Skip To Content

シーンからのアプリの作成

ArcGIS Configurable Apps テンプレートまたは Web AppBuilder を使用して、シーンを使用する Web アプリを作成できます。さまざまなテンプレートと Web AppBuilder により、各種レイアウト、配色、ツールなど、多数の機能が提供されています。Scene Viewerコンテンツ ページ、またはアイテム ページから開始します。テンプレートWeb AppBuilder を選択し、コンポーネントを構成してアプリを公開します。また、他の方法として、テンプレートをダウンロードして、各自の Web サーバーに配置することもできます。

公開された Web アプリは、Scene Viewerまたは ArcGIS Pro で作成されたシーンに基づいています。作成者がシーンの範囲、レイヤー、説明などのプロパティに加えた変更は、すべて Web アプリに反映されます。組織内のすべてのユーザーが使用可能なシーンをプライベートにしたか削除した場合、シーンはアプリに表示されなくなります。

Scene Viewer からのアプリの作成

Scene Viewer からアプリを作成するには、次の手順に従います。

  1. コンテンツを作成して共有することができる権限でサイン インしていることを確認します。
  2. 保存されているシーンをScene Viewerで開いた後、[共有] 共有 をクリックします。アプリの作成に使用できるのは、共有されているシーンだけです。

    シーンと、シーン内のレイヤーの両方を共有する必要があります。レイヤーを共有しなければ、アプリを作成する前にレイヤーの共有状態を更新するよう求められます。

  3. [Web アプリの作成] をクリックします。

    [Web アプリの作成] ウィンドウには、[テンプレート][Web AppBuilder] の 2 つのタブがあります。

  4. [テンプレート] を使用するには、以下の手順を実行します。
    1. アプリで必要な操作を選択します。
    2. テンプレート サムネイルをクリックしてテンプレートの説明を表示し、[Web アプリの作成] ボタンにアクセスします。
    3. [Web アプリの作成] をクリックすると、アプリの構成が開始されます。
    4. アプリのタイトル、タグ、およびサマリーを入力し、アプリの保存先フォルダーを選択します。
    5. [完了] をクリックしてアプリを公開します。
    6. テーマ、ウィジェット、その他のアイテムなど、アプリ内の構成可能なコンポーネントを変更します。
    7. アプリの構成が完了したら、[保存] をクリックします。
  5. Web AppBuilder を使用するには、次の手順に従います。
    1. [Web AppBuilder] タブをクリックします。
    2. アプリのタイトル、タグ、サマリーを入力します。
    3. アプリの保存先フォルダーを選択します。
    4. [完了] をクリックして、Web AppBuilder でアプリを構成します。

コンテンツ ページからのアプリの作成

コンテンツ ページからアプリを作成するには、次の手順に従います。

  1. コンテンツを作成することができる権限を持つユーザーでサイン インしていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] タブで、[作成] をクリックします。
  3. アプリ テンプレートを使用するには、[テンプレートを使用] をクリックして、次の手順を実行します。
    1. [シーンの表示 (3D)] フィルターを選択し、シーンを使用するアプリを表示します。
    2. サムネイルをクリックしてアプリの説明を表示し、[Web アプリの作成] ボタンにアクセスします。
    3. [Web アプリの作成] をクリックすると、アプリの構成が開始されます。
    4. アプリのタイトル、タグ、サマリーを入力します。
    5. ポータル管理者がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
    6. 必要に応じて、アプリの保存先として、[マイ コンテンツ] 内の別のフォルダーを選択します。
    7. [完了] をクリックしてアプリを公開します。

      アプリがポータルで共有され、共有されていないアイテムが [マイ コンテンツ] に追加されます。他のユーザーがアプリにアクセスできるようにするには、アイテムを共有する必要があります。

    8. アプリで使用するシーンを選択し、[選択] をクリックします。
    9. テーマ、ウィジェット、その他のアイテムなど、アプリ内のその他の構成可能なコンポーネントを変更します。
      メモ:

      組織によっては、組織のメンバーが作成したサポート対象の Web アプリ テンプレートに対して、指定したブランドの色やロゴを適用する場合があります。これらの共有テーマ設定をサポートするテンプレートを作成する場合、アプリのデフォルトのテーマの代わりに、指定した設定が適用されます。

    10. アプリの構成が完了したら、[保存] をクリックして変更を保存し、[閉じる] をクリックします。
  4. Web AppBuilder を使用するには、[Web AppBuilder を使用] をクリックし、次の手順を実行します。
    1. [3D] を選択します。
    2. アプリのタイトル、タグ、サマリーを入力します。
    3. ポータル管理者がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
    4. 必要に応じて、アプリの保存先として、[マイ コンテンツ] 内の別のフォルダーを選択します。
    5. [OK] をクリックして、Web AppBuilder を開き、アプリの作成を続行します。

アイテム ページからのアプリの作成

シーンのアイテム ページからアプリを作成するには、次の手順に従います。

  1. コンテンツを作成することができる権限を持つユーザーでサイン インしていることを確認します。
  2. コンテンツ ページの [マイ コンテンツ] から、アプリの作成に使用する Web シーンのアイテム ページを開きます。
  3. 構成可能なテンプレートからアプリを作成するには、[Web アプリの作成] > [テンプレートを使用] の順にクリックして、次の手順を実行します。
    1. レイヤー テンプレートを選択します。
    2. サムネイルをクリックしてアプリの説明を表示し、[Web アプリの作成] ボタンにアクセスします。
    3. [Web アプリの作成] をクリックすると、アプリの構成が開始されます。
    4. アプリのタイトル、タグ、サマリーを入力します。
    5. ポータル管理者がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
    6. 必要に応じて、アプリの保存先として、[マイ コンテンツ] 内の別のフォルダーを選択します。
    7. [完了] をクリックしてアプリを公開します。

      アプリがポータルで共有され、共有されていないアイテムが [マイ コンテンツ] に追加されます。他のユーザーがアプリにアクセスできるようにするには、アイテムを共有する必要があります。

    8. テーマ、ウィジェット、その他のアイテムなど、アプリ内のその他の構成可能なコンポーネントを変更します。
      メモ:

      組織によっては、組織のメンバーが作成したサポート対象の Web アプリ テンプレートに対して、指定したブランドの色やロゴを適用する場合があります。これらの共有テーマ設定をサポートするテンプレートを作成する場合、アプリのデフォルトのテーマの代わりに、指定した設定が適用されます。

    9. アプリの構成が完了したら、[保存] をクリックして変更を保存し、[閉じる] をクリックします。
  4. Web AppBuilder を使用するには、[アプリの作成] > [Web AppBuilder を使用] の順にクリックし、次の手順を実行します。
    1. アプリのタイトル、タグ、サマリーを入力します。
    2. ポータル管理者がコンテンツのカテゴリを設定している場合、[カテゴリの割り当て] をクリックして、最大 20 のカテゴリを選択して、アイテムの検索に役立てることができます。また、[カテゴリのフィルター処理] ボックスを使用して、カテゴリのリストを絞り込むこともできます。
    3. 必要に応じて、アプリの保存先として、[マイ コンテンツ] 内の別のフォルダーを選択します。
    4. [OK] をクリックして、Web AppBuilder を開き、アプリの作成を続行します。