Skip To Content

ホスト タイル レイヤーの管理

ホスト タイル レイヤーの所有者および管理者は、既存のホスト タイル レイヤーの設定およびコンテンツを管理できます。レイヤーに含まれているタイルがラスター タイルか、ベクター タイルかによって管理オプションが異なります。次の表に、レイヤー タイプごとに使用可能な管理オプションを示します。

ラスター タイル ホスト タイル レイヤーベクター タイル ホスト ベクター タイル レイヤー

ホスト タイル レイヤーをマップに追加したときに描画される縮尺の最小値と最大値を設定します。

Yes

No

オフラインのマップとアプリで使用するためにホスト タイル レイヤーを構成します。

Yes

Yes

2 つ目のレイヤーを使用してレイヤーのコンテンツを置き換えます。

いいえ*

* ArcGIS Pro 2.5 以降では、Python API または [Web レイヤーの置換 (Replace Web Layer)] ジオプロセシング ツールを使用できます。

Yes

ホスト ラスター タイル レイヤー設定の管理

ホスト タイル レイヤーで縮尺の最小値と最大値またはオフライン モードを管理するには、ソース データまたはソース データの公開元であるレイヤーにアクセスできる必要があります。ホスト フィーチャ レイヤーまたはホスト フィーチャ レイヤー ビューからホスト タイル レイヤーを公開する場合、タイル レイヤーはソース レイヤーの表示範囲を継承します。継承されたこの表示範囲外にあるエリアにタイルを構築することはできません。

次の手順に従って、ホスト タイル レイヤー ラスター タイル のタイルの構築、表示範囲の変更、およびオフライン モードの管理を行います。

  1. Web レイヤーの所有者または管理者として、またはすべてのメンバーのアイテムを更新する権限を持っているアカウントでサイン インします。
  2. ホスト タイル レイヤーのアイテム ページを開きます。
  3. [設定] タブをクリックします。
  4. [Tile Layer (ホスト中)] セクションまでスクロールします。
  5. [詳細の表示] をクリックして、既存のタイルの現在のステータスを表示します。
  6. 次の変更を行います。
    • スライダーやドロップダウン リストを使用して [表示範囲] オプションを設定し、ホスト タイル レイヤーをマップに追加したときに描画される縮尺の最小値と最大値を新たに選択します。
    • [タイルの構築] をクリックして、レイヤーのタイルを構築します。ダイアログ ボックスが表示されたら、タイルを生成するレベル (縮尺) の横にあるチェックボックスをオンにします。少なくとも 1 つのレベルを選択する必要があります。レベルの選択が完了したら、[タイルの作成] をクリックします。
    • 他のユーザーが、オフラインで使用するマップにホスト タイル レイヤーを挿入できるようにするには、[このレイヤーのダウンロードとオフライン マップでの使用を許可します。] をオンにします。
  7. 完了したら [保存] をクリックします。

ホスト ベクター タイル レイヤー設定の管理

現在、ホスト ベクター タイル レイヤーは、オフライン マップで使用することを有効化できます。ホスト ベクター タイル レイヤー ベクター タイル のオフライン モードを管理するには、次の手順を実行します。

  1. Web レイヤーの所有者または管理者として、またはすべてのメンバーのアイテムを更新する権限を持っているアカウントでサイン インします。
  2. ホスト ベクター タイル レイヤーのアイテム ページを開きます。
  3. [設定] タブをクリックします。
  4. [Tile Layer (ホスト中)] セクションまでスクロールします。
  5. 他のユーザーがオフライン アプリにホスト タイル レイヤーを挿入できるようにするには、[このレイヤーのダウンロードとオフライン マップでの使用を許可します。] をオンにします。
  6. 完了したら [保存] をクリックします。

これで、オフラインでの使用が有効化されているマップにこのレイヤーを追加できます。

ホスト ベクター タイル レイヤーの置換

ベクター タイル レイヤーは、マップ データをベクター ファイルとして提供し、レイヤーと一緒に提供されたスタイルに基づいてクライアントで描画された 1 つ以上のレイヤーが含まれています。 ベクター タイル スタイル エディターを使用して追加のスタイルを作成できます。ホスト ベクター タイル レイヤーのベクター ファイルのコンテンツを更新するには、そのコンテンツを 2 つ目のレイヤーのコンテンツに置き換えます。

