Skip To Content

フィーチャ レイヤー

フィーチャ レイヤーは、建物、パーセル、都市、道路、地震の震源地など、類似した地理フィーチャをグループ化したものです。 フィーチャには、ポイント、ライン、またはポリゴン (エリア) があります。 フィーチャ レイヤーは、ベースマップの上部でデータを表示するのに最も適しています。 スタイル透過表示表示範囲更新間隔ラベルなど、フィーチャ レイヤーのプロパティを設定して、マップ上でのレイヤーの表示方法を制御することができます。 フィーチャ レイヤーを使用すると、フィーチャとその属性に対するクエリを表示、編集、解析、実行できます。

それぞれのタイプのフィーチャ レイヤーは異なる要件を満たすために、機能が少し異なっています。 各タイプのフィーチャ レイヤーで利用可能な機能の比較については、「フィーチャ レイヤーの機能」をご参照ください。

Open Geospatial Consortium (OGC) フィーチャについては、OGC をご参照ください。

ホスト フィーチャ レイヤー

ホスト フィーチャ レイヤーは、システムが管理する 2 つのデータ ストアのいずれかでフィーチャ データがホストされているか、格納されているフィーチャ サービスです。

このレイヤー、サービス、および含まれるデータは単一のエンティティと見なすことができます。 ホスト フィーチャ レイヤーを作成すると、データが、システムで管理されるいずれかのデータ ストアにコピーされます。 ホスト フィーチャ レイヤーの所有者または管理者がホスト フィーチャ レイヤーを削除すると、サービスおよびデータも削除されます。

使用できる機能は、ホスト フィーチャ レイヤーがアクセスするデータ ストアによって若干異なります。 レイヤーのアイコンに基づいて 2 つのタイプのレイヤーを識別できます。

ホスト フィーチャ レイヤー

フィーチャ レイヤー ホスト フィーチャ レイヤーは、ArcGIS Pro またはポータルのファイルから ArcGIS Enterprise にフィーチャ レイヤーを公開すると作成されます。

ホスト時空間フィーチャ レイヤー

時空間フィーチャ レイヤー ホスト時空間フィーチャ レイヤーは、使用しているアプリまたはツールが地理データと時間データの両方を要求するときに作成されます。 ほとんどの場合、これらのレイヤーは編集者が直接編集するのではなく、レイヤーを要求するアプリがホスト時空間フィーチャ レイヤーを作成および更新します。

ホスト Indoors Spaces フィーチャ レイヤー

ArcGIS Indoors 情報モデルに準拠する Reservations レイヤーを、Indoors Spaces のライセンスを付与されている ArcGIS Enterprise 組織に公開すると、ホスト Indoors Spaces フィーチャ レイヤーが作成されます。 ホスト Indoors Spaces フィーチャ レイヤーは、Indoor Viewer および Indoors モバイル アプリでワークスペースの予約を有効化するために使用されます。

ホスト Indoors Spaces フィーチャ レイヤーは、ポータルで操作するときに、他のホスト フィーチャ レイヤーと同等の機能を提供できますが、次に示す例外があります。

  • Indoors Spaces フィーチャ レイヤーにアクセスできるすべてのユーザーがそのレイヤーを編集できます。
  • Indoors Spaces フィーチャ レイヤーは、一般ユーザーや分散コラボレーション グループとは共有できません。

ArcGIS Server フィーチャ レイヤー

スタンドアロンまたはフェデレートされている ArcGIS Server サイトで実行されているフィーチャ サービスにアクセスできる場合、これらの ArcGIS Server フィーチャ サービスをレイヤーとして組織で使用できます。 これらのレイヤーは、ホスト フィーチャ レイヤーに似ていますが、次の点が異なります。

  • データは、システムが管理するデータ ストアにコピーされず、ArcGIS Server サイトに登録されたデータ ソース内に維持されます。
  • ArcGIS Server フィーチャ レイヤーを削除しても、そのデータは削除されません。
  • ArcGIS Server フィーチャ レイヤーの構成の多くは、ポータルではなく、ArcGIS Server Manager で実行されます。
  • ポータルで使用できる機能は、ArcGIS Server フィーチャ レイヤーとホスト フィーチャ レイヤーで異なります。

