Skip To Content

ArcGIS Enterprise ポータルのアップグレード

Portal for ArcGIS 10.8.1 セットアップは、Portal for ArcGIS の既存のインストールを検出してアップグレードするように設計されています。

Portal for ArcGIS のアップグレードの準備

アップグレードを実行する前に、次の情報をよく確認してください。

  • 10.8.1 にアップグレードする場合、10.8.1 に対してソフトウェアを再認証する必要がある場合があります。同じリリース シリーズのバージョンからアップグレードする場合 (10.8 から 10.8.1 へのアップグレードなど)、新しいライセンス ファイルを入手する必要はありません。以前のリリース シリーズのバージョンからアップグレードする場合は、My Esri から新しいポータル ライセンス ファイルを入手する必要があります。
    メモ:

    アップグレード時に入力するこのライセンス ファイルは、ポータルのユーザーとアプリにライセンスを割り当てるために使用されます。新しいライセンス ファイルが現在のユーザーおよびアプリ構成に適していることを確認します。

  • Portal for ArcGIS 10.2.2 またはそれより前のバージョンから 10.8.1 へのアップグレードはサポートされていません。10.8.1 にアップグレードするには、まず 10.3 以降のバージョンにアップグレードしてから、10.8.1 にもう一度アップグレードする必要があります。
  • バージョンが 10.3 以降である場合は、Portal for ArcGIS 10.8.1 セットアップを実行すると、ポータルが 10.8.1 に自動的にアップグレードされます。これまでにリリースされた各バージョンを順に取得してインストールしたり、Portal for ArcGIS の以前のバージョンをアンインストールしたりする必要はありません。
  • Portal for ArcGIS バージョンを 10.7 より前から 10.7 以降にアップグレードする場合、自動アカウント作成機能は無効になります。新しいユーザーが自身の組み込みアカウントを作成できるようにするには、新しいメンバーのデフォルトのユーザー タイプとロールを設定して、自動アカウント作成機能を有効にする必要があります。今後の更新で、これらの設定が維持される予定です。
  • 可用性の高いポータルを構成している場合、アップグレードを完了するには特定の手順に従う必要があります。これらの手順の概要については、「可用性の高いポータルの構成」をご参照ください。
    メモ:

    10.6 以降では、可用性の高い配置のコンピューター間の通信に、ポート 5701、7005、7099、7654、7120、および 7220 が使用されます。これらのポート上でのローカル通信がファイアウォールによって許可されていて、これらのポートが別のアプリケーションによって現在使用されていないことを、確認する必要があります。

