Skip To Content

Living Atlas コンテンツの構成

ArcGIS Living Atlas of the World コンテンツは、信頼性が高く、すぐに使用できるグローバルな地理コンテンツのコレクションであり、ArcGIS Online から利用できます。ArcGIS Enterprise を通じて使用できるコンテンツには、Esri が提供する地理解析に有効に活用できるマップ、データ レイヤー、ツール、サービス、およびアプリが含まれています。

組織コンテンツへのアクセス権限のあるポータル メンバーに Living Atlas コンテンツの利用を許可すると、そのポータル メンバーは、既存のコンテンツを単体で使用するか、独自のコンテンツと組み合わせて使用して、マップ、シーン、アプリを作成したり、Map Viewerまたは ArcGIS Insights で解析を実行したりすることができます。

備考:

ポータルで ArcGIS OnlineLiving Atlas コンテンツを使用するには、ポータルがインターネットにアクセスできる必要があります。ポータルがインターネットにアクセスできない場合は、このコンテンツへのアクセスを無効にします。

ArcGIS Enterprise のバージョンごとに、固定された一連の Living Atlas アイテムがあります。これがポータル内の Living Atlas アイテムに関して表示される情報に与える影響については、「Living Atlas コンテンツのライフ サイクルと更新」をご参照ください。

ポータルがインターネット経由で Living Atlas コンテンツにアクセスできない場合は、My Esri から Living Atlas コンテンツのサブセット (境界および人口統計のコンテンツ) をダウンロードして、ホスト フィーチャ レイヤーとしてポータルに公開することができます。詳細については、「境界レイヤーの構成」をご参照ください。

利用可能なコンテンツのタイプ

ArcGIS Enterprise ポータルからアクセスする Living Atlas コンテンツは、ArcGIS Online で使用できる完全な Living Atlas コンテンツのサブセットです。ArcGIS Enterprise ポータルから使用できるすべての Living Atlas コンテンツは、継続的にアクセスできるように Esri によって作成および管理されます。ポータルがインターネットに接続できる場合は、次の 3 つのレベルの Esri Living Atlas コンテンツを ArcGIS Online から利用できます。

  • ArcGIS Online アカウントへのサイン インを必要としないコンテンツ

    このコンテンツは、デフォルトで ArcGIS Enterprise ポータルから利用できます。

  • サブスクリプション コンテンツ

    サブスクリプション コンテンツは、すぐに使用できるマップ レイヤー、解析ツール、および Esri が公開しているサービスのコレクションです。このコンテンツにアクセスするには、ArcGIS Online 組織のサブスクリプション アカウントが必要です。このコンテンツには、Landsat 8 画像、NAIP 画像、地勢解析レイヤー、古地図などの Esri が提供しているレイヤーが含まれます。指定ユーザー コンテンツは、組織サブスクリプションの一部として提供され、クレジットは消費しません。

  • プレミアム コンテンツ

    プレミアム コンテンツは、アクセスするために ArcGIS Online の組織のサブスクリプション アカウントが必要となるサブスクリプション コンテンツの一種であり、クレジットを消費します。アクセスとクレジットに関する情報は、各アイテムの詳細な説明に記載されています。

    プレミアム コンテンツは、ジオコーディング、ジオエンリッチメント、ネットワーク解析、標高解析、および空間解析のためのツールだけでなく、人口統計マップやライフスタイル マップなど、すぐに使用できるコンテンツへのアクセスをポータル メンバーに提供します。

注意:

ポータルから Living Atlas アイテムまたはグループを削除したり、これらのグループの共有またはメンバーシップの構成を変更したりしないでください。また、コンテンツの所有権を esri_livingatlas ユーザーから変更しないでください。

Living Atlas コンテンツへのアクセス許可

ポータル組織のメンバーは、ArcGIS Online 組織アカウントでサイン インしなくても ArcGIS Living Atlas of the World コンテンツにデフォルトでアクセスすることができますが、このコンテンツを使用するには、ポータルがインターネットにアクセスできる必要があります。これらのアイテムは、Living Atlas という名前のグループと共有されます。このグループは、自動的にポータル組織でアクセス可能となり、esri_livingatlas という名前のユーザーに所有されます。このコンテンツは [コンテンツ] ページの [Living Atlas] タブに表示され、ポータル メンバーはこれをMap ViewerおよびScene Viewerで利用できます。

