Skip To Content

クライアントとジオデータベースの互換性

さまざまな ArcGIS クライアント ソフトウェアを使用して、ジオデータベースにアクセスできます。 次に例を示します。

  • ArcGIS Pro (ファイル ジオデータベース、モバイル ジオデータベース、およびエンタープライズ ジオデータベースへの接続をサポート)
  • ArcMap (ArcCatalogArcGlobe、および ArcScene を含み、パーソナル ジオデータベース、ファイル ジオデータベース、デスクトップ ジオデータベース、ワークグループ ジオデータベース、およびエンタープライズ ジオデータベースへの接続をサポート)
  • ArcGIS Server サービス (ファイル ジオデータベース、ワークグループ ジオデータベース、およびエンタープライズ ジオデータベースへの接続をサポート)

互換性のあるバージョン

ジオデータベースと ArcGIS クライアントを同じバージョンにしておく必要はありませんが、同じバージョンにしておくことをお勧めします。 ジオデータベースとクライアント ソフトウェアは連携して動作するように設計されており、一方のバージョンがもう一方のバージョンとかけ離れると、問題や予期しない動作が生じるリスクがあります。

これは、サイトで複数のクライアント バージョンを使用する場合に特に当てはまります。 新しいクライアントは、ジオデータベースに古いクライアントがアクセスできない新しいデータベース タイプを作成できます。 エンタープライズ ジオデータベースの場合、ジオデータベースのアップグレード間隔が長すぎると、ジオデータベースをアップグレードする前に、基礎になるデータベースを複数回アップグレードする必要があることがあります。

エンタープライズ ジオデータベースのジオデータベース バージョンは、システム テーブルに格納されます。 これは、ジオデータベースの作成またはアップグレードに使用したクライアント バージョンを示しています。 たとえば、エンタープライズ ジオデータベースを ArcMap 10.6.1 から作成した場合、そのジオデータベースのバージョンは 10.6.1 になります。 同じジオデータベースを後から ArcGIS Pro 2.6 を使用してアップグレードした場合は、ジオデータベース バージョンは 10.8.1.2.6 になります。 このジオデータベース バージョンは主に Esri サポートが問題解決のために使用しているもので、ユーザーが使用できる機能をすべて反映しているわけではありません。ジオデータベース機能の多くは、ジオデータベースそのものではなく、ジオデータベースにアクセスするクライアントに実装されているからです。

エンタープライズ ジオデータベースでは、ジオデータベースのバージョンは、ジオデータベースの作成やアップグレードに使用されたソフトウェア バージョンのみを反映することがほとんどです。 ファイル ジオデータベースのバージョンは 10.1 以降変化していません。

互換性には次のルールが適用されます。

  • クライアントとジオデータベースには、サポート対象バージョンの ArcGIS を使用してください。
  • エンタープライズ ジオデータベースは、ジオデータベースと使用する ArcGIS リリースの両方でサポートされているデータベース リリースに格納する必要があります。 ArcGIS クライアント コンピューターにインストールするデータベース クライアントが、使用する ArcGIS のバージョンに対応している必要があります。 サポートされているデータベースおよびデータベース クライアントのリリースの詳細については、次のページをご参照ください。 古いソフトウェア バージョンとその他のオペレーティング システムの情報については、[他のバージョン] ドロップダウン リストを使用してご参照ください。
  • ArcGIS クライアントには、当該クライアントの API も含まれています。 このため、API を使用してジオデータベースにアクセスする場合も、同様の混在したリリースのルールが適用されます。
  • クライアントを ArcGIS CollectorArcGIS Survey123 などの ArcGIS Server サービスに接続して使用する場合、実際には ArcGIS Server がジオデータベースのクライアントになります。 この場合は、ArcGIS Server とジオデータベースのバージョンに互換性があることを確認してください。
  • 古い ArcGIS クライアントでは、新しいリリースのジオデータベースのデータを表示、検索、編集、および保存することはできますが、新しい機能が含まれたデータセットを開くことはできません。 古い ArcGIS クライアントから新しいデータセット タイプにアクセスしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