  • 10.8.1 から、組織にメール設定が構成されている場合に自動通知メールを送信するため、管理者の問い合わせ先が使用されます。管理者の問い合わせ先を設定していない場合は、組織の最も古い管理者アカウントか初期管理者アカウントに通知メールが送信されます。
  • 10.8 から 10.8.1 以降にアップグレードし、情報バナーを構成している場合、高度なサイト設定からバナーを有効化して、ArcGIS Enterprise Sites を使用して作成されたサイトに情報バナーを表示する必要があります。10.8 からのアップグレードとこの設定の有効化を完了したら、設定が将来のアップグレードに備えて保持されます。
  • エンタープライズ ジオデータベースがホスティング サーバーの管理されたデータベースとして構成済みで、Portal for ArcGIS 10.6 以前のリリースから 10.8.1 にアップグレードする場合は、いくつか追加手順を実行する必要があります。ArcGIS Server をアップグレードしたら、エンタープライズ ジオデータベースを (管理されたデータベースではない) データベースとして登録する必要があります。次に、ArcGIS Data Store をインストールしてリレーショナル データ ストアとして登録します。これにより、ArcGIS Data Store はホスティング サーバーの管理されたデータベースとして構成されます。
  • アップグレードが完了するまでの時間は、ポータルに含まれるコンテンツの量、登録されているアカウントの数、配置するコンポーネントとカスタマイズの数によって異なります。
  • ArcGIS Configurable Apps テンプレートに基づいてアプリケーションを公開した場合は、そのアプリ テンプレートが廃止されているかどうかを確認してください。ポータルをアップグレードすると、廃止されたテンプレートは正常に動作しない場合や正しく表示されない場合があります。新しいアプリ テンプレートを使用して、これらのアプリを再作成する必要があります。ポータルが数リリース前のものである場合、各リリースで廃止されたテンプレートを確認する必要がありますので注意してください。たとえば、Portal for ArcGIS 10.5 からアップグレードする場合、10.5 から現在のリリースまでのすべてのリリースで廃止されたテンプレートのリストを確認します。
  • Esri アプリがポータルで構成されている場合は、アップグレード後に 10.8.1 ポータルと互換性があるバージョンであることを確認します。
  • ArcGIS Insights を構成済みである場合は、ArcGIS Insights をアップグレードする前に ArcGIS Enterprise をアンインストールし、 アップグレードの完了後に、互換性のあるバージョンの ArcGIS Insights をインストールする必要があります。
  • ポータルで ArcGIS Navigator モバイル マップ パッケージを構成済みの場合は、ポータルを 10.8.1 にアップグレードした後で、それらを再構成する必要があります。
  • マップやアプリで ArcGIS Living Atlas of the World コンテンツを使用している場合は、アップグレードする前に、使用するアイテムが開発終了サポート期間または非推奨ステータスになっていないことを確認してください。リリースごとに一部の Living Atlas コンテンツは廃止され、使用できなくなります。これらのアイテムのいずれかを使用している場合、アップグレードするとアイテムが機能しなくなります。本リリースで廃止された Living Atlas コンテンツのリストについては、「Living Atlas コンテンツのライフ サイクルと更新」をご参照ください。
  • ArcGIS Server ライセンスに有効期限がある場合、ArcGIS Data Store ライセンスをアップグレードして更新し、リレーショナル データ ストアをアップグレードした後、リレーショナル ArcGIS Server のライセンスを更新してください。
  • 現在ポータルが読み取り専用モードである場合、アップグレードを実行する前にモードをオフにします。
メモ:

Portal for ArcGIS のセットアップでは、Windows サービスを実行するアカウントが要求されます。10.4 以降のバージョンからアップグレードする際、Windows サービスを実行しているアカウントに、これらの場所へのフル アクセスが付与されている場合は、共有ネットワーク ディレクトリ上の既存のコンテンツをアップグレードできます。

パスワードが適用されないローカル システム アカウントで Windows サービスを現在実行している場合は、アップグレードを行う前に、パスワードが適用されるローカル アカウントに変更しておく必要があります。

ArcGIS Enterprise のアップグレードの順序

ArcGIS Enterprise ポータルが正常に機能するには、ホスティング サーバー、ArcGIS Web Adaptor、および ArcGIS Data Store と同じバージョンである必要があります。ArcGIS Enterprise の配置をアップグレードする場合に推奨される順序は次のとおりです。

