Skip To Content

ArcGIS Enterprise のシステム要件

ArcGIS Enterprise はマッピング、視覚化、データ管理、解析用のシステムを提供するだけでなく、オンプレミス、クラウド、仮想コンピューターでの使用を可能にする柔軟な配置モデルを備えています。

ArcGIS Enterprise の基本配置には、連携して動作するように設計された複数のコンポーネントが含まれています。これらのコンポーネントに加え、1 つ以上の ArcGIS Server ライセンス ロールや他の ArcGIS Server タイプを ArcGIS Enterprise 配置に追加して、組織の特定のワークフロー要件を満たすことができます。

このページには、クラウドおよび仮想化サポート ポリシーなど、ArcGIS Enterprise 配置の大部分に共通するサポート情報が含まれています。また、ArcGIS Enterprise 配置内の各コンポーネントおよびサイトの要件を理解できる他のページへのリンクも用意されています。

システム要件のページ

ArcGIS Enterprise コンポーネントには、そのコンポーネント固有の特定の要件があります。配置する各コンポーネント、サイト、アプリのシステム要件ページと、ArcGIS Enterprise BuilderArcGIS Enterprise SDK などのツールの要件ページをお読みください。次のリンクを使用して、各ページにアクセスします

ArcGIS Workflow Manager の要件は ArcGIS Server と同じです。

ArcGIS GeoAnalytics Server の要件については、「GeoAnalytics Server サイトに関するベスト プラクティス」をご参照ください。

Microsoft Windows オペレーティング システム要件

次の Windows オペレーティング システムは、ほとんどの ArcGIS Enterprise コンポーネントとサイトでサポートされています。現時点での例外は ArcGIS Notebook Server です。

サポートされているオペレーティング システム検証済みの最新アップデートまたはサービス パック

Windows Server 2019 Standard および Datacenter

2020 年 6 月更新

Windows Server 2016 Standard および Datacenter

2020 年 6 月更新

Windows Server 2012 R2 Standard および Datacenter

2020 年 6 月更新

Windows Server 2012 Standard および Datacenter

2020 年 6 月更新

特に指定がない限り、これらのオペレーティング システムのバージョンに関して過去と今後のアップデートまたはサービス パックはサポートされています。また、オペレーティング システムのバージョンとアップデートはオペレーティング システムのプロバイダーでもサポートされている必要があります。

メモ:

Windows Server のすべてのバージョンで、[デスクトップ エクスペリエンス] オプションが必要です。

その他のオペレーティング システム要件については、インストールする各コンポーネントのページをご参照ください。Windows で ArcGIS を使用する際の制限については、「オペレーティング システムの制限 - Windows」をご参照ください。

ファイアウォールの設定

ArcGIS Enterprise 配置内の各コンポーネントは、特定のポート群を経由して通信します。コンピューター間の通信にポートが使用される場合、コンピューターのファイアウォールでそのポートを開く必要があります。ポートが内部通信に使用される場合、そのポートがコンピューターで実行されている別のアプリケーションによって使用されていないことを確認してください。

次のリストとリンクを参照して、ArcGIS Enterprise に配置する可能性のある各コンポーネントで使用されるすべてのポートを確認します。

ArcGIS Enterprise 配置で使用されるポートのダイアグラムを表示します。

サポートされる Web ブラウザー

ほとんどの ArcGIS Enterprise コンポーネントには、Web ブラウザーからアクセスするウィザードまたはインターフェイスが含まれています。次のブラウザーは、ほとんどのコンポーネントでサポートされています。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Microsoft Internet Explorer 11*
  • Microsoft Edge (新規) および Edge Legacy (Edge Legacy がサポートされている最後のリリースです。)

一部のコンポーネントでは他のブラウザーもサポートされており、上にあげたブラウザーすべてをサポートしないコンポーネントもあります。その他のブラウザーがサポートされているかどうかと、機能制限を判断するには、各コンポーネントのページをご参照ください。

*Internet Explorer 11 の使用は、このリリースでは非推奨になりました。Esri は、上記の他のブラウザーのいずれかに移行することを強くお勧めします。現在のリリースでは Internet Explorer 11 が引き続きサポートされていますが、Internet Explorer 11 の使用は一般的にお勧めしません。サポートも今後のリリースで廃止される予定です。サポートが終了する前に、再度お知らせします。