    このデータセットは、このバージョンのジオデータベース クライアントとの互換性がないため開くことができません。

    データを追加できませんでした。データ タイプがサポートされていません。

  • 新しい ArcGIS クライアントから古いリリースのエンタープライズ ジオデータベースに接続する際、そのリリースのジオデータベースに最新のパッチが存在する場合は、そのパッチをジオデータベースに適用します。
  • ジオデータベース レプリケーションを使用する場合、子レプリカ ジオデータベースのバージョンは親レプリカ ジオデータベースと同じかそれ以降でなければなりません。 詳細については、「レプリケーションとジオデータベースの互換性」をご参照ください。
  • ArcMap を使用して、ArcGIS Pro に固有の機能を使用しているデータセットにアクセスすることはできません。 たとえば、ブランチ バージョン対応データセット、ユーティリティ ネットワーク、または ArcMap の属性ルールを含むデータセットにはアクセスできません。
  • ジオデータベースをアップグレードし、[データセットのアップグレード (Upgrade Dataset)] ジオプロセシング ツールを使用して特定のデータセットをアップグレードした場合、ArcMap からデータセットを開くことができない場合があります。

ジオデータベースのアップグレードが必要な状況

ジオデータベースとクライアントのバージョンをできるだけ近づけることをお勧めします。 場合によっては、ジオデータベースをアップグレードする必要があります。 次のいずれかに該当する場合には、ジオデータベースのアップグレードが必要です。

  • 使用しているバージョンのクライアントでは、使用したいバージョンのジオデータベースに接続できない場合 エンタープライズ ジオデータベースの場合、使用中のクライアント リリースは使用中のデータベース管理システム バージョンに接続できない可能性があります。その場合は、新しいクライアントから接続するには、データベースとジオデータベースの両方をアップグレードする必要があります。
  • 新しいリリースのジオデータベースで追加された機能を利用したい場合 ジオデータベースの新機能およびデータセット タイプについては、各バージョンの「ArcGIS Pro の新機能」をご参照ください。 新しいデータセット タイプを作成したり、パーセル ファブリックなどのデータセットをアップグレードしたり、ObjectID フィールドを 64 ビットの整数にアップグレードしたりすると、古いクライアントがデータセットにアクセスできなくなることに注意してください。

ジオデータベースのアップグレードの詳細については、お使いのジオデータベースのタイプに応じたアップグレード トピックをご参照ください。

ファイル ジオデータベース

ファイル ジオデータベースのアップグレード

Linux または Microsoft Windows 上の Db2 のジオデータベース

Db2 でのジオデータベースのアップグレード

Oracle のジオデータベース

Oracle でのジオデータベースのアップグレード

PostgreSQL のジオデータベース

PostgreSQL でのジオデータベースのアップグレード

SAP HANA のジオデータベース

SAP HANA でのジオデータベースのアップグレード

SQL Server のエンタープライズ ジオデータベース

SQL Server でのジオデータベースのアップグレード

ジオデータベース バージョン

場合によっては、特定の機能を利用するために、ジオデータベースの特定のバージョンを必要とすることがドキュメントに記載されています。 通常、そのバージョンはジオデータベースの 10.x バージョンとして表示されます。 前述したように、ArcGIS Pro でエンタープライズ ジオデータベースの作成またはアップグレードを行うと、ジオデータベースのバージョン番号は 10.x と ArcGIS Pro リリース番号の組み合わせになります。 10.x クライアントからジオデータベースの作成またはアップグレードを行うと、ジオデータベースのバージョンは 10.x リリース番号のみになります。

次の表の情報は、ArcGIS Pro からジオデータベースの作成またはアップグレードを行うときにそのジオデータベースに格納されるジオデータベース バージョンを確認するために使用できます。

ArcGIS Pro リリース対応する 10.x リリースジオデータベース バージョン

2.2

10.6.1

10.6.1.2.2

2.3

10.7

10.7.0.2.3

2.4

10.7.1

10.7.1.2.4

2.5

10.8

10.8.0.2.5

2.6

10.8.1

10.8.1.2.6

2.7

10.9

10.9.0.2.7

2.8

10.9

10.9.0.2.8