  1. Portal for ArcGIS のアップグレード
  2. ArcGIS Web Adaptor または IIS (Java) についての Windows (Portal 用) のアップグレード
  3. ポータルのホスティング サーバーとして動作している ArcGIS Server サイトのアップグレード
  4. ArcGIS Web Adaptor または IIS (Java) についての Windows (Server 用) のアップグレード
  5. ArcGIS Data Store
  6. ArcGIS Server のアップグレード (配置内のその他のサイト)
  • ArcGIS Enterprise のポータルのバージョンは、それとフェデレートされているホスティング サーバー、GeoAnalytics ServerGeoEvent Server、および Raster Analytics Server のバージョンと一致する必要があります。ただし、10.8.1 のポータルは、10.5 以降のバージョンのあらゆるフェデレーション サーバーと連携します。たとえば、10.5 の GIS Server (ホスティング サーバーではない) と 10.5.1 の Business Analyst Server は、そのホスティング サーバーのバージョンが 10.8.1 であれば、10.8.1 のポータルとフェデレートできます。
  • フェデレートされていない ArcGIS Server サイトのアイテムをポータルに登録している場合は、ポータルでサイトのサービスを使用するために、この ArcGIS Server サイトを 10.8.1 にアップグレードする必要はありません。以前のバージョンの ArcGIS Server から提供されているサービスは、Portal for ArcGIS 10.8.1 でも使用できます。
  • ポータルとフェデレートした ArcGIS Server サイトが複数のコンピューターで構成されている場合は、GIS サーバーを連続してアップグレードしてください ArcGIS Server サイトで ArcGIS Web Adaptor (単一または複数) が構成されている場合は、その ArcGIS Web Adaptor も、ArcGIS Server と同じバージョンに更新する必要があります。
  • 現在の ArcGIS Web Adaptor を更新できない場合、同じコンピューターに旧バージョンと ArcGIS Web Adaptor (IIS) 10.8.1 をインストールできます。たとえば、バージョン 10.5 の ArcGIS Web Adaptor (IIS) を残したまま、同じ Web サーバーに 10.8.1 をインストールできます。アップグレードの際は、同じ ArcGIS Web Adaptor のコンテキストを維持する必要があります。これを行うには、現在ポータルで構成されている ArcGIS Web Adaptor をアンインストールしてから、以前使用していたのと同じ名前で 10.8.1 の ArcGIS Web Adaptor をインストールします。同じコンテキストを持つ 2 つの ArcGIS Web Adaptor を同一コンピューターにインストールすることはできません。

コンテンツのバックアップ

アップグレードする前に、ポータルのホスティング サーバーを使用して構成された各タイプの ArcGIS Data Store の完全バックアップを作成します。

また、config.js で変更したプロパティなど、ポータルをカスタマイズした構成をバックアップする必要もあります。

レガシー:

これまでは、ポータルにインポートした証明書を含む証明書キーストア (portal.ks) をバックアップする必要がありました。これは 10.4.1 から必要なくなり、ポータル キーストアはアップグレード中に自動的に移行されるようになりました。

  • 以前のバージョンのポータルを大幅にカスタマイズしている場合、別のコンピューターに 10.8.1 をインストールして、ポータルのアップグレードのプロトタイプを作成することをお勧めします。
  • ArcGIS Dashboards または ArcGIS Web AppBuilder のエクステンションもバックアップする必要があります。これらのクライアント用に配置されたエクステンションはいずれも、アップグレード時に維持されません。アップグレードが完了したら、ユーザーがエクステンションを再配置する必要があります。
  • 一方で、コンテンツ、サービス、サイト情報、およびセキュリティ設定は、アップグレード時にすべて自動的にバックアップされ、保存されます。ポータル Web サイトで編集した一般設定 (Web サイトへの組織サイトのロゴや名前の追加など) も、アップグレード時に維持されます。アップグレードの前にこれらの情報を手動でバックアップする必要はありません。
  • アップグレード中に作成される自動バックアップに十分に対応できる空き容量があるかどうかを確認するには、ポータルの contentindexdb、および temp ディレクトリに割り当てられた空き容量を調べます。ディスクの空き領域が、この量の少なくとも 2.5 倍であることを確認します。不足している場合は、ディスク上に 2.5 倍以上の領域を割り当てます。ポータルのアップグレードでは、ポータルのコンテンツ、サイト情報、およびセキュリティ情報を正常にバックアップしてアップグレードするために、この空き領域が必要です。これらのディレクトリのデフォルトの場所は C:\arcgisportal です。
  • ポータルで使用される SSL プロトコルまたは暗号スイートをカスタマイズしている場合、この情報はアップグレード処理中に維持されないため記録しておきます。ポータルのアップグレードが完了したら、ポータルの Administrator Directory にある [SSLCertificates] ページを更新し、以前の SSL 証明書構成設定に戻す必要があります。
  • アップグレードの完了時に、バックアップされた情報はディスクに保持されます。たとえば、この情報が含まれるディレクトリの末尾には、_10.<version number> が付加されます。この情報を別の場所に移動して、ディスク領域を節約することをお勧めします。
  • arcgisportal コンテンツ ディレクトリ フォルダーをバックアップしておくこともお勧めします。アップグレードで問題が発生し、以前にインストールしたバージョンに戻す必要がある場合、このフォルダーを適用して、ポータルのコンテンツを復元できます。