注意:

ポータルから Living Atlas アイテムまたはグループを削除したり、これらのグループの共有またはメンバーシップの構成を変更したりしないでください。また、コンテンツの所有権を esri_livingatlas ユーザーから変更しないでください。

Living Atlas の組織アカウントを必要とせずに、ArcGIS Online コンテンツにアクセスできるようにするには、次の手順でポータルを構成します。

  1. デフォルト管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インするか、ポータルの Web サイト設定を管理する権限のあるカスタム管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インします。
  2. [組織] > [設定] > [ArcGIS Online] の順に開きます。
  3. [ポータルの Living Atlas コンテンツにアクセスします。] の横のチェックボックスがオンになっていない場合は、オンにします。

    このコンテンツへのアクセスには、インターネット接続が必要です。

  4. [ポータルの Living Atlas コンテンツにアクセスします。] をオンにした場合は、注意書きを読み、[はい] をクリックして続行します。

    ポータルが Living Atlas コンテンツへのアクセスの構成を終了するまで、[ArcGIS Online] ページを閉じないでください。

  5. 構成が完了すると、メッセージが表示されます。[OK] をクリックして、このメッセージを閉じます。
  6. [Save] をクリックして、[組織] に戻ります。

備考:

この Living Atlas コンテンツを有効にすると、管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インしたときに、登録者コンテンツまたはプレミアム コンテンツを使用するようにポータルを構成していない場合でも、登録者およびプレミアム Living Atlas アイテムが表示されます。これにより、アイテム詳細を表示して、ポータルで使用可能にするかどうかを決定できます。

登録者コンテンツまたはプレミアム Living Atlas コンテンツへのアクセスの有効化

[ポータルの Living Atlas コンテンツにアクセスします。] をオンにすると、さらにユーザーにサブスクリプション コンテンツおよびプレミアム Living Atlas コンテンツへのアクセス権を付与することができます。

メンバーがプレミアム コンテンツを使用すると、Living Atlas プレミアム コンテンツの構成時に指定したアカウントでクレジットの課金が発生します。クレジットの課金については、ArcGIS Online ヘルプの「クレジットの概要」をご参照ください。

登録者コンテンツとプレミアム コンテンツへのアクセスを個別に有効にするか、両方のコンテンツへのアクセスを同時に有効にして、両方のコンテンツに同じ ArcGIS Online アカウントを指定することができます。

  1. デフォルト管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インするか、ポータルの Web サイト設定を管理する権限のあるカスタム管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インします。
  2. [組織] > [設定] > [ArcGIS Online] の順に開きます。
  3. 同じ ArcGIS Online アカウントを使用して、サブスクリプション コンテンツとプレミアム コンテンツの両方へのアクセスを有効にするには、次の手順に従います。
    1. [登録者][Premium] をオンにします。
    2. 組織アカウントで ArcGIS Online にサイン インします。
    3. [構成] をクリックします。
    4. 注釈を参照してください。このコンテンツの構成を続行する場合は、[はい] をクリックします。

      構成が終了するまでに約 1 分かかります。ポータルがサブスクリプション コンテンツとプレミアム コンテンツの構成を終了するまで、[ArcGIS Online] ページを閉じないでください。

    5. 構成が完了すると、メッセージが表示されます。[OK] をクリックして、このメッセージを閉じます。

      これで、サブスクリプション コンテンツとプレミアム コンテンツが Living Atlas グループと共有されました。さらに、サブスクリプション コンテンツは Living Atlas 解析レイヤー グループと共有されています。 ポータル メンバーは、Map ViewerScene Viewer、および [コンテンツ] ページから登録者コンテンツおよびプレミアム コンテンツにアクセスできます。

      注意:

