Skip To Content

ユーザー管理のデータ ストアからレイヤーを一括で公開

ポータルのデータ ストア アイテムからレイヤーを一括で公開することができます。これを行うと、データベース内のアクセス可能なフィーチャクラスとテーブルのそれぞれに、1 つのフィーチャ レイヤー アイテムと 1 つのマップ イメージ レイヤー アイテムが作成されます。これらのレイヤーはデータベース内のデータを参照するので、データが別の場所にコピーされることはありません。作成後は、アクセスする必要があるユーザーとレイヤーを共有できるので、これらのユーザーは独自のマップやアプリ内でそのレイヤーを使用できます。

データ ストアから一括で公開する前の注意事項

  • レイヤーをデータ ストア アイテムから一括で公開するには、そのデータ ストア アイテムの所有者である必要があります。
  • データ ストア アイテムからフィーチャ レイヤーを一括で作成し、サーバーベースのレイヤーに公開するための権限を持つロールのメンバーである必要があります。
  • ポータル レイヤーは、データベース接続を介してアクセス可能なデータベース内のすべてのデータセットに対して作成されます。レイヤーの作成後、そのレイヤーにアクセスできるのは作成者のみですが、他のポータル メンバーや一般ユーザーともレイヤーを共有できます。このため、接続ファイルで指定されたユーザーが接続可能なフィーチャクラスとテーブルと、そのユーザーがこれらのデータセットに対して持つ権限のタイプに対して注意を払うことが重要です。
    • データベース接続内のデータベース ユーザーは、一括で公開する必要があるフィーチャクラスとテーブルのサブセットのみにアクセスできるようにする必要があります。
    • データベース接続で指定したユーザーに付与する権限は、各データセットに対して適切な権限にする必要があります。

      フィーチャ レイヤーを一括で作成する場合、レイヤーに対する編集は有効になりません。ただし、ArcGIS Server Manager でフィーチャ サービスに対する編集を可能にできます。こうした一括公開のフィーチャ レイヤーを通してユーザーがデータを編集することを避ける場合には、フィーチャクラスとテーブルからのデータ選択のみの権限を持つユーザーとしてデータベースに接続し、フィーチャ サービスに対する編集を有効化しないようにします。

    • 適切なレイヤーを一括で公開するために必要なデータのアクセシビリティと権限レベルを達成するには、データベース管理者に新しいデータベース ユーザーをリクエストする必要があるかもしれません。
  • データはデフォルトのレンダラーと縮尺を使用して公開されます。
  • 効率的な一括公開を可能にするために、フェデレーション サーバーのマップ サービスは共有インスタンスを使用します。
  • データ ストア アイテムがエンタープライズ ジオデータベースにアクセスすると、メタデータを含む各フィーチャクラスまたはテーブルが、メタデータを含むフィーチャ レイヤーになります。

レイヤーの一括公開

ポータルのデータベース データ ストア アイテムを介して使用可能なすべてのフィーチャクラスとテーブルからフィーチャとマップ イメージ レイヤーを公開するには、次の手順を実行します。

  1. 公開元となるデータベース データ ストア アイテムの詳細ページを開きます。
  2. [レイヤー] タブをクリックし、[レイヤーの作成] をクリックします。
  3. 空のフォルダーを選択するか、フィーチャ レイヤーを格納するフォルダーを作成して、[次へ] をクリックします。

    [コンテンツ] ページの [マイ コンテンツ] にあるこのフォルダーは、ユーザー独自のアイテムを整理するために役立ちます。一括公開されたフィーチャ レイヤーを別のフォルダーに格納しておくと、この方法で公開されたフィーチャ レイヤーを識別するために役立ちます。これらのフィーチャ レイヤーはデータ ストア アイテムに依存し、データ ストア アイテムを介して同期化することができ、オフラインで使用するための構成はできません。自分のポータル ユーザー フォルダー (自分のポータル ユーザー名と同じ名前のフォルダー) を使用してこれらのレイヤーを格納することはできません。

  4. このデータ ストア アイテムが追加されているすべてのフェデレーション サーバーのリストが表示されます。データの公開先にするフェデレーション サーバーを選択します。レイヤーを一括で公開できるのは、1 つのフェデレーション サーバーに対してのみです。
  5. フェデレートされた ArcGIS GIS Server サイトにフォルダーが作成され、マップ イメージやフィーチャ レイヤー アイテムを強化するサービスが格納されます。次のいずれかを選択して、このフォルダーの名前を指定します。
    • [[マイ コンテンツ] のフォルダーと同じ名前を使用] - GIS Server サイトのフォルダーには、手順 3 で指定した [マイ コンテンツ] のフォルダーと同じ名前が付けられます。
    • [カスタムのフォルダー名を使用] - [マイ コンテンツ] のフォルダーとは異なる名前の新しいフォルダーが必要な場合には、フィールド内に名前を入力できます。

    このフォルダーは GIS Server サイトに配置され、各サービスの実行場所を識別する情報の一部となります。このフォルダー名は各サービスの URL の一部になります。

  6. [レイヤーの公開を開始] をクリックします。

    データ ストア アイテムに使用されているデータベース接続が、データベース内の多数のフィーチャクラスやテーブルにアクセスできる場合には、公開が完了するまでに時間がかかる可能性があります。

すべてのレイヤーが作成されたら、データ ストア アイテムの [レイヤー] タブに表示されます。

レイヤー名をクリックして各レイヤーの詳細を管理し、グループ、ポータル、または一般ユーザーとこれらを共有してください。

メモ:

ポータル内のフィーチャ レイヤー アイテムは、ArcGIS Server サイトでフィーチャ アクセスが有効化されたマップ サービスであるため、フィーチャ レイヤーおよびそれに関連するマップ イメージ レイヤーを同じユーザーのセット (グループ、ポータル、または一般ユーザー) と共有する必要があります。フィーチャ レイヤーのみを共有する場合、他のユーザーはそのフィーチャ レイヤーを使用できません。