ポータルの配置のアップグレード

注意:

ポータルの配置、ポータルとフェデレートしているすべての ArcGIS Server サイト、ArcGIS Data Store、および ArcGIS Pro (ポータルを通じてライセンスされている場合) は、アップグレード中にオフラインになります。

  1. 次の情報をバックアップします。

    ヒント:
    以下の手順に従ってサイトをバックアップするか、webgisdr ユーティリティを使用して ArcGIS Enterprise の配置のバックアップを作成することができます。これを実行するには、手順に従ってエクスポートArcGIS Enterpriseします。

    • ポータルで構成したすべてのカスタマイズ (config.js で変更したプロパティなど)。以前のバージョンのポータルを大幅にカスタマイズしている場合、別のコンピューターに 10.8.1 をインストールして、ポータルのアップグレードのプロトタイプを作成することをお勧めします。
    • ArcGIS Data Store を通じて配置されたすべてのデータ ストア。バックアップの実行の詳細については、「ArcGIS Data Store のアップグレード」をご参照ください。
    • Dashboards または Web AppBuilder 用に配置したすべてのエクステンション。これらは、アップグレード時に維持されないため、アップグレードの完了後に再配置する必要があります。
    • ArcGIS Server サイトをバックアップしておけば、以前のバージョンにサイトを戻す必要がある場合に、サイトをインポートして復元できます。
  2. ポータルの contentindexdb、および temp ディレクトリに割り当てられた空き容量を確認します。ディスクの空き領域が、この量の少なくとも 2.5 倍であることを確認します。不足している場合は、ディスク上に 2.5 倍以上の領域を割り当てます。ポータルのアップグレードでは、ポータルのコンテンツ、サイト情報、およびセキュリティ情報を正常にバックアップしてアップグレードするために、この空き領域が必要です。これらのディレクトリのデフォルトの場所は C:\arcgisportal です。 コンテンツ ディレクトリが別のコンピューターにある場合も、推奨事項は同じです。
    メモ:

    アップグレードの完了時に、バックアップされた情報はディスクに保持されます。たとえば、upgrade-backup というフォルダーが新規に作成され、バックアップ コンテンツを含むバージョン固有のフォルダーが格納されます。この情報を別の場所に移動して、ディスク領域を節約することをお勧めします。

  3. ポータルで使用している ArcGIS Web Adaptor をホストしているコンピューターにログインし、ArcGIS Web Adaptor をアンインストールします。手順の詳細については、IIS または Java (Windows) のアンインストールに関するトピックをご参照ください。ArcGIS Web Adaptor をアンインストールする前に、そのコンテキストを必ずメモしてください。
  4. Portal for ArcGIS のセットアップ プログラム (Setup.exe) を起動して、ようこそ画面と利用条件を確認します。準備が整ったら、[次へ] をクリックします。次のコマンド ライン パラメーターを使用して、Portal for ArcGIS をサイレントにアップグレードすることもできます。

    <path to Portal for ArcGIS setup download>\setup.exe /qb USER_NAME=admin PASSWORD=itsasecret