      ポータルから Living Atlas グループまたは Living Atlas 解析レイヤー グループを削除したり、これらのグループの共有またはメンバーシップの構成を変更したりしないでください。また、登録者のコンテンツまたはプレミアム コンテンツの所有権を esri_livingatlas ユーザーから削除または変更しないでください。

      デフォルトでは、Map Viewer の解析ツールは Living Atlas 解析レイヤー グループのコンテンツを使用します。

  4. Living Atlas サブスクリプション コンテンツへのアクセスだけを有効にするには、次の手順に従います。
    1. [登録者] をオンにします。
    2. 組織アカウントで ArcGIS Online にサイン インします。
    3. [構成] をクリックします。
    4. 注釈を参照してください。登録者とプレミアム コンテンツの構成を続行する場合は、[はい] をクリックします。

      構成が終了するまでに約 1 分かかります。ポータルがサブスクリプション コンテンツの構成を終了するまで、[ArcGIS Online] ページを閉じないでください。

    5. 構成が完了すると、メッセージが表示されます。[OK] をクリックして、このメッセージを閉じます。

      これで、サブスクリプション コンテンツが Living Atlas グループおよび Living Atlas 解析レイヤー グループと共有されました。ポータル メンバーは、Map ViewerScene Viewer、および [コンテンツ] ページから登録者コンテンツにアクセスできます。

      注意:

      ポータルから Living Atlas 解析レイヤー グループまたは Living Atlas グループを削除したり、これらのグループの共有またはメンバーシップの構成を変更したりしないでください。また、サブスクリプション コンテンツの所有権を esri_livingatlas ユーザーから削除または変更しないでください。

      デフォルトでは、Map Viewer の解析ツールは Living Atlas 解析レイヤー グループのコンテンツを使用します。

  5. Living Atlas プレミアム コンテンツへのアクセスだけを有効にするには、次の手順に従います。
    1. [Premium] をオンにします。
    2. クレジットが利用可能な組織アカウントで、ArcGIS Online にサイン インします。
    3. [構成] をクリックします。
    4. 注釈を参照してください。プレミアム コンテンツの構成を続行する場合は、[はい] をクリックします。

      構成が終了するまでに約 1 分かかります。ポータルがプレミアム コンテンツの構成を終了するまで、[ArcGIS Online] ページを閉じないでください。

    5. 構成が完了すると、メッセージが表示されます。[OK] をクリックして、このメッセージを閉じます。

      これで、プレミアム コンテンツが Living Atlas グループで共有され、ポータル メンバーはMap ViewerScene Viewer、および [コンテンツ] ページからコンテンツを利用できます。

      注意:

      ポータルから Living Atlas アイテムまたはグループを削除したり、これらのグループの共有またはメンバーシップの構成を変更したりしないでください。また、コンテンツの所有権を esri_livingatlas ユーザーから変更しないでください。

  6. [Save] をクリックして、[組織] に戻ります。

サブスクリプション コンテンツおよびプレミアム コンテンツの認証情報の更新

Living Atlas の登録者コンテンツまたはプレミアム コンテンツへのアクセスに使用していた ArcGIS Online アカウントの更新と変更ができます。たとえば、ArcGIS Onlineアカウントのパスワードを変更した場合は、ポータルでパスワードを更新して、Living Atlasサブスクリプション コンテンツまたはプレミアム コンテンツへのアクセスを維持することができます。また、ArcGIS Online 管理者がクレジットをアカウントに割り当てており、プレミアム コンテンツへのアクセスに使用しているアカウントのクレジットがほとんどなくなっている場合は、プレミアム コンテンツへのアクセスに使用しているアカウントを変更することができます。

アカウントを更新するには、次の手順を実行します。

  1. デフォルト管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インするか、ポータルの Web サイト設定を管理する権限のあるカスタム管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インします。
  2. [組織] > [設定] > [ArcGIS Online] の順に開きます。
  3. サブスクリプション コンテンツの認証情報を更新するには、[登録者] の横にある [Update] をクリックし、新しい認証情報を提示して [構成] をクリックします。

