Skip To Content

ArcGIS Server 10.7.x のシステム要件

ArcGIS Server を実行するためのシステム要件とハードウェア要件を次に示します。 以前のバージョンについては、Esri Support でご確認ください。

製品リリース情報を参照して、お使いのハードウェア コンポーネントやソフトウェア コンポーネントにバージョン 10.7.1 との互換性があるかどうかを確認することをお勧めします。

ArcGIS Notebook Server にはその他の要件があります。「ArcGIS Notebook Server のシステム要件」をご参照ください。

Microsoft Windows オペレーティング システム要件

以下の 64 ビット オペレーティング システムは、最低限必要なオペレーティング システム要件を満たしています。32 ビット オペレーティング システムはサポートされていないため、セットアップが実行されるのは、オペレーティング システムが 64 ビットの場合のみです。

アンダースコア (_) が含まれているコンピューター名はサポートされていません。いくつかの一般的に普及しているインターネット ホスト名に関する仕様では、アンダースコア文字を規格外と定めています。Microsoft Windows ではコンピューター名にアンダースコアを使用できますが、他のサーバーやプラットフォームを操作するときに問題が生じる可能性があります。このため、ホスト名にアンダースコアが含まれるサーバーでは ArcGIS Server はインストールされません。

ArcGIS Server はドメイン コントローラー上ではサポートされません。ArcGIS Server をドメイン コントローラー上にインストールすると、機能に悪影響が出る可能性があります。

備考:

ArcGIS Server は、Microsoft Visual C++ 2017 (アップデート 5 以降) Redistributables (x86 および x64) を必要とします。Visual C++ 2017 Redistributable (アップデート 5 以降) がまだインストールされていない場合、setup.exe を実行すると setup.msi が起動される前にインストールされます。Microsoft Visual C++ 2017 (アップデート 5 以降) Redistributable (x86 および x64) がまだインストールされていない場合、setup.msi はインストールを行いません。

サポートされているオペレーティング システム 検証済みの最新アップデートまたはサービス パック

Windows Server 2019 Standard、Datacenter (64 ビット (EM64T))

2019 年 4 月更新

Windows Server 2016 Standard、Datacenter (64 ビット (EM64T))

2019 年 4 月更新

Windows Server 2012 R2 Standard および Datacenter (64 ビット (EM64T))

2019 年 4 月更新

Windows Server 2012 Standard、Datacenter (64 ビット (EM64T))

2019 年 4 月更新

Windows Server 2008 R2 Standard、Enterprise、Datacenter (64 ビット (EM64T))*

SP1 (2019 年 4 月公開のパッチ適用)

特に指定がない限り、これらのオペレーティング システムの過去のアップデートと今後のアップデートまたはサービス パックはサポートされます。また、オペレーティング システムのバージョンとアップデートはオペレーティング システムのプロバイダーでもサポートされている必要があります。

*2020 年 1 月 14 日に Microsoft による Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の延長サポートが終了するため、ArcGIS 製品では、2020 年 1 月以降、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 がサポートされません。Esri では、2020 年 1 月 14 日よりもかなり前の時点で、新しいバージョンの Windows に移行することを強くお勧めします。

備考:
Windows 10、8.1、および 7 は、基本的なテストやアプリケーション開発での使用のみでサポートされています。運用環境への配置は推奨されません。

サポートされているオペレーティング システム 検証済みの最新アップデートまたはサービス パック

Windows 10 Pro および Enterprise

2019 年 4 月更新

Windows 8.1 Pro および Enterprise

2019 年 4 月更新

Windows 7 Pro および Enterprise*

SP1 (2019 年 4 月公開のパッチ適用)

オペレーティング システムの要件と制限

Windows

ハードウェア要件

ArcGIS GIS ServerArcGIS GeoEvent ServerArcGIS Image Server、または ArcGIS Business Analyst for Server の最小 RAM 要件は、固有のライセンス ロールごとに 8 GB です。