  5. 使用許諾契約書に目を通した上で内容に合意します。合意しない場合は、終了してください。インストールされる機能が表示されます。
  6. [インストール] をクリックしてアップグレードを開始します。インストール プロセスを中断しないでください。
  7. [完了] をクリックして、インストール ウィザードを終了します。ポータル Web サイトがブラウザー ウィンドウに表示されます。
  8. ブラウザーのキャッシュを cookie を含めて消去します。以前のバージョンの Web サイトのキャッシュに残っている情報により、アップグレードした Web サイトが正しく表示されず、サイン インできない場合があります。アップグレードしたポータル Web サイトを表示するすべてのブラウザーで、キャッシュを (cookie を含めて) 消去することをお勧めします。
  9. [ライセンス ファイルのインポート] ページで、ポータル ライセンス ファイル (*.json) を参照します。このファイルは My Esri から取得され、ポータルのユーザーとアプリのライセンス情報を含んでいます。[ポータルのアップグレードの継続] をクリックします。アップグレードが起動し、ポータルのコンテンツ、サイト情報、およびセキュリティ設定のバックアップが作成されます。この手順は、完了するまでに数分かかります。
    メモ:

    アップグレード時に入力するこのライセンス ファイルは、ポータルのユーザーとアプリにライセンスを割り当てるために使用されます。新しいライセンス ファイルが現在のユーザーおよびアプリ構成に適していることを確認します。

    同じリリース バージョン内でアップグレードする場合は、新しいライセンス ファイルをインポートするよう求められません。アップグレードが完了した後に、新しいライセンス ファイルをいつでもインポートできます。

  10. メモ:
    10.6 以降、upgradeportal コマンド ライン ユーティリティを使用して、アップグレード操作とアップグレード後の操作をサイレント実行することもできます。コマンド ラインで、<Portal install directory>/tools/upgradeportal フォルダーに移動して、upgradeportal.bat -lf <path to portal json file> -s を実行します。ヘルプが必要な場合は、-h または --help を使用してコマンドを実行します。
  11. ポータルで使用する ArcGIS Web Adaptor をインストールします。詳細な手順については、IIS または Java (Windows) のインストールに関するトピックをご参照ください。 以前のバージョンで使用した ArcGIS Web Adaptor のコンテキストを使用してください。
  12. ポータルに ArcGIS Web Adaptor を構成します。詳細な手順については、IIS または Java (Windows) の構成に関するトピックをご参照ください。
  13. 組織サイトの管理者として ArcGIS Web Adaptor の URL を使用して、ポータル Web サイトにサイン インできることを確認します。URL の形式は、https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/home です。
    メモ:

    • アップグレード後の手順が必要であることを示す通知を受信した場合は、メッセージ ダイアログ ボックスの [OK] をクリックし、必要なアップグレード後の手順を完了します。これらの手順には、ArcGIS Living Atlas of the World コンテンツのアップグレード、コンテンツのインデックスの再構築、高可用性ポータルにおけるポータル コンピューター間の関連付けの更新などがあります。
    • アップグレード後にポータルにサイン インしたときにライセンスに関する通知を受信した場合は、現在のライセンス構成に適合するライセンス ファイルをインポートしていないか、ユーザーにテンポラリ ユーザー タイプが割り当てられている可能性があります。詳細については、「Portal for ArcGIS をアップグレードした後の注意事項」をご参照ください。