    構成の終了には多少時間がかかる場合があります。ポータルが構成の更新を終了するまで、[ArcGIS Online] ページを閉じないでください。

  4. プレミアム コンテンツの認証情報を更新するには、[プレミアム] の横にある [更新] をクリックし、新しい認証情報を提示して [構成] をクリックします。

    構成が終了するまでに約 1 分かかります。ポータルが構成の更新を終了するまで、[ArcGIS Online] ページを閉じないでください。

  5. [Save] をクリックして、[組織] に戻ります。

Living Atlas コンテンツのアップグレード

ポータルをアップグレードすると、Living Atlas の新規および更新されたコンテンツを利用できます。Living Atlas コンテンツは、ポータルのアップグレード後の処理の一環として自動的に更新されます。

サブスクリプションおよびプレミアム コンテンツへのアクセスに使用した ArcGIS Online の認証情報がポータルのアップグレード時に無効になっている場合、アップグレード後の処理を実行する際にエラー メッセージが表示されます。これらの認証情報を更新して Living Atlas のアップグレードを完了する必要があります。

  1. 前のセクションの手順 1 ~ 4 を実行します。
  2. 有効な認証情報を入力すると、[コンテンツのアップグレード] ボタンがアクティブになります。クリックして、Living Atlas コンテンツのアップグレードを終了します。

Living Atlas コンテンツへのアクセスの無効化

ポータルがインターネットにアクセスできない場合、または別の理由でユーザーが Living Atlas コンテンツにアクセスしないようにする場合は、Living Atlas コンテンツへのアクセスを無効にすることができます。

サブスクリプション コンテンツおよびプレミアム コンテンツへのアクセスを有効にしていた場合は、まずそのコンテンツへのアクセスを無効にしてから、Living Atlas の組織アカウントでサイン インせずに利用できていた ArcGIS Online へのアクセスを無効にする必要があります。

Living Atlas コンテンツへのアクセスを無効にすると、組織から Living Atlas グループへのアクセスが削除され、ポータルで次のような変更が行われます。

  • [Living Atlas] タブが [コンテンツ] ページから削除されています。
  • Scene Viewer で、[Living Atlas] からレイヤーを追加するオプションが利用できなくなります。
  • [Living Atlas レイヤーの参照] オプションがMap Viewerに表示されなくなります。
Living Atlas コンテンツへのアクセスを無効にした後、以下で説明するようにポータルの検索インデックスを更新する必要があります。

ポータルで Living Atlas コンテンツへのアクセスを無効にするには、次の手順に従います。

  1. デフォルト管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インするか、ポータルの Web サイト設定を管理する権限のあるカスタム管理者ロールのメンバーとしてポータルにサイン インします。
  2. [組織] > [設定] > [ArcGIS Online] の順に開きます。
  3. [登録者] がオンになっている場合は、オフにします。
  4. [Premium] がオンになっている場合は、オフにします。
  5. [構成] をクリックします。

    この構成変更が完了するまで待ってから、次の手順に進みます。

  6. [ポータルの Living Atlas コンテンツにアクセスします。] をオフにします。
  7. [構成] をクリックします。

    構成が終了するまでに約 1 分かかります。ポータルが構成の更新を終了するまで、[ArcGIS Online] ページを閉じないでください。

  8. [Save] をクリックして、[組織] に戻ります。
  9. 初期管理者アカウントを使用して Portal for ArcGIS Administrator Directory にログインします。URL の形式は、https://portal.domain.com:7443/arcgis/portaladmin です。
  10. [System] > [Indexer] > [Reindex] の順に移動します。
  11. [Mode] ドロップダウン リストをクリックして、[Search] を選択します。
  12. [Reindex] をクリックします。

    ポータルのユーザー数およびコンテンツのボリュームによって、インデックスの再構築が完了するまでにかかる時間は異なります。インデックスの再構築プロセスを中断しないでください。新しいブラウザー ウィンドウまたはタブの [System] > [Indexer] > [Index Status] リソースで、操作のステータスを監視できます。[store] と [index] のカウントが同じであれば、インデックスの再構築は完了しています。

これで、ポータル メンバーがこのコンテンツにアクセスできなくなりました。このコンテンツのいずれかがマップ、シーン、またはアプリで使用されていた場合、そのコンテンツは機能しません。