Skip To Content

コラボレーション ワークスペース アクセス モードについて

組織の管理者が 2 つ以上のポータル間のコラボレーションを作成している場合、コラボレーションに参加しているメンバーは、コラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループを使用して参加者とコンテンツを共有できます。

コラボレーションに含まれるグループには、グループ ページの [概要] タブで、[コラボレーション] ラベルと該当するコラボレーションの名前が表示されます。コラボレーション ホスト (コラボレーションを作成した組織) が定義したアクセス モードに応じて、コラボレーション ゲストはグループを使用して、ホストへのコンテンツの送信、ホストからのコンテンツの受信、またはホストとのコンテンツの送受信のいずれかを実行できます。コラボレーションを確立した際に定義された共有ルールによって、共有コンテンツを参加者間で同期するスケジュールが設定されます。アクセス モードと同期設定は、グループ ページの [コラボレーション] ラベルに表示されます。

コラボレーションでは、データの作成元の組織の共有設定に基づいてコンテンツが共有されます。たとえば、ArcGIS Server サービス アイテムがその作成元の組織で共有されており、コラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループでも共有されている場合、参加するその他のポータルのメンバーは、マップにサービスを追加する際に認証情報の入力を求められます。

コンテンツの送信

コラボレーション ホストがコラボレーション ワークスペースのアクセス モードを [送信] または [送受信] として定義している場合は、組織から参加者にコンテンツを送信できます。コンテンツを送信するには、コラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループとアイテムを共有します。コンテンツは、管理者が指定した同期設定に基づいてホストに送信されます。

メモ:

コンテンツをコラボレーションで共有した場合、参加者は、組織の内外 (参加する他のコラボレーションを含む) でもう一度コンテンツを共有できます。参加者は共有アイテムを利用して、独自の情報製品を作成することもできます。ただし、コンテンツが共有された後に、そのコンテンツを作成元でもう一度共有することはできません。

コラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループからアイテムを削除すると、次回の同期時に受信側のグループからそれらのアイテムが削除されます。

ArcGIS Online がホストになっているコラボレーションでは、同期設定がデフォルトで [スケジュールされた間隔で同期] になります。ArcGIS Enterprise の参加者は、グループ アイテム コンテンツとフィーチャ レイヤーの編集が同期されるスケジュールを管理します。ホストでは、同期スケジュールの管理が行われません。

コンテンツの受信

コラボレーション ホストがコラボレーション ワークスペースのアクセス モードを [受信] または [送受信] として定義している場合は、参加するポータルからコンテンツを受信できます。 コラボレーションに参加している別のポータルがコンテンツを共有している場合、使用中のポータルは、コラボレーション ワークスペースに関連付けられているグループ内のコンテンツのコピーを受信します。コンテンツは、コラボレーションのホストで設定されたスケジュールに従って、グループ内で更新および表示されます。

他の組織から受信したアイテムには、[共同で作業するコンテンツ] バッジが表示されます。このバッジは、アイテムの作成元のポータル内のアイテムには表示されません。

コラボレーションのアクセス モードが [受信] に設定されているポータルにおいて、コンテンツをグループで共有した場合、そのコンテンツはグループには存在しますが、他のポータルのコラボレーション参加者と共有されません。