  14. ArcGIS Server サイトをポータルとフェデレートしていて、現在の ArcGIS Server サイトで ArcGIS Web Adaptor を使用している場合は、ArcGIS Web Adaptor をホストしているコンピューターにログインして ArcGIS Web Adaptor をアンインストールします。ArcGIS Web Adaptor の名前を記録します。再インストールする際に、同じ名前を使用する必要があります。詳細な手順については、IIS または Java (Windows) のアンインストールに関するトピックをご参照ください。
  15. ArcGIS Server サイトをポータルとフェデレートしている場合は、各 ArcGIS Server サイトを 10.8.1 にアップグレードします。アンインストールおよび再インストールする必要ありません。各サイトの ArcGIS Server コンピューターごとに、セットアップを実行する必要があります。ArcGIS Server サイトを連続してアップグレードします。詳細な手順については、「以前のバージョンの ArcGIS Server のアップグレード」をご参照ください。
  16. サーバーのアップグレードが完了したら、ArcGIS Server Services Directory のローカル URL にアクセスできることを確認します。URL の形式は、https://gisserver.domain.com:6443/arcgis/rest/services です。
  17. 以前に ArcGIS Web AdaptorArcGIS Server とともに使用していた場合は、ArcGIS Web Adaptor を再インストールします。以前のインストールで ArcGIS Web Adaptor に指定していたのと同じ名前を使用します。詳細な手順については、IIS または Java (Windows) のインストールに関するトピックをご参照ください。
  18. サーバーに ArcGIS Web Adaptor を構成します。手順の詳細については、IIS または Java (Windows) の構成に関するトピックをご参照ください。以前に ArcGIS Web Adaptor を介した ArcGIS Server への管理アクセスを有効化していた場合、再度有効化してください。これは、ポータルと ArcGIS Server サイトをフェデレートする際、ArcGIS Web Adaptor の URL を管理 URL に使用していた場合に特に重要です。
  19. ArcGIS Server の URL を使用して ArcGIS Web Adaptor Services Directory にアクセスできることを確認します。URL の形式は、https://webadaptorhost.domain.com/webadaptorname/rest/services です。
  20. ポータルのホスティング サーバーが ArcGIS Data Store を使用している場合は、データ ストアのバックアップを作成し、ArcGIS Data Store をアップグレードして、ArcGIS Server で動作するようにデータ ストアを再構成します。具体的な手順については、「ArcGIS Data Store のアップグレード」をご参照ください。
  21. ArcGIS Pro または Drone2Map ライセンスを組織で構成している場合、必要に応じて、ArcGIS License Server Administrator をアップグレードします。ArcGIS License Server Administrator をアップグレードしている間、ArcGIS Pro ライセンスを持つメンバーは ArcGIS Pro にアクセスできなくなります。メンバーが現在 ArcGIS Pro にログインしている場合、プログラムは 24 時間使用できないことを示すメッセージが表示されます。メンバーは、この期間内に作業を完了または保存できます。ポータルにインポートしたその同じライセンス ファイル (*.json) を ArcGIS License Server Administrator にインポートする必要があります。
  22. 以前に構成したカスタマイズをポータルに復元します。ポータルのカスタマイズを 10.8.1 で復元するときに、以前のバージョンで変更したファイルを 10.8.1 のファイルに置き換えないようにしてください。置き換えると、10.8.1 の配置に悪影響を及ぼします。この場合、各ファイルを 10.8.1 で開き、以前のバージョンのカスタム動作を手動でもう一度追加する必要があります。
    ヒント:

    Esri では、アップグレードされた ArcGIS Enterprise ポータルでのセキュリティのベスト プラクティスとして、portalScan.py スクリプトを使用してチェックすることをお勧めします。

  23. Scene Viewerの完全な 3D シンボル セットを使用する場合は、Web スタイル セットアップをさらにインストールする必要があります。詳細については、「Scene Viewer の要件」をご参照ください。

Portal for ArcGIS をアップグレードした後の注意事項

アップグレードを実行した後は、次の情報をよく確認してください。

アップグレードの後、ポータル Web サイトが正しく表示されなかったり、サイン インできなかったりします。何が原因ですか?

ブラウザーのキャッシュを cookie を含めて消去します。一般的に、これらのエラーの原因は、ブラウザーにキャッシュされた以前のバージョンの Web サイトの情報が残っていることです。キャッシュを消去してもサイン インできない場合は、初期管理者アカウントまたはポータルの管理権限を持つアカウントを使用していることを確認してください。[組織の概要] タブにあるカードが読み込まれない場合は、ポータル ライセンス ファイル (*.json) をインポートします。このライセンス ファイルは、URL https://portal.domain.com:7443/arcgis/portaladmin/license/importLicense を使用して Portal Administrator API からインポートできます。これがポータルに適したライセンス ファイルであることを確認します。新しいライセンス ファイルをインポートすると、ポータル内のすべてのユーザー タイプまたはアプリ ライセンスが新しいライセンス ファイルで上書きされます。