[レイヤーの置換] オプションを使用すると、組織のホスト ベクター タイル レイヤーを、同じポータル メンバーが所有する 2 つ目のホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツに置き換えることができます。 ホスト ベクター タイル レイヤーを置換すると、そのレイヤーのコンテンツが 2 つ目のレイヤーのコンテンツに置き換えられます。レイヤーのアイテム ID と URL は変更されないため、レイヤーを使用するマップおよびアプリを、新しいレイヤーを参照するように更新する必要はありません。

ホスト ベクター タイル レイヤーを置換するには、現在のホスト ベクター タイル レイヤーと置換レイヤーを所有している必要があります。ポータルの管理者もホスト ベクター タイル レイヤーを置換できますが、置換レイヤーと現在のレイヤーが両方とも同じポータル メンバーによって所有されている必要があります。

レイヤーの置換には、次のような利点があります。

  • 置換レイヤーを作成して、現在のホスト ベクター タイル レイヤーのユーザーに影響を与えることなく、この置換レイヤーに関する品質管理テストを実行できます。
  • 現在のホスト ベクター タイル レイヤーに複数のスタイルが設定されている場合、置換レイヤーを使用してスタイルをプレビューして、レイヤーの置換後にそれらのスタイルが引き続き機能することを確認できます。
  • 現在のレイヤーのコンテンツを置換しても、新しいタイルは生成されません。そのため、タイルが抽出および再構築されるのを待つ必要はありません。現在のレイヤーを使用するマップとアプリは、置換操作中も期待どおりに継続して動作します。
  • 古いコンテンツをアーカイブして、必要に応じてこのコンテンツに戻すことができます。

メモ:

ArcGIS Pro で置換ベクター タイル レイヤーを公開またはパッケージ化する前に、現在のベクター タイル レイヤーの場合と同じ座標系およびタイル スキーマが置換ベクター タイル レイヤーに使用されることを確認してください。これらの設定が一致している必要があります。

ArcGIS Pro で置換レイヤーを生成する際に注意すべきその他の構成変更については、「現在のレイヤーに悪影響を及ぼす可能性がある置換レイヤーの変更」をご参照ください。

レイヤーを置換するときは、現在のレイヤーのコンテンツを新しいレイヤーに移動するか、現在のレイヤーと置換レイヤーのコンテンツを入れ替えることで既存の置換レイヤーをアーカイブとして使用することができます。

  • 現在のホスト ベクター タイル レイヤーを置換するたびに、そのレイヤーのコンテンツをアーカイブする場合は、現在のレイヤーのアーカイブを作成します。必要に応じて、アーカイブされたコンテンツを含むいずれかのレイヤーを使用して、古いバージョンのコンテンツに戻すことができます。アーカイブのコンテンツに戻すには、[レイヤーの置換] オプションを使用して、現在のレイヤーに戻す対象となるアーカイブされたコンテンツを含むレイヤーを選択します。

    このオプションは、時間経過に伴うホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツの変更を反映して、アーカイブされたコンテンツを含むレイヤーを複数作成する場合に使用します。たとえば、四半期の更新を実行する場合、2019Q42020Q1 などのアーカイブを作成することで、各更新のアーカイブを作成できます。

  • 置換レイヤーをアーカイブとして使用する場合、アーカイブされたコンテンツ用のレイヤーは別途作成されません。置換レイヤーのコンテンツが現在のレイヤーに移動されます。現在のレイヤーのコンテンツが置換レイヤーに移動されます。このオプションは、アーカイブされたコンテンツ用に別のレイヤーが必要ない場合に使用します。

アーカイブ方法の決定に加えて、現在の実稼働レイヤーでアイテム情報 (サムネイル、サマリー、説明、タグ) を更新するか、置換レイヤーから変更内容をインポートするかを選択します。デフォルトでは、情報は更新されません。置換レイヤーから情報をインポートするには、[アイテム情報の置換] オプションを有効にします。