これらの違いの多くは、ArcGIS Server サイトに登録されているフォルダーおよびデータベースに保存されているデータの不必要な変更を防止するためのものです。これらのデータは、多くの場合、記録システムであり、他のアプリケーションが直接アクセスする可能性があるからです。 ただし、ホスト フィーチャ レイヤーのデータは、ポータルを通じて管理され、他のアプリケーションから直接アクセスされることがありません。

フィーチャ レイヤー (フィーチャ サービス) が、フェデレートされた ArcGIS Server サイトに公開されると、自動的にフィーチャ レイヤーとして組織に追加されます。 スタンドアロンの ArcGIS Server サイトのフィーチャ サービスを操作する場合は、[マイ コンテンツ] から組織に追加できます。 これにより、ArcGIS Server サイトに登録されているデータ ソースに保存されたデータはそのままで、サービスの REST エンドポイント (URL) を参照し、マップおよびアプリでレイヤーを使用できるようになります。 また、ArcGIS Server フィーチャ レイヤーを Map Viewer に追加したり、Map Viewer Classic に追加したりすることもできます。

ArcGIS Server マップまたはフィーチャ サービスのレイヤー

マップ サービスまたはフィーチャ サービスの個別のレイヤーをアイテムとして追加したり、Map ViewerMap Viewer Classic のマップに追加したりできます。 そのため、サービスのすべてのレイヤーを使用する代わりに、マップまたはアプリのサービスの単一のレイヤーを使用できます。

たとえば、道路レイヤー、建物レイヤー、線路レイヤーを含む ArcGIS Server マップ サービスにアクセスできるものの、道路にのみアクセスする必要がある場合、道路レイヤーをアイテムとして追加する (サービスにアクセスするための認証情報を指定する必要がある場合に推奨) か、マップに直接追加できます。 これを行うには、マップ サービスの REST エンドポイントから道路レイヤーの URL をコピーする必要があります。 マップ サービスの REST エンドポイントの URL の形式は https://<server>.<domain>/server/rest/services/<service_name>/MapServer です。 サービスの各レイヤーのリンクはこのページの [レイヤー] セクションに一覧されています。 使用するレイヤーのリンクをクリックしてください。 レイヤーの URL を取得するために開くページの URL をコピーします。

注意:

マップ サービスのレイヤーから作成されたフィーチャ レイヤーは、読み取り専用になります。このレイヤーの編集を有効化することはできません。

フィーチャ コレクション

.csv ファイル、シェープファイルマップ メモスケッチなどのアイテムをマップに直接追加できます。 これらはマップ内のフィーチャ コレクション レイヤーと見なされます。 追加したフィーチャ コレクションは、マップの一部として保存できます。 これにより、フィーチャ コレクション データがマップの一部として保存されます。 データの編集などでフィーチャ コレクションに加えた変更は、マップにのみ反映されます。 このフィーチャ コレクションの派生元である *.csv ファイル、シェープ ファイル、マップ メモに変更は適用されません。

レイヤー プロパティ メニューで [レイヤーの保存] をクリックすることで、マップ内の .csv ファイル、シェープファイル、マップ メモ レイヤーをフィーチャ コレクション アイテムとして保存することもできます。 このアイテムは、[マイ コンテンツ] に新しいフィーチャ コレクションとして表示され、他のユーザーと共有したり、複数のマップに追加したりできます。 フィーチャ コレクションを独自のアイテムとして保存した場合、データはフィーチャ コレクションのアイテムとともに保持され、マップの一部としては保存されません。 データを変更するなどしてフィーチャ コレクションのアイテムに加えた変更は、[レイヤーの保存] をクリックすると保存されます。 フィーチャ コレクションのアイテムを他のマップで使用する場合、変更はそのマップにも反映されます。 フィーチャ コレクションのアイテムが [マイ コンテンツ] から削除された場合、他のユーザーはそのアイテムを利用できなくなります。

マップ メモ

Map Viewer Classicマップ メモ レイヤーを追加することで、マップ上にフィーチャを作成できます。 マップ メモ レイヤーは一種のフィーチャ コレクションです。 マップ メモ レイヤーでは、フィーチャを使用して、パブリック アクセス ポイント、ハイキング コース、火災延焼範囲など、マップ上に表示したいものをシンボル表示できます。 フィーチャをクリックしたときにポップアップに表示される説明情報を追加することもできます。