運用環境では、このソフトウェアのユーザーおよびビジネス要件が異なる場合があるため、最小ハードウェア要件が記載されていません。これらの要件は、パフォーマンスとスケーラビリティの要求を満たすハードウェア要件を決定する際に検討する必要があります。

ArcGIS GeoAnalytics Server には 16 GB が必要です。

ArcGIS GeoAnalytics Server を構成するときは、ユーザー プロフィールをホストするドライブに十分な一時領域があることを確認します。十分な値を決定する際は、入力データのサイズ、GeoAnalytics タスクのタイプ、およびサイト内のノード数を考慮してください。

以下のシナリオ例には、次の要件があります。

  • 入力データ サイズ: 100 GB の CSV ポイント フィーチャ。
  • ArcGIS GeoAnalytics Server ノード: 3。
  • タスク: フィーチャの結合 (自己結合、均等に分散しているフィーチャの単純なデカルト積)。
  • ディスクの推奨領域: (100 x 100 GB) / 3 = 3.3 TB/ノード。
  • 同時 GeoAnalytics ジョブに対応できる増分領域。

ArcGIS Server では、10 GB 以上の空き容量が必要です。

ファイアウォールの設定

ArcGIS Server は、ポート 1098、4000 ~ 4004、6006、6080、6099、および 6443 上で通信します。ソフトウェアをインストールする前に、ファイアウォール上でこれらのポートを開く必要があります。詳細については、「ArcGIS Server で使用されるポート」をご参照ください。

ドメイン ネーム サービス (DNS) と完全修飾ドメイン名 (FQDN) に関する推奨事項

サイトを ArcGIS Enterprise ポータルとフェデレートする場合は、ポータルとフェデレートする予定の各サイトの完全修飾ドメイン名 (FQDN) エントリを含めるように組織のドメイン ネーム サービス (DNS) を構成することをお勧めします。Portal for ArcGIS は、フェデレートの際に各サイトの FQDN をリクエストします。

SSL 証明書

ArcGIS Server には、事前に構成された自己署名証明書が付属しています。これを使用してサーバーで初期テストを行い、インストールが成功したことをすばやく確認できます。信頼された認証機関 (CA) からの証明書を要求し、それを使用するようにサーバーを構成する必要があります。これには、組織が発行したドメイン証明書または CA 署名証明書を使用できます。

ArcGIS Server と同様に、Portal for ArcGIS にも事前に構成された自己署名証明書が付属しています。ArcGIS Server サイトを ArcGIS Enterprise ポータルとフェデレートする場合は、信頼された CA に証明書を要求し、それを使用するようにポータルを構成する必要があります。詳細については、「安全な環境を構成するためのベスト プラクティス」をご参照ください。

.NET Extension Support 機能に関する Microsoft .NET Framework 要件

.NET Extension Support 機能には、Microsoft .NET Framework 4.5.2 以降が必要です。Microsoft .NET Framework 4.5.2 がない場合、.NET Extension Support 機能のインストールはできません。

オペレーティング システムに Microsoft .NET Framework 4.5.2 がインストールされている場合は、Windows の機能を使用して有効化されていることを確認してください。オペレーティング システムに Microsoft .NET Framework 4.5.2 が含まれていない場合、インストール メディアからダウンロードして、Windows の機能を使用して有効化することができます。

MSXML (Microsoft Core XML Services) 6

ArcGIS Server には、Microsoft Core XML Services (MSXML) 6 が必要です。コンピューターに MSXML 6 がインストールされていない場合は、ArcGIS Server のインストールが続行されません。GUI を使用して ArcGIS Server をインストールする場合は、インストール プロセスで MSXML 6 が自動的にインストールされます。ArcGIS Server をサイレント インストールする場合または特定の配置環境でインストールする場合は、MSXML 6 を個別にインストールする必要があります。MSXML 6 のセットアップは、ArcGIS Server で提供されています。Installation folder>\Support\MSXML6\64-bit\msxml6_x64.msi