  1. Web レイヤーの所有者またはポータル管理者として、またはすべてのメンバーのアイテムを更新する権限を持っているアカウントでサイン インします。
  2. ホスト ベクター タイル レイヤーのアイテム ページを開きます。
  3. [レイヤーの置換] をクリックします。
  4. [レイヤーの選択] をクリックします。

    パネルが表示されたら、使用できるレイヤーの検索、参照、フィルター、および並べ替えにより、置換タイル レイヤーを見つけることができます。[詳細の表示] をクリックして、各レイヤーのアイテムの詳細を表示することもできます。

  5. 使用するベクター タイル レイヤーを見つけたら、[選択] をクリックします。

    互換性がないスタイルに関する警告メッセージが表示された場合、これは、置換レイヤーのスタイルが現在のレイヤーのスタイルと異なることを示しています。このような相違があると、現在のレイヤーを参照する他のスタイルが破損する可能性があります。同様に、置換レイヤーのタイル スキーマが現在のレイヤーと異なる場合もこのメッセージが表示されます。この置換レイヤーを使用しない場合は、[レイヤーの変更] をクリックして、スタイルが一致しているレイヤーを選択します。続行して、現在のレイヤーを、スタイルが異なるレイヤーに置き換えることができます。

  6. [次へ] をクリックして、現在のベクター タイルをアーカイブする方法を選択します。次のオプションのいずれかを選択します。
    • [現在のレイヤーをアーカイブする] - このオプションは、現在のホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツを更新する前に、そのときのスナップショットを維持する場合に使用します。デフォルトでは、新しいレイヤーの名前は現在のレイヤー名に _archive_<現在の日時> を付加したものになります。別の名前を指定するには、編集ボタンをクリックして新しい名前を入力します。
    • [置換レイヤーを使用] - このオプションは、アーカイブされたコンテンツを新しいレイヤーで保存する必要がなく、今後の更新のために置換レイヤーを維持する場合に使用します。
  7. 更新されたサムネイル、サマリー、説明、およびタグを置換レイヤーからインポートする場合は、下へスクロールして [アイテム情報の置換] を有効にします。
  8. [次へ] をクリックして、置換レイヤーに関連付けられたスタイルをプレビューします。

    メモ:

    スタイルのプレビュー オプションは、ベクター タイル スタイル エディターで現在のレイヤー用に他のスタイルを作成した場合のみ使用できます。

  9. [他のスタイル] ドロップダウン メニューを使用して、現在のレイヤーを置換レイヤーのコンテンツで更新した後の各スタイルの外観をプレビューします。続行する場合は、[次へ] をクリックします。適用しない場合は、[キャンセル] をクリックします。
  10. サマリー ページに、現在のホスト ベクター タイル レイヤー、現在のレイヤーのコンテンツを置換するレイヤー、および選択したアーカイブ オプションが表示されます。
    • 置換レイヤーに完全な互換性がない場合は、[置換レイヤーの選択] をクリックして新しいレイヤーを選択できます。
    • アーカイブ オプションを変更する場合は、[アーカイブ オプションの選択] をクリックして設定を変更します。
  11. レイヤーとアーカイブに関する選択に問題がなければ、[置換] をクリックして、置換操作を実行します。

ホスト ベクター タイル レイヤーを置換する一般的なワークフロー

[レイヤーの置換] オプションを使用してホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツを置換するには、いくつかの方法があります。現在のレイヤーと置換レイヤーという用語は相対的なものなので、ホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツを置換するワークフローについて、いくつかの例を読むことは有用でしょう。

以下の 3 つのセクションでは、複数のホスト ベクター タイル レイヤーを使用してホスト ベクター タイルのデータを維持するワークフローについて説明します。これらのワークフローは、レイヤーの例を使用して、ワークフローを通じてコンテンツがどのように移動するかを理解するのに役立ちます。これらすべての例には、ユーザーがマップとアプリで使用する現在のホスト ベクター タイル レイヤーと、少なくとも 1 つの置換ホスト ベクター タイル レイヤーがあります。同様のワークフローを実行する場合は、置換レイヤーやアーカイブされたコンテンツを含むレイヤーの数が異なる場合があります。また、現在のホスト ベクター タイル レイヤーにアクセスするユーザーが、レイヤーに他のスタイルを定義している場合もあります。