デフォルトでは、マップ メモ レイヤー内のフィーチャはマップと一緒に保存されるため、マップ作成者しか、フィーチャの編集と保存ができません。 レイヤーをフィーチャ コレクション アイテムとしてコンテンツに保存することもでき、そのアイテムの詳細を編集し、他のユーザーと共有できます。 マップ メモ レイヤーは、コミュニティ内で発生したイベントや、石油生産施設の在庫などの情報の表示に役立ちます。 これは、たとえば都市の公園やレクリエーション部門が管理するスイミング プールなど、数が少ないフィーチャをマップに追加する良い方法です。 これは、組織の公開権限がない場合に、フィーチャ レイヤーを作成する方法でもあります。

ルート レイヤー

Map Viewer Classic を使用すると、ルート案内を取得し、マップ内にルート レイヤーを作成することができます。 ルート レイヤーは一種のフィーチャ コレクションであり、ストップ、ルート案内イベント、ルート案内、ルート情報という 4 つのサブレイヤーで構成されます。サブレイヤーごとに独自のプロパティ (ポップアップラベルなど) があり、必要に応じて構成できます。 Map Viewer Classic から、ルート レイヤーをアイテムとして [マイ コンテンツ] に保存し、別のマップで使用することができます。 ルート レイヤーをアイテムとして保存したら、そのルート レイヤーを他のユーザーと共有できます。

ストリーミング フィーチャ レイヤー

ストリーミング フィーチャ レイヤーは、ArcGIS GeoEvent Server ストリーム サービスから作成されるフィーチャ レイヤーです。 これは、大量のデータや不定期に変更されるデータを含むリアルタイム データ フィードを視覚化する際に役立ちます。 たとえば、複数の車両が位置情報を送信しており、車両の現在地を常に監視する必要がある場合などです。 Map Viewer Classic にストリーミングしているフィーチャ レイヤーを追加すると、ストリーミング コントロールを使用し、サービスがレイヤーに送信するデータをフィルターすることができます。 ストリーミング フィーチャ レイヤーは、コンテンツ ページにあるアイコン ストリーミング フィーチャ で識別できます。

ストリーミング フィーチャ レイヤーは、HTML5 WebSockets を使用して ArcGIS Server のストリーム サービスに接続されます。 最新のブラウザーのほとんどは WebSockets をサポートしています。

フィーチャ レイヤーの機能

次のセクションでは、各タイプのフィーチャ レイヤーの作成方法を説明し、Map Viewer ClassicMap ViewerScene Viewer、およびアイテムの詳細で各タイプが使用できる機能を比較します。

公開方法

次のリストでは、ArcGIS Enterprise ポータルで各タイプのフィーチャ レイヤーを作成する方法について説明します。

  • ホスト フィーチャ レイヤー - アイテムをポータルに追加して公開するか、ArcGIS Pro から公開するか、テンプレートまたは既存のフィーチャ レイヤーから空のホスト フィーチャ レイヤーを作成するか、空のホスト フィーチャ レイヤーにスキーマを定義します。 詳細については、「ホスト フィーチャ レイヤーの公開」をご参照ください。
  • ホスト時空間フィーチャ レイヤー - GeoAnalytics ツールを実行するか、ArcGIS GeoEvent Server を使用して公開します。ArcGIS Tracker もまた、位置情報を追跡するためにホスト時空間フィーチャ レイヤーを作成し、ArcGIS Mission は、ミッションを追跡するためにホスト時空間フィーチャ レイヤーを作成します。
  • ArcGIS Server フィーチャ レイヤー - ArcGIS Pro からフェデレーション ArcGIS Server サイトに公開するか、ArcGIS Pro からスタンドアロンの ArcGIS Server サイトに公開して組織サイトにサービスを追加するか、ポータルのデータ ストア アイテムから公開します。
  • ストリーミング フィーチャ レイヤー - ArcGIS GeoEvent Server でストリーミング レイヤーを構成します。 ArcGIS GeoEvent Server サイトがポータルとフェデレートされている場合、ストリーミング レイヤーは組織サイトに自動的に追加されます。 スタンドアロンの ArcGIS GeoEvent Server サイトでストリーミング レイヤーを構成する場合、組織にストリーミング レイヤーを追加できます。
  • フィーチャ コレクション - .csv ファイル、シェープファイル、またはマップ メモを Map Viewer Classic に追加し、レイヤーを保存します

