Skip To Content

ArcGIS Enterprise での OGC のサポート

OGC (Open Geospatial Consortium) Web サービスを使用すると、公開され、国際的に認知された形式でマップとデータを Web 上で利用できます。 OGC は、Web ベース (ArcGIS Enterprise ポータルの Map Viewer 内のものなど) であるかリッチ デスクトップ クライアント (ArcGIS Pro など) であるかに関係なく、サポートされたクライアント アプリケーションによって、マップとデータを Web 上で利用可能にするための仕様を定義します。

ArcGIS Server での OGC 公開ケーパビリティ

OGC は、さまざまな種類のデータとマップを提供するための各種サービスを定義します。 ArcGIS Enterprise は、次の OGC サービス タイプをサポートしています。

  • レイヤーのコレクションをマップ イメージとして提供する Web Map Service (WMS)
  • マップ レイヤーをキャッシュされたマップ タイルとして提供する Web Map Tile Service (WMTS)
  • データをベクター フィーチャとして提供する Web Feature Service (WFS) および OGC API Features Service
  • データをラスター カバレッジとして提供する WCS (Web Coverage Service)
  • 地理空間処理を提供する Web Processing Service (WPS)

これらのサービスを公開するには、特定のタイプの ArcGIS Server サービスでケーパビリティを有効にします。 サービスを作成する際には、OGC ケーパビリティを明示的に有効にしてください。ケーパビリティはデフォルトでは有効になっていません。

次の表に、OGC ケーパビリティを提供できるサービス タイプを示します。

サービス タイプWCSWFS OGC フィーチャWMSWMTSWPS

マップ サービス

はいはいはいはい

ジオデータ サービス

はい

イメージ サービス

はい

はいはい

ジオプロセシング サービス

はい

OGC サービスの使用

組織内または組織外のどちらでホストされているものでも、OGC サービスは Esri ソフトウェアを使用して利用できます。

OGC サービスのセキュリティ

OGC サービスをセキュリティで保護するには、親サービスのセキュリティを管理します。 たとえば、特定のロールがマップ サービスへのアクセスを拒否された場合、このロールのユーザーは、SOAP、REST (Representational State Transfer)、または OGC インターフェイス (WMS、WMTS、WFS、WCS、WPS、OGC フィーチャ) を介してマップ サービスにアクセスできません。

ArcGIS Server は複数の認証方式をサポートしています。 OGC インターフェイス経由でのアクセスが想定されるサービスについては、HTTP 基本認証、HTTP ダイジェスト認証、または統合 Windows 認証を使って保護する必要があります。 ほとんどの OGC クライアントは、広く使用されているこれらの標準認証方式に対応します。

参考トピック

ArcGIS Server サイトへの OGC サービスの公開に関する詳細については、次のリンクをご参照ください。

OGC サービスの詳細については、OGC の Web サイトをご参照ください。