現在のコンテンツを新しいレイヤーにアーカイブ

このシナリオ例では、到達圏境界を保存するホスト ベクター タイル レイヤーがあります。これは、ユーザーがマップで使用する実稼働レイヤーです。このレイヤーのコンテンツを更新するために、更新された到達圏データを含む 2 つ目のホスト ベクター タイル レイヤーを公開します。これが置換レイヤーです。

また、実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツを更新するたびに、そのアーカイブを維持します。こうすると、置換コンテンツに問題が見つかった場合に、ホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツを更新前の状態に戻すことができます。これを実現するために、現在のホスト ベクター タイル レイヤーの既存のコンテンツを、新しいホスト ベクター タイル レイヤーにアーカイブすることを選択します。

次の例では、到達圏と属性の変更を反映するように、現在のホスト ベクター タイル レイヤーである ServiceAreas を更新します。

  1. 更新されたデータを含むホスト ベクター タイル レイヤーを公開します。これは、現在のホスト ベクター タイル レイヤー内のコンテンツを置換するために使用するレイヤーです。

    たとえば、2019 年 9 月に 2 つの到達圏に新規顧客が追加され、2 つのエリアの境界が変更されました。エリア内の変化を反映するようにソース データを更新して、ServiceAreasUpdateSept という名前のホスト ベクター タイル レイヤーを公開します。境界エリアが変化したため、このレイヤーの新しいサムネイルも構成します。ただし、説明、サマリー、タグは変更する必要がないので、現在のレイヤーと同じ設定にします。

  2. ServiceAreas レイヤー (現在のレイヤー) のアイテム ページを開き、そのコンテンツを ServiceAreasUpdateSept (置換レイヤー) のコンテンツに置き換えます。[現在のレイヤーをアーカイブする] オプションを使用して、実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーの古いコンテンツを保存する 3 つ目のホスト ベクター タイル レイヤーを作成します。このレイヤーに、組織にとって意味のある名前を付けます。

    たとえば、この実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツは、2019 年 8 月時点の地区データを反映しています。そのため、新しいレイヤーは 2019 年 8 月時点の到達圏境界のアーカイブになるため、「ServiceAreasAug2019_arch」という名前を付けます。

  3. 境界の変化を反映するようにサムネイルを更新したため、[アイテム情報の置換] を有効にして、現在のホスト ベクター タイル レイヤーのサムネイルを置換レイヤーのサムネイルに置き換えます。
  4. 現在のレイヤーのコンテンツをアーカイブすると、置換レイヤーは削除されます。そのため、この例で現在のホスト ベクター タイル レイヤーのコンテンツを最初に置換した後は、次の 2 つのホスト ベクター タイル レイヤーが存在します。

    • ServiceAreas - これは、2019 年 9 月 30 日時点の到達圏の更新を含むようになった実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーです。
    • ServiceAreasAug2019_arch - このホスト ベクター タイル レイヤーには、2019 年 8 月時点の到達圏の状態が含まれています。

    置換ホスト ベクター タイル レイヤー (ServiceAreasUpdateSept) は削除されました。

  5. 10 月にはサービス担当者の 1 人が長期休暇を取ったので、一時スタッフを雇用します。このスタッフは 10 月 7 日から仕事を開始します。そのエリアのサービス担当者の属性情報を更新し、ServiceAreasUpdateOct という名前の置換レイヤーを公開します。
  6. ServiceAreas のコンテンツを ServiceAreasUpdateOct のコンテンツに置き換え、ServiceAreasOct62019_arch というレイヤーを作成して、アーカイブされたコンテンツを保存します。

    この例では、このプロセスの最後に次の 3 つのホスト ベクター タイル レイヤーが存在します。

    • ServiceAreas - これは、2019 年 10 月 7 日時点の到達圏の更新を含むようになった実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーです。
    • ServiceAreasOct62019_arch - このホスト ベクター タイル レイヤーには、2019 年 10 月 6 日時点の到達圏の状態が含まれています。
    • ServiceAreasAug2019_arch - このホスト ベクター タイル レイヤーには、2019 年 8 月時点の到達圏の状態が含まれています。

