcGIS Server サービス (たとえば、マップ サービスやイメージ サービス) がその作成元の組織で共有されており、コラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループでも共有されている場合、その他の参加者のメンバーは、マップにサービスを追加する際に認証情報の入力を求められます。 認証情報の入力を要求されないようにするには、送信側の組織のサービスを [すべてのユーザー] およびコラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループと共有するか、認証情報を保存する必要があります。

コラボレーション参加者間で共有されている ArcGIS Server サービスは、参加組織内に元のサービスを参照するアイテムとして作成されます。サービスとデータは、参加する各組織にコピーされません。 参加者が参照によってフィーチャ サービスを共有する場合、送信側の環境で指定されたメンバーのみが元のフィーチャ サービスを編集できます。

ファイルの共有

コラボレーション参加者間で共有されている PDF などのファイルにより、参加組織内に対応するファイル アイテムが作成されます。 ゲスト参加者としてこれらのファイルに加えた変更は、コンテンツがアイテムのソースから同期された場合に上書きされます。 アイテムに関連付けられているメタデータの場合も同じです。

モバイル マップ パッケージ (*.mmpk) は、「esri_nav」で所有されていない場合、コラボレーション参加者間で共有できます。

注意:

アイテムのコメントは、コラボレーション参加者間で同期されません。

ArcGIS Insights アイテムの共有

ArcGIS Enterprise 10.7 以降、ArcGIS Insights のワークブック、ページ、モデル、テーマをコラボレーション参加者間で共有できます。

前提条件

コラボレーションで Insights アイテムを共有するには、次の条件がすべて満たされている必要があります。

  • InsightsArcGIS Enterprise および ArcGIS Online で適切にライセンス許可されている必要があります。 ライセンス処理については、「Insights をサポートするための ArcGIS Enterprise の構成」をご参照ください。
  • 受信したワークブック、ページ、モデル、テーマを開くには、ArcGIS Enterprise の受信側に Insights がインストールされている必要があります。
  • Insights のコンテンツを共有および受信するには、参加者側に Insights 3.2.1 以降がインストールされている必要があります。 アイテムは、送信側が現在使用しているバージョン以降の Insights バージョンを使用している受信側としか共有できません。
注意:
Insights アイテムを ArcGIS Enterprise から ArcGIS Online に共有することはできますが、Insights アイテムを ArcGIS Online から ArcGIS Enterprise に共有することはできません。

ArcGIS Insights ワークブックおよびページ

Insights ワークブックおよびページをコラボレーション参加者間で共有すると、共有アイテムへの読み取り専用アクセス権がコラボレーション参加者に付与されるため、受信側は解析を調査できるようになります。 ワークブックをコラボレーションで共有してから元のアイテムに加えた編集はすべて、次回のコラボレーション同期以降に受信側が利用できるようになります。 受信側と共有しているページは処理中の編集を受信しません。 最新の編集情報を受信側に提供するには、そのページをコラボレーションで再共有する必要があります。

参加者が共有しているワークブックまたはページを表示する場合、Insights ライセンスは必要ありません。ただし、Insights のアイテムまたはコンテンツがセキュリティで保護されている場合、コラボレーション参加者は、共有している元のワークブックまたはページを所有しているメンバーとして送信側の ArcGIS Enterprise 環境への認証を行う必要があります。

注意:

Insights でサポートされているリレーショナル データベースから直接追加されたデータがワークブックに含まれている場合、受信側は、リレーショナル データベース接続アイテムへのアクセス権のあるメンバーとして送信側の組織への認証を行う必要があります。

ワークブックの共有またはページの共有に関するベスト プラクティスについては、ArcGIS Insights のドキュメントをご参照ください。

ArcGIS Insights モデル

Insights モデルを共有すると、参加者はそのモデル内で各自のデータを調査したり解析したりすることができます。 モデルをコラボレーション参加者間で共有すると、そのアイテムがコピーされ、各参加者の ArcGIS Enterprise または ArcGIS Online 組織に追加されます。 このような新しいアイテムは Insights アイテムのスナップショットの役割を果たします。つまり、それ以降にワークブックまたはページに加えられた編集は受信者のモデルに反映されません。 受信者は、各自のデータとパラメーターで実行されるように共有モデルを再構成することができます。

注意:

受信したモデルを開いて編集するために、受信側の組織のユーザーには、Insights のライセンスが必要です。

モデルの共有に関するベスト プラクティスについては、ArcGIS Insights のドキュメントをご参照ください。

Insights テーマ

コラボレーション参加者に対して一定の設計基準を維持するために、テーマを共有してモデルに適用することができます。

テーマの共有に関するベスト プラクティスについては、ArcGIS Insights のドキュメントをご参照ください。