Map Viewer Classic

すべてのフィーチャ レイヤー アイテムは Map Viewer Classic (旧名称 Map Viewer) に追加できますが、利用できる機能は少し異なります。 Map Viewer Classic でのフィーチャ レイヤーの機能の比較を次の表に示します。

機能ホスト フィーチャ レイヤーホスト時空間フィーチャ レイヤーArcGIS Server フィーチャ レイヤーホスト時空間フィーチャ レイヤー (ArcGIS GeoEvent Server によって作成)ストリーミング フィーチャ レイヤーフィーチャ コレクション

編集 (レイヤーで編集機能が有効化されている場合)

はい

はい

はい

はい

No

該当なし。フィーチャ コレクション アイテムでは編集機能を有効化できません

編集のフルコントロールを使用して Map Viewer Classic に追加

はい

はい

はい

はい

はい

No

スタイルの変更透過表示の設定、および表示範囲の設定

はい

はい

はい

はい

はい

はい

ラベルの定義

はい

はい

はい

はい

はい

Yes、ただしマップ メモではサポートされていません

更新間隔の設定

はい

はい

はい

はい

No

No

ポップアップの構成

はい

はい

はい

はい

はい

はい

フィルターの適用

Yes (Map Viewer Classic)

Yes (Map Viewer Classic)

Yes (Map Viewer Classic)

Yes (Map Viewer Classic)

Yes、Map Viewer Classic または ArcGIS GeoEvent Server でストリーミング コントロールを使用

No

コピーして新しいレイヤーとして保存

はい

はい

はい

はい

はい

No

標準フィーチャ解析ツールおよび GeoAnalytics フィーチャ解析ツールの使用

はい

はい

はい

はい

No

はい

属性テーブルのフィールド演算

はい

Yes、ただし [フィールド演算] ツールを使用します。

No

No

No

No

属性テーブルへのフィールドの追加と属性テーブルからのフィールドの削除

はい

No

No

No

No

No

ビンに集約されたフィーチャの表示

No

はい

No

はい

No

No

Map Viewer

現時点では、フィーチャ レイヤー タイプのサブセットを Map Viewer に追加できます。 利用できる機能はレイヤー タイプごとに少し異なる場合があります。 Map Viewer でのフィーチャ レイヤーの機能の比較を次の表に示します。

機能ホスト フィーチャ レイヤーホスト時空間フィーチャ レイヤーArcGIS Server フィーチャ レイヤーホスト時空間フィーチャ レイヤー (ArcGIS GeoEvent Server によって作成)フィーチャ コレクション (ルート レイヤーを除く)

編集 (レイヤーで編集機能が有効化されている場合)

はい

はい

はい

はい

該当なし。フィーチャ コレクション アイテムでは編集機能を有効化できません

編集のフルコントロールを使用してマップに追加

No

No

No

No

No

スタイルの変更透過表示の設定、および表示範囲の設定

はい

はい

はい

はい

はい

ラベルの定義

はい

はい

はい

はい

はい

更新間隔の設定

No

No

No

No

No

ポップアップの構成

はい

はい

はい

はい

はい

フィルターの適用

はい

はい

はい

はい

No

マップ内のレイヤーを複製して保存

はい

はい

はい

はい

No

グループ レイヤーの作成

はい

はい

はい

はい

はい

標準フィーチャ解析ツールおよび GeoAnalytics フィーチャ解析ツールの使用

No

No

No

No

No

属性テーブルのフィールド演算

はい

No

No

No

No

属性テーブルへのフィールドの追加と属性テーブルからのフィールドの削除

はい

No

No

No

No

ビンに集約されたフィーチャの表示

No

はい

No

はい

No

Scene Viewer

次のいずれかのタイプのフィーチャ レイヤーを Scene Viewer に追加できます。

  • ホスト フィーチャ レイヤー
  • ホスト時空間フィーチャ レイヤー
  • ArcGIS Server フィーチャ レイヤー

各レイヤーに含めることができるフィーチャの数に制限はありません。

アイテムの詳細

タグとカテゴリの設定、サマリーと説明の設定、削除の防止の有効化、範囲の設定など、フィーチャに対して構成する多くの設定と詳細は、一般にすべてのフィーチャ レイヤーとポータル アイテムで同じです。 フィーチャ レイヤーによって異なる設定と詳細を次の表に示します。

