Skip To Content

ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services アプリによる配置のアップグレード

ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services アプリを使用して ArcGIS Enterprise または ArcGIS Server 配置を作成した場合、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services アプリを使用して配置をアップグレードできます。

アップグレード前の作業

配置をアップグレードする前に、次の情報を確認します。

  • 現時点では、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services アプリで作成した 10.7.1 配置のみをアップグレードできます。
  • ArcGIS Enterprise Cloud Builder Command Line Interface for Amazon Web Services を使用して配置をアップグレードすることはできません。
  • アップグレードするバージョンに必要な ArcGIS ライセンスを所有しているを確認してください。ライセンスは、My Esri からダウンロードできます。
  • 最新バージョンの ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Servicesダウンロードおよびインストールする必要があります。
  • アップグレードする前に、新しいバージョンの ArcGIS Enterprise Amazon Machine Images (AMI) の AWS Marketplace の利用条件に同意してください。
  • 配置のバックアップを作成して、アップグレードに問題があった場合に復元できるようにします。アップグレードが失敗すると、Cloud Builder では配置を元の状態に復元できない場合があります。

    Portal for ArcGIS に付属している webgisdr ユーティリティを使用して、ArcGIS Enterprise 配置内のほとんどのコンポーネントのバックアップを作成できます。ただし、ビッグ データ ストアはこのバックアップの対象外です。配置にビッグ データ ストアが含まれている場合は、ArcGIS Data Store backupdatastore ユーティリティを使用して、個別にバックアップを作成します。

配置のアップグレード

Cloud Builder アプリを使用し、次の手順に従ってサポートされている配置をアップグレードします。

  1. ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services を展開した場所を参照し、Cloudbuilder.exe ファイルをダブルクリックして ArcGIS Enterprise Cloud Builder for Amazon Web Services アプリを開きます。
  2. 次のいずれかの方法で、Amazon Web Services アカウントに接続します。
    • アカウントのアクセス キー ID とシークレット アクセス キーを入力し、[Sign In (サイン イン)] をクリックします。
    • Amazon Web Services を実行するコンピューターで定義した Cloud Builder プロファイルを選択し、[Sign In (サイン イン)] をクリックします。ローカル プロファイルの構成については、AWS のドキュメントをご参照ください。

    Cloud BuilderAWS アカウントに接続されると、[Deployment (配置)] ページが開きます。

  3. アップグレードする配置の横にある [既存の配置のアップグレード] ボタン 配置のアップグレード をクリックします。

    このボタンは、ArcGIS Enterprise Cloud Builder for AWS アプリを使用して配置が作成され、配置ステータスが [完了] の場合にのみ使用できます。

    [配置のアップグレード チェックリスト] ページが開きます。

  4. [配置のアップグレード チェックリスト] ページのすべての項目を読み、各項目が完了していることを確認します。すべてのチェックリスト項目が完了していない場合は、[キャンセル] をクリックして Cloud Builder を終了します。チェックリストのすべての項目が完了したら、再度実行できます。すべての項目が完了するまで作業を先に進めないでください。
  5. チェックリストのすべての項目をチェックして完了したことを確認したら、[次へ] をクリックして [ライセンス ファイル] ページに進みます。
  6. 配置タイプに応じて、適切な [ライセンス ファイル] ページが順番に表示されます。たとえば、ArcGIS Enterprise 配置とフェデレーション ArcGIS Image Server サイトがある場合、ArcGIS Enterprise コンポーネント (Portal for ArcGIS およびホスティング サーバー) のページと ArcGIS Image Server のページが表示されます。
  7. [ライセンス ファイル] ページで、適切なライセンス ファイルを選択またはアップロードします。配置内のすべてのライセンスが同じリリース向けであることを確認してください。
    • 今回の配置が最新リリースにアップグレードする最初の配置である場合、ライセンス ファイルを Cloud Builder Amazon Simple Storage Service (S3) 配置バケットにアップロードする必要があります。[アップロード] ボタン アップロード をクリックし、ローカル ディスク上のライセンス ファイルを参照して、[アップロード] をクリックします。この操作を、配置内の固有のライセンスごとに実行します。
    • この配置をアップグレードする前に別の配置を最新リリースにアップグレードした場合、ライセンス ファイルをドロップダウン リストから選択できるようになります。
  8. ArcGIS Enterprise ポータルをアップグレードする場合は、[ポータル ユーザー ライセンス タイプ] ドロップダウン リストから適格なユーザー タイプを選択する必要があります。

    このリストは、Portal for ArcGIS ライセンス ファイルの値から設定されます。

  9. 必要なすべてのライセンス ファイルを選択またはアップロードし、(必要に応じて) ユーザー タイプを選択したら、[次へ] をクリックして配置のサマリーに進みます。
  10. 配置のサマリーを確認します。サマリーの各セクションを展開して、ライセンス バージョンなどの情報が正しいことを確認します。[ダウンロード] をクリックして、サマリー情報を含む JSON ファイルを保存できます。
  11. サマリー情報が正しければ [アップグレード] をクリックします。
    注意:

    アップグレードが完了するまで、進行状況ウィンドウや Cloud Builder アプリは閉じないでください。

配置が正常にアップグレードされると、配置ステータスに [完了] と表示され、配置タイプのリンクをクリックするとポータルまたは ArcGIS Server Manager を開くことができます。

配置のアップグレードが失敗した場合、この配置を削除し、アップグレード前に作成したバックアップから復元する必要があります。