アップグレードの後、ポータルにアイテム、グループ、およびユーザーが一部しか表示されません。どうすればよいでしょうか。

ソフトウェアをインストールして初期管理者アカウントを指定した後に、ポータルのインデックスの再構築が初期化されます。初期状態ではインデックスの再構築が完了していないため、アイテム、グループ、およびユーザーの一部が表示されない場合があります。ポータルのユーザー数およびコンテンツのボリュームによって、インデックスの再構築が完了するまでにかかる時間は異なります。たとえば、Portal for ArcGIS を 8 コアのコンピューターで実行している小規模な組織 (数百のユーザーとコンテンツ アイテム) の場合は、インデックスの再構築に 15 分程度かかります。一方、Portal for ArcGIS を 8 コアのコンピューターで実行している大規模な組織 (数万のユーザーとコンテンツ アイテム) の場合は、インデックスの再構築に 3 時間以上かかります。

インデックスの再構築の状態は、次の手順で確認できます。[store][index] のカウントが同じであれば、インデックスの再構築とアップグレードは完了しています。

  1. ArcGIS Portal Directory を開き、初期管理者アカウントでサイン インします。URL の形式は、https://portal.domain.com:7443/arcgis/portaladmin です。
  2. [System] > [Indexer] > [Index Status] の順にクリックします。
  3. ページを更新して、最新の状態を確認します。

10.8.1 にアップグレードすると、ポータルから Living Atlas コンテンツにアクセスできなくなります。

アップグレード後にポータルから Living Atlas レイヤーにアクセスできない場合は、そのアイテムが今回のリリースで廃止された可能性があります。「Living Atlas コンテンツのライフ サイクルと更新」で、廃止されたアイテムの最新のリストを確認してください。

アップグレード後に、登録者のコンテンツまたはプレミアム コンテンツのアイテムを開くことができない場合は、このコンテンツにアクセスするようにポータルを構成したときに使用した ArcGIS Online アカウントがまだ有効であることを確認します。このアカウントが有効でない場合は、このアカウントと Living Atlas コンテンツを更新する追加の手順を完了します

ArcGIS Enterprise 10.8.1 へのアップグレード後は、どのユーザー タイプがメンバーに割りてられますか?

10.2.x ~ 10.4.x バージョンからアップグレードするときに、互換性のある 1 つのユーザー タイプのライセンスが付与されている場合は、すべてのメンバーにそのユーザー タイプが割り当てられます。

10.5.x ~ 10.6.x バージョンからアップグレードするときに、レベルごとに互換性のある 1 つのユーザー タイプのみのライセンスが付与されている場合は、レベル 1 とレベル 2 メンバーに互換性のあるユーザー タイプが割り当てられます。

アップグレードで互換性のある複数のユーザー タイプのライセンスを割り当てる場合は、メンバーにテンポラリ ユーザー タイプが割り当てられます。このシナリオでは、指定ユーザーまたはレベル 2 メンバーに Standard (テンポラリ) ユーザー タイプが割り当てられ、レベル 1 メンバーに Lite (テンポラリ) ユーザー タイプが割り当てられます。これらのユーザー タイプが割り当てられたポータル メンバーはポータルにアクセスできません。アップグレードの後に、管理者は、すべてのメンバーについて、有効なユーザー タイプ ライセンスにユーザー タイプを更新する必要があります。

アップグレード後に、ソフトウェア認証エラーを伴って自動アカウント作成が失敗します。

バージョンを 10.7 以前から 10.7 以降にアップグレードする場合、自動アカウント作成機能は無効になります。アップグレードの完了後に、ArcGIS Portal Administrator Directory で、デフォルトのユーザー タイプとロールを新しいメンバーに割り当ててから、自動アカウント作成機能を有効にする必要があります。10.8 以降、新しいメンバーのデフォルトのユーザー タイプとロールは、ポータルの組織設定で設定するか、API を共有している ArcGIS Portal Directory で、ポータル自体のリソース内で setUserDefaultSettings 操作を使用して設定できます。

ポータルにログインすると、[割り当てられたライセンスの数が利用可能なライセンスの数を超えています。これらのライセンスが割り当てられたメンバーは、ポータルにアクセスできない場合があります。詳細については、[ライセンス] タブでご確認ください。] という通知を受信します。どうすればこの問題を解決できますか?