  7. 10 月の残りでは、到達圏の変更はありません。サービス担当者は 11 月 4 日に仕事に復帰します。サービス担当者の情報は 10 月 6 日から 11 月 4 日の間にレイヤーに加えられた変更のみだったので、ServiceAreasOct62019_arch レイヤーを使用して、実稼働レイヤーをサービス担当者が休暇を取る前の状態に戻すことができます。ServiceAreas レイヤーのコンテンツを ServiceAreasOct62019_arch で置き換えるとき、10 月 7 日から 11 月 3 日のレイヤーの状態を ServiceAreasOct7toNov32019_arch という新しいレイヤーにアーカイブできます。

    これで、次の 3 つのホスト ベクター タイル レイヤーができます。

    • ServiceAreas - これは、2019 年 11 月 4 日時点の到達圏の更新を含むようになった実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーです。
    • ServiceAreasAug2019_arch - このホスト ベクター タイル レイヤーには、2019 年 8 月時点の到達圏の状態が含まれています。
    • ServiceAreasOct7toNov32019_arch - このホスト ベクター タイル レイヤーには、一時スタッフを雇用していた間の到達圏の状態が含まれています。

到達圏に変更が必要なときは、引き続きコンテンツの置換に使用するレイヤーを作成し、現在のホスト ベクター タイル レイヤーを更新し、レイヤーのコンテンツをアーカイブするレイヤーを作成します。アーカイブされたコンテンツを保存するレイヤーは必要である限り維持して、以前の更新に戻すときに使用することができます。

このワークフローを使用する際は、次の点に留意してください。

  • アーカイブされたコンテンツを保存するレイヤーを整理するために、これらのレイヤーに専用のフォルダーを作成し、レイヤーをそこに移動します。
  • 実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーを古い状態に戻す必要がある場合に備えて、古いコンテンツをアーカイブするレイヤーを作成しましたが、これらのレイヤーを使用してデータを復元できるのは自分または管理者のみであるため、これらのレイヤーを共有する必要はないと思われます。
  • 置換レイヤーは削除されます。置換レイヤーに対して複数のスタイルを作成した場合、それらは機能しなくなります。それらは手動で削除できます。

置換レイヤーのスタイルを維持したい場合や、マップおよびアプリで置換レイヤーをテスト目的で使用する必要がある場合など、ワークフローで今後の使用のために置換レイヤーを維持する必要がある場合は、代わりに次の 2 つのワークフローのいずれかを使用します。

置換レイヤーの維持

テストなどの用途で置換レイヤーを維持できます。置換レイヤーを維持する必要があり、各更新の前に現在のホスト ベクター タイル レイヤーの状態をスナップショットとして含むレイヤーを複数維持する必要がない場合は、現在のレイヤーと置換レイヤーとの間でコンテンツを入れ替えることができます。置換レイヤーを維持する 1 つの例は、現在のレイヤーに変更を反映させる前に、更新内容をテストするために使用する場合です。このセクションでは、この品質管理ワークフローの概要を説明します。

引き続き到達圏の例を使用します。新しいレイヤーにコンテンツをアーカイブする必要はなく、代わりに品質管理のテストに使用できるレイヤーが必要であるとします。このテストのために置換レイヤーを使用できます。置換レイヤーを含むマップおよびアプリを開いて、スタイルが引き続き機能し、正しいデータが正しい範囲に表示され、必要に応じてレイヤーがオフライン マップでも機能することを確認できます。

この例では、次の 3 つのホスト ベクター タイル レイヤーを使用します。そのうちの 2 つは維持し、1 つは削除します。

  • ServiceAreas - これは、組織のメンバーがマップ内で使用する実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーです。
  • ServiceAreasQC - このレイヤーを使用して、更新内容を ServiceAreas レイヤーに反映させる前にコンテンツとスタイルを確認します。これは置換レイヤーですが、作成した Web マップおよびアプリはこのレイヤーをテスト レイヤーの更新の一部として参照するため、削除しません。
  • ServiceAreaUpdates - 到達圏ソース データを更新するたびに、データの更新を含むホスト ベクター タイル レイヤーを公開します。このレイヤーを使用して、品質管理レイヤーのコンテンツを更新します。ServiceAreasQC のコンテンツを ServiceAreaUpdates のコンテンツに置き換えた後は、ServiceAreaUpdates を削除します。