ジオプロセシング要件

コアとなるジオプロセシング ツールをサポートするには、Python 2.7.16、Numerical Python 1.9.3、および Matplotlib 1.5.2 が必要です。これらが検出されなかった場合、セットアップによって自動的にインストールされます (推奨)。

ページ ファイル サイズの要件

ArcGIS Server コンピューターのための十分なページ ファイル サイズが構成されていることを確認してください。IT 管理者に問い合わせるか、Microsoft のベスト プラクティスに従ってください。

ArcGIS GeoAnalytics Server を使用している場合、Windows ページ ファイルはメモリを大量に消費するタスクの実行中に、使用可能な物理 RAM の最大 3 倍の領域を使用できます。システム エラーとディスク容量の不足を避けるために、ページ ファイルは物理 RAM の少なくとも 3 倍の空き領域があるボリュームに移動してください。

サポートされる Web ブラウザー

ArcGIS Server Manager を使用するには、次のいずれかの Web ブラウザーをインストールする必要があります。

  • Google Chrome
  • Mozilla Firefox
  • Microsoft Internet Explorer 11
  • Microsoft Edge

クラウド プラットフォーム上の ArcGIS Enterprise

多くのクラウド プラットフォーム上で ArcGIS Enterprise を配置できます。仮想コンピューターを提供するクラウド プラットフォームはどれも、仮想コンピューターがオペレーティング システムとシステムの仕様に対する基本的なシステム要件を満たす場合、ArcGIS Enterprise での使用がサポートされています。

Esri では、基本的なサポートに加えて、一般的な 2 つのクラウド プラットフォームの Amazon Web Services (AWS)Microsoft Azure で、配置ツールとあらかじめ作成された仮想コンピューター画像を提供しています。これら 2 つのクラウド プラットフォーム上に配置する場合は、これらの特殊なツールと画像を使用して、配置およびテクニカル サポートを簡略化することをお勧めします。

Esri は、ArcGIS Enterprise 配置ツールがその通常動作の一環として作成および管理するもの以外については、クラウド インフラストラクチャのプロビジョニングおよび構成のテクニカル サポートを提供しません。Esri が特殊な配置ツールを提供しないクラウド プラットフォームでは、サポートはソフトウェア固有の問題のトラブルシューティングに限られます。

ArcGIS Enterprise は、いくつかのクラウド プラットフォーム上のストレージやデータベースなど、ネイティブなクラウド機能もサポートします。たとえば、Amazon Simple Storage Service (S3)Microsoft Azure SQL Database などです。サポートされているネイティブ クラウド機能については、各 ArcGIS コンポーネントのドキュメントをご参照ください。

サポートされている仮想化環境

ArcGIS Enterprise のすべてのコンポーネントは、サポートされているオペレーティング システムで実行する限り、仮想化環境上の動作がサポートされています。ArcGIS Enterprise と一緒に、リレーショナル データベースなどのサードパーティ アプリケーションを実行する場合、そのアプリケーションが仮想環境でもサポートされている必要があります。仮想化のサポートについては、サードパーティ ベンダーに確認してください。

次の仮想化環境は、ArcGIS Enterprise およびそのコンポーネントで正常に機能することが確認されています。

  • VMware vSphere 6.5、6.7
  • Microsoft Hyper-V

上記のリストに含まれていても、許可やサポート レベルの向上を意味するものではありません。上記のリストに含まれていなくても、環境や特定のバージョンがサポートされていないことを意味するのではなく、Esri またはそのパートナーが明示的にテストした環境またはバージョンではないことを意味しています。

詳細については、「仮想化と ArcGIS Server」をご参照ください。

サポートされているデータベース

ArcGIS Server でサポートされているデータベースについては、以下のトピックをご参照ください。

SQL Server Express のインストールが含まれている ArcGIS Server Workgroup エディションは、Windows オペレーティング システムでのみサポートされています。