この通知は、管理者がポータルにサイン インしたときに、ポータルのライセンスが超過して割り当てられている場合に表示されます。ユーザー タイプまたはアドオン ライセンスが割り当てられたユーザーの数が利用可能なライセンスの数を超えています。

管理者は [ライセンス] タブに移動して、超過して割り当てられたライセンスを表示できます。超過して割り当てられたライセンスには、利用可能な数よりも大きな割り当て数が示されます。組織のニーズに応じて、ライセンスを再割り当てするか、ライセンスの正しい割り当てを含む新しいポータル ライセンス ファイルを取得できます。

ユーザーに Standard (テンポラリ) または Lite (テンポラリ) ユーザー タイプが割り当てられている場合は、すべてのメンバーについて、有効なユーザー タイプ ライセンスにユーザー タイプを更新する必要があります。詳細については、「ArcGIS Enterprise 10.8.1 へのアップグレード後は、どのユーザー タイプがメンバーに割りてられますか?」 をご参照ください。

最初の管理者アカウントの作成中にエラーが発生しました。アップグレードを完了するにはどうすればよいですか?

初期管理者アカウントの作成中にこのエラーが発生した場合は、ポータルのログに記録されている情報が問題の解決に役立ちます。一般的に、このエラーは、アカウントの作成時にネットワーク接続が一時的に失われた場合に発生します。ログにアクセスするには、ログ ディレクトリを参照して、最新のログ ファイル (たとえば、C:\arcgisportal\logs\<machine name>\portal\portal-20141201.095803-8596-0.0.log) を開きます。 必要な場合は、この情報を Esri Support と共有できます。

10.3.1 からアップグレードする際に、ArcGIS Survey123 または ArcGIS Collector がポータルで構成されている場合、アップグレードを継続するには Esri Support に連絡する必要があります。

以前の配置に戻す場合、以前のバージョンに戻す前にすべてのログ ファイルをコピーして、サポート インシデントのトラブルシューティングを容易にします。(ログにアクセスするには、ログ ディレクトリ (例: C:\arcgisportal\logs\) を参照します。

アップグレード後にユーティリティ サービスに何かをする必要がありますか?

OfflinePackaging、RasterUtilities、または GeocodingTools ユーティリティ サービスを使用している場合、アップグレード後にそれらを手動で更新する必要があります。

  1. アップグレードが完了したら、ユーティリティ サービスを所有するユーザーとして ArcGIS Server Manager にログインします。
  2. [サービス] タブの [サービスの管理] セクションで、[ユーティリティ] フォルダーをクリックします。
  3. [プロパティの共有] 共有 アイコンをクリックします。
  4. 表示されたダイアログ ボックスで [保存] をクリックします。ArcGIS Enterprise ポータルのサービスが更新されます。
  5. 管理者としてポータルにサイン インします。[コンテンツ] タブで、更新したサービスを見つけます。[共有] をクリックします。必要に応じて共有設定を更新してから、[OK] をクリックします。共有している各グループでサービスが更新されます。
  6. 該当するサービスごとに、これらの手順を繰り返します。

ポータルに ArcGIS World Geocoding Service が構成されています。アップグレード後に再構成する必要がありますか?

バージョン 10.2.x からアップグレードした場合、ポータル内のプロキシ アイテムを ArcGIS World Geocoding Service に合わせて再作成する必要があります。その後、アイテムをポータルのジオコーダーとして構成します。10.3.1 では、プロキシ アイテムを ArcGIS World Geocoding Service に更新する必要はありません。