このワークフローの概要は次のとおりです。

  1. 到達圏ソース データを更新し、ServiceAreaUpdates ホスト ベクター タイル レイヤーを公開します。

    たとえば、新しい顧客の結果として 2 つの到達圏の境界が変化した後に、ソース データを更新して、ServiceAreaUpdates ホスト ベクター タイル レイヤーを公開します。

  2. ServiceAreasQC のアイテム ページを開き、そのコンテンツを ServiceAreaUpdates のコンテンツに置き換えます。この手順では、ServiceAreasQC が現在のレイヤー、ServiceAreaUpdates が置換レイヤーと考えられています。[アーカイブとして置換レイヤーを使用] オプションを選択します。これにより、ServiceAreaUpdates のコンテンツが ServiceAreasQC に移動し、ServiceAreasQC の現在のコンテンツが ServiceAreaUpdates に移動します。
  3. この目的で作成されたマップおよびアプリを使用して、更新された ServiceAreasQC レイヤーをテストします。更新により問題が発生しないことを確認したら、ServiceAreas レイヤーのコンテンツを ServiceAreasQC のコンテンツで更新します。ServiceAreasQC レイヤーが削除されないように、[アーカイブとして置換レイヤーを使用] をもう一度選択します。

    この手順では、ServiceAreas が現在のレイヤーで、ServiceAreasQC が置換レイヤーです。

  4. これで、更新内容をテストし、実稼働レイヤーのコンテンツを更新するプロセスが完了したので、[マイ コンテンツ] から [ServiceAreaUpdates] レイヤーを削除できます。

到達圏ソース データに変更があれば、常にこれらの手順を繰り返します。

このワークフローを使用する際は、次の点に留意してください。

  • アーカイブされたデータを保存するために、別のホスト ベクター タイル レイヤーは作成しません。ただし、テストに使用する置換レイヤー (この例では ServiceAreasQC) には、現在のレイヤーのコンテンツが更新前の状態で含まれています。つまり、このテスト レイヤーを使用して、必要な場合は古いコンテンツを現在のレイヤーに復元できます。
  • 現在のレイヤーのコンテンツを置換する前に他のユーザーが更新内容をテストする必要がある場合、これらのメンバーを含むグループで置換レイヤーを共有します。

置換レイヤーの維持と新しいレイヤーへのコンテンツのアーカイブ

品質管理レイヤーとアーカイブされたコンテンツのレイヤーが必要な場合はどうでしょうか? 上記 2 つのワークフローを組み合わせて、現在のレイヤーのコンテンツを更新し、置換レイヤーを維持して、変更内容をアーカイブするレイヤーを作成できます。

  1. 前のセクションの手順 1 ~ 3 を実行します。この例では、これらの手順を最初に実行すると、次の 3 つのホスト ベクター タイル レイヤーができます。

    • ServiceAreas - このレイヤーには最新の更新内容が含まれています。
    • ServiceAreasQC - このレイヤーには、更新する前の ServiceAreas レイヤーのコンテンツが含まれています。そのため、一時的に古い ServiceAreas コンテンツのアーカイブになっています。
    • ServiceAreaUpdates - このレイヤーには、コンテンツを置換する前の ServiceAreasQC のコンテンツが含まれています。

  2. 次に、ServiceAreaUpdates レイヤーを使用して、ServiceAreasQC のコンテンツに 2 回目の置換を行います。このシナリオでは、ServiceAreasQC が現在のレイヤーで、ServiceAreaUpdates が置換レイヤーです。しかし今回は、[現在のレイヤーをアーカイブする] オプションを選択して、ホスト ベクター タイル レイヤーを作成し、ServiceAreasQC のコンテンツをアーカイブします。このプロセスの結果は次のようになります。

    • 古い ServiceAreas コンテンツのアーカイブとしての役割を果たすホスト ベクター タイル レイヤー。ServiceAreasQC にはアーカイブされた ServiceAreas コンテンツが含まれていたため、そのコンテンツを別のホスト ベクター タイル レイヤーに移動しました。そのコンテンツを反映するように、このレイヤーに適切な名前を付けます。
    • ServiceAreasQC レイヤーは、ServiceAreaUpdates レイヤーの更新されたコンテンツで置換される前の状態に戻ります。
    • ServiceAreaUpdates レイヤーは削除されます。