機能ホスト フィーチャ レイヤーホスト時空間フィーチャ レイヤーArcGIS Server フィーチャ レイヤーホスト時空間フィーチャ レイヤー (ArcGIS GeoEvent Server によって作成)ストリーミング フィーチャ レイヤーフィーチャ コレクション

他のレイヤーの公開元

Yes、WFS およびタイル レイヤー

No

No

No

No

Yes、ホスト フィーチャ レイヤー

ビューの作成

はい

はい

ポータルのフィーチャ レイヤーからビューを作成することはできませんが、ArcGIS Pro の同じデータから複数のフィーチャ レイヤーを公開する同等のワークフローがあります。

No

No

No

[ビジュアライゼーション] タブでの表示エリアの定義

はい

はい

該当なし

該当なし

該当なし

該当なし

データのエクスポート

はい

No

No

No

No

No

メタデータの追加と表示

はい

はい

はい

No

No

はい

アタッチメントの有効化

はい

No

ポータルのレイヤーでアタッチメントを有効化することはできません。 ただし、フィーチャ レイヤーを公開する前に、ソース データでアタッチメントを有効化することはできます。

No

No

No

レイヤーの上書き

はい

No

ポータルのレイヤーを上書きすることはできません。 ただし、ArcGIS Pro からは上書きできます。

No

該当なし。ストリーミング レイヤーのデータは絶えず変化します。

No

空間オーバーレイ

はい

また、ArcGIS Pro[アペンド (Append)] ジオプロセシング ツールも使用できます。

はい

Map Viewer Classic[データのアペンド] ツールまたは ArcGIS Pro[アペンド (Append)] ジオプロセシング ツールも使用できます。

ポータルのレイヤーに追加することはできません。 ただし、ArcGIS Server サイトの登録済みデータ ストア内にデータがあるため、ソース データに追加します。

ArcGIS GeoEvent Server を使用してソース データに追加します。

該当なし。ストリーミング レイヤーのデータは絶えず変化します。

No

[データ] タブでのフィールド コンテンツの計算

はい

No

No

No

No

No

[データ] タブでのフィールドの追加フィールドの削除

はい

フィールドの追加はできますが、削除はできません。

No

No

No

No

属性のリストと範囲の定義

はい

No

No、既存のリストと範囲は表示できますが、[データ] タブでそれらを追加または削除することはできません。

No

No

No

フィールドの説明と値タイプの追加

はい

No

No

No

No

No

[データ] タブでの非空間フィールド値の編集

はい

はい

はい

はい

No

No

表示名 (タイトル)、説明、フィールド値タイプ、フィールドの編集が許可されているかどうかなどのフィールド プロパティを変更します。

はい

はい

No

表示名と説明は編集できますが、その他のプロパティは編集できません。

No

表示名、説明、およびフィールド値タイプは編集できますが、フィールドの編集設定は変更できません。

[ビジュアライゼーション] タブでのフィルターの適用

はい

はい

はい

はい

No

No

編集用設定の変更

はい

はい

ポータルのレイヤーで編集を有効化したり、編集設定を変更したりすることはできません。 フィーチャ レイヤーを公開するとき、または公開後に ArcGIS Server Manager で設定を変更するときに、編集設定を構成します。

ポータルでは編集は自動的に有効化され、変更できません。

No

No

同期の有効化 (オフラインでの使用および共同作業)

はい

No

ポータルで同期を有効化することはできません。 これは公開時に設定されます。または、公開後に ArcGIS Server Manager で設定を変更できます。

No

No

No

編集情報の記録

はい

No

ポータルで編集情報の記録を有効化することはできません。 ただし、ArcGIS Pro からソース データの編集情報の記録を有効化することはできます。

No

No

No

編集可能なレイヤーをすべての人と共有 (パブリック) できるようにするかどうかを制御します。

はい

はい

No

はい

No

No

個々のサブレイヤーの詳細、データ、視覚化の構成の更新

はい

はい

はい

はい

No

No