Skip To Content

ArcGIS Server 10.8 の新機能

ArcGIS Server 10.8 では、新たな拡張機能、ツール、およびバグ修正を提供しています。10.8 で修正された問題の一覧は、「10.8 で修正された問題の一覧」をご参照ください。

備考:

10.8 の新しい認証ファイルでソフトウェアを再認証する必要があります。My Esri で新しい認証ファイルにアクセスできます。

製品リリース情報」を参照して、お使いのハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントがバージョン 10.8 と互換性があるかどうかを判断し、廃止された機能のリストを確認することをお勧めします。ArcGIS Server 10.8 と互換性のある以前の ArcGIS 製品バージョンを確認するには、「ArcGIS Server と以前のバージョンとの互換性」をご参照ください。

ArcGIS Server 10.2.2 またはそれより前のバージョンから 10.8 へのアップグレードはサポートされていません。ArcGIS Server サイトを 10.8 にアップグレードするには、まず、バージョン 10.3 以降にアップグレードしてから、10.8 にアップグレードしてください。

10.8 の新機能と開発内容について、以下のセクションで説明します。

サービスと公開

ArcMap でマップを作成して ArcGIS GIS Server 10.8 サイトでフィーチャ サービスを公開すると (フィーチャ アクセスが有効なマップ サービス)、フィーチャ サービスは、マップ内のレイヤーについて定義しているフィールドの順序を維持します

ArcGIS Pro から公開されたマップ サービスが、exportidentifyfind、および queryLegends 操作で次の 2 つの新しいパラメーターをサポートするようになりました。

  • clipping は、クリップ ポリゴンの外部にあるレイヤーの一部をマスクします。入力クリップ ジオメトリはポリゴンである必要があります。クリッピングは、ラスター レイヤー、TIN レイヤーを含むすべてのレイヤー タイプでサポートされています。
    クリッピングの例
  • spatialFilter は、空間フィルター基準を満たす機能だけを描画または検索するように、サービスに指示します。これは、フィーチャ レイヤーでのみサポートされています。入力ジオメトリとして、ポリゴン、ライン、エンベロープ、またはポイントを指定できます。[交差する]、[含まれる]、[含む] など、マップおよびフィーチャ サービス クエリで使用されるすべての空間リレーションシップがサポートされています。
    空間フィルターの例

バージョン 10.8 では、[ルート検索サービスの公開] コマンド ライン ユーティリティが改良されています。ツールで作成されたルート検索サービスは、パフォーマンスが強化され、次に示すいくつかの新しい機能を備えています。

  • GenerateServiceAreas サービスを使用すると、到達圏ポリゴンに加えて、到達圏ラインを作成できます。また、このサービスを使用する際に、施設ごとに移動カットオフを指定することもできます。
  • VehicleRoutingProblem サービスは、割り当てストップと未割り当てストップの形状を返すことができます。
  • GenerateOriginDestinationCostMatrix サービスが、OD コスト マトリックスを CSV ファイルとして返すことができるようになりました。
  • ユーティリティが、モバイル マップ パッケージからと同様に、エンタープライズ ジオデータベース内部のネットワーク データセットからサービスを公開できるようになりました。

サーバー管理

ArcGIS Pro から ArcGIS Server 10.8 に公開された、互換性があるマップ サービスは、デフォルトでは、最初、共有インスタンス プールを使用します。これは、バージョン 10.8 で作成された新しい ArcGIS Server サイトにのみ当てはまります。旧バージョンからアップグレードされたサイトは、すべてそのデフォルト公開設定を維持します。このデフォルト インスタンス タイプは、Server Manager で変更できます。互換性がある個々のマップ サービスのインスタンス タイプも変更できます。

備考:

共有インスタンス プールを使用できるサービスは、ArcGIS Pro から、マップ、フィーチャ、WFS、WMS、または KML サービスとして公開する必要があります。これらはキャッシュ サービスの可能性がありますが、カスタムのサーバー オブジェクト エクステンション (SOE) やサーバー オブジェクト インターセプター (SOI) を持つことはできません。

共有インスタンスと専用インスタンスの詳細

ArcGIS Server コンピューターの underMaintenance フラグは、非同期ジオプロセシング ジョブに影響を与えるようになりました。10.8 では、プロパティ underMaintenance=true のコンピューターは、非同期ジオプロセシング ジョブのリクエストを受信せず、他のサービス リクエストも受信しません。この値を変更するには、ArcGIS Server Administrator Directory の [コンピューターの編集] 操作を使用できます。

ArcGIS Serverjoin-site コマンド ライン ユーティリティに、コンピューターがサーバー サイトに参加した際に underMaintenance フラグをオンにするオプションが追加されました。フラグがオンの場合、サイトはコンピューターにサービス リクエストを転送しません。サービス リクエストの受信を許可する前に、コンピューターがサイトに正常に追加されたかどうかを確認する場合に、このオプションを選択します。

ArcGIS Server では、Java または .NET を使用するカスタム アイデンティティ ストアは、サポートされなくなりました。サーバー サイトでカスタム アイデンティティ ストアを構成しないでください。

データ ソース

  • ポータル管理者は、ArcGIS Server Manager の新しいオプションを使用して、フェデレーション サーバーに直接登録された既存のデータ ストアのデータ ストア アイテムを作成できます。これにより、バージョン 10.7.1 で使用されたワークフローが置き換えられます。
  • ArcGIS Server Manager のデータ ストア ページで、Amazon Web Services (AWS) および Alibaba 上にプライベート クラウド ストレージの場所を登録できるようになりました。プライベート クラウド ストアの URL をサポートされている地域のリストに追加するために、ローカル ファイルで JSON を編集する必要がなくなりました。
  • ArcGIS が Oracle 19c および IBM Db2 V12 for z/OS をサポートするようになりました。
  • My Esri からダウンロードしたワークグループ データベース サーバーのセットアップ ファイルに、Microsoft SQL Server 2017 Express が含まれるようになりました。

その他の ArcGIS Enterprise コンポーネント

Portal for ArcGISArcGIS Data Store、および ArcGIS REST API Services Directory の新機能については、以下をご参照ください。