たとえば、このワークフローを 2019 年 9 月の到達圏境界の更新に使用した場合、ServiceAreas には 2019 年 9 月の更新が含まれます。それ以前のアーカイブされた到達圏コンテンツを保存するレイヤーには 2019 年 8 月の到達圏が含まれるため、このレイヤーの名前を ServiceAreasAug2019_arch にして、アーカイブ フォルダーに移動できます。ServiceAreasQC にも、2019 年 8 月のコンテンツが含まれています。

このワークフローをもう一度実行して到達圏ソース データから ServiceAreas レイヤーに 10 月 7 日の編集内容を反映すると、10 月 7 日のコンテンツが含まれる ServiceAreas レイヤー、到達圏の以前の状態を反映したアーカイブ データのレイヤー (ServiceAreasOct62019_arch)、および 2019 年 8 月のアーカイブされたコンテンツを含むレイヤー (ServiceAreasAug2019_arch) ができます。ServiceAreasQC には、8 月のコンテンツも含まれたままです。

サービス担当者が 11 月 4 日に休暇から帰ってきたら、ServiceAreasOct62019_arch レイヤーを使用して実稼働レイヤーを、サービス担当者が休暇を取る前の状態に戻すことができます。このセクションでリストした手順ServiceAreasOct62019_arch レイヤーを ServiceAreaUpdates レイヤーの代わりに使用します。

このワークフローを使用する際は、次の点に留意してください。

  • 最初のワークフローと同様に、フォルダーを作成して、アーカイブされたコンテンツを保存するレイヤーをそこに移動すると、これらのレイヤーを整理できます。
  • 実稼働ホスト ベクター タイル レイヤーを古い状態に戻す必要がある場合に備えて、別々のレイヤーにコンテンツをアーカイブしましたが、これらのレイヤーを使用してデータを復元できるのは自分または管理者のみであるため、これらのレイヤーを共有する必要はないと思われます。
  • ServiceAreasQC 置換レイヤーは [マイ コンテンツ] に残るため、品質管理テストを簡単に複製できます。その結果、このレイヤーのコンテンツは、このテスト ワークフローの状況のみに関連します。このレイヤーを共有する唯一の理由は、コンテンツを使用して実稼働レイヤーを更新する前に、他のユーザーが更新内容をテストする必要がある場合のみです。

現在のレイヤーに悪影響を及ぼす可能性がある置換レイヤーの変更

置換レイヤーで次に示す変更を行うと、特にレイヤーに他のスタイルを作成した場合に、置換対象のホスト ベクター タイル レイヤーに予期しない動作が発生することがあります。

  • ArcGIS Pro で置換ホスト ベクター タイル レイヤーまたはパッケージを公開する前にマップからレイヤーを削除する。
  • ArcGIS Pro で置換ホスト ベクター タイル レイヤーまたはパッケージを公開する前にマップにレイヤーを追加する。
  • ArcGIS Pro で置換ホスト ベクター タイル レイヤーまたはパッケージを公開する前にマップ内で 1 つ以上のレイヤーの名前を変更する。
  • ArcGIS Pro で置換ホスト ベクター タイル レイヤーまたはパッケージを公開する前にマップ内でレイヤーのシンボルを変更する。
  • 現在のホスト ベクター タイル レイヤーがオフラインで使用できる場合は、置換レイヤーも必ずオフラインで使用できるようにします。置換レイヤーがオフライン モードで有効でない場合、現在のレイヤーはコンテンツを置換した後にオフラインでの使用が有効でなくなります。

上記のいずれかの変更を置換レイヤーで行う場合は、スタイルを表示して、変更内容に問題がないことを確認してから、現在のレイヤーに置換レイヤーを挿入するプロセスを完了してください。

この動作は、変更内容によって変わる可能性があります。たとえば、レイヤーを追加すると、他のスタイルは置換前に定義されたレイヤーを引き続き表示しますが、スタイルの所有者がスタイルを再作成しない限り、追加されたレイヤーは表示しない可能性があります。