ArcGIS StoryMapsArcGIS Experience BuilderInternet Explorer 11 をサポートしていません。

クラウド プラットフォーム上の ArcGIS Enterprise

多くのクラウド プラットフォーム上で ArcGIS Enterprise を配置できます。仮想コンピューターを提供するクラウド プラットフォームはどれも、仮想コンピューターがオペレーティング システムとシステムの仕様に対する基本的なシステム要件を満たす場合、ArcGIS Enterprise での使用がサポートされています。

Esri では、基本的なサポートに加えて、一般的な 2 つのクラウド プラットフォームの Amazon Web Services (AWS)Microsoft Azure で、配置ツールとあらかじめ作成された仮想コンピューター イメージを提供しています。これら 2 つのクラウド プラットフォーム上に配置する場合は、これらの専用ツールとイメージを使用して、配置およびテクニカル サポートを簡略化することをお勧めします。

Esri は、ArcGIS Enterprise 配置ツールがその通常動作の一環として作成および管理するもの以外については、クラウド インフラストラクチャのプロビジョニングおよび構成のテクニカル サポートを提供しません。Esri が専用の配置ツールを提供しないクラウド プラットフォームでは、サポートはソフトウェア固有の問題のトラブルシューティングに限られます。

ArcGIS Enterprise は、いくつかのクラウド プラットフォーム上のストレージやデータベースなど、ネイティブなクラウド機能もサポートします。たとえば、Amazon Simple Storage Service (S3)Microsoft Azure SQL Database などです。サポートされているネイティブ クラウド機能については、各 ArcGIS コンポーネントのドキュメントをご参照ください。

メモ:

クラウド プラットフォームに ArcGIS Notebook Server を実装するには、追加の要件があります。詳細については、「ArcGIS Notebook Server のシステム要件」をご参照ください。

サポートされている仮想化環境

ArcGIS Enterprise のすべてのコンポーネントは、サポートされているオペレーティング システムで実行する限り、仮想化環境上の動作がサポートされています。ArcGIS Enterprise と一緒に、リレーショナル データベースなどのサードパーティ アプリケーションを実行する場合、そのアプリケーションが仮想環境でもサポートされている必要があります。仮想化のサポートについては、サードパーティ ベンダーに確認してください。

次の仮想化環境は、ArcGIS Enterprise およびそのコンポーネントで正常に機能することが確認されています。

  • VMware vSphere 6.5、6.7
  • Microsoft Hyper-V

上記のリストに含まれていても、保証やサポート レベルの向上を意味するものではありません。上記のリストに含まれていなくても、環境や特定のバージョンがサポートされていないことを意味するのではなく、Esri またはそのパートナーが明示的にテストした環境またはバージョンではないことを意味しています。

詳細については、「仮想化と ArcGIS Server」をご参照ください。

ArcGIS Enterprise アーキテクチャ

各コンポーネント間で低遅延接続を実現するには、クラウド リージョンなどの 1 つのデータ センター (またはそれに相当するもの) 内に、単一配置用のすべての ArcGIS Enterprise コンポーネントをインストールする必要があります。

以下に例を示します。

  • 3 台のコンピューターを含む ArcGIS Server サイトがある場合、3 台のコンピューターすべてが同じデータ センターに存在する必要があります。コンピューターを複数のデータ センターに分割することはできません。
  • フェデレートされた ArcGIS Server サイト、サイトがフェデレートされたポータル、ポータルのホスティング サーバー、ArcGIS Data Store 配置内の各タイプの ArcGIS Enterprise は、同じデータ センターに存在する必要があります。
  • 可用性の高い Portal for ArcGIS 配置内の ArcGIS Data StoreArcGIS Server、および ArcGIS Enterprise コンピューターはすべて同じデータ センターに存在する必要があります。プライマリおよびスタンバイ コンピューターを別々のデータ センターに分割することはできません。

    単一のデータ センターによるデータの損失を防ぐには、別のデータ センターにセカンダリ配置を作成します。詳細については、「障害復旧とレプリケーション」をご参照ください。