Skip To Content

FAQ

ArcGIS Enterprise に関するよくある質問を、以下に示します。ArcGIS Enterprise を操作しているときに問題が発生した場合は、「トラブルシューティング」を参照して推奨される解決策を確認できます。

全般

マップ

シーン

アプリ

コンテンツ

Esri 注目のコンテンツ

共有

ArcGIS Companion とは

ArcGIS Companion は、ArcGIS 組織、コンテンツ、およびプロフィールへのアクセスを提供する iOS および Android 用ネイティブのモバイル アプリです。アプリを使用して、ArcGIS コンテンツ、メンバー、およびグループを検索、参照、管理したり、他のユーザーと共有しコラボレーションしたりすることができます。Companion では、マップ、シーン、アプリ、レイヤーなどのアイテムを開く場所を選択できます。 たとえば、Explorer for ArcGIS で Web マップを開くことができます。 組織内で最も人気がある最新のコンテンツを調べたり、最新の Esri ニュース、ブログ、ツイートを常に入手したりできます。管理者は、メンバーのパスワードのリセット、メンバーの有効化および無効化、ユーザー プロフィールの更新、ポータルへのメンバーの追加、メンバーへのグループの割り当て、ロールの変更などの、一般的なタスクを実行できます。

Companion は、ArcGIS 組織のすべてのメンバーおよび ArcGIS Developer Program に参加している開発者が利用できます。これは、ポータル Web サイトでサポートされているすべての言語で利用できます。

開始するには、ArcGIS Companion を次の場所からモバイル デバイスにインストールします。

ArcGIS Enterprise での脆弱なパスワードは何ですか?

脆弱なパスワードは受け付けられない場合があります。「password1」などの、よく使用されるパスワード、または繰り返し文字や連続的文字を含むパスワード (たとえば、「aaaabbbb」や「1234abcd」) である場合、そのパスワードは脆弱であると見なされます。

誰が分散コラボレーションを使用できますか?

分散コラボレーションは、バージョン 10.5 以降のすべての ArcGIS Enterprise 配置で利用できます。コラボレーションを使用するには、最低でも組織に ArcGIS Enterprise 基本配置が必要です。

組織サイトで HTTPS だけが使用される理由は何ですか?

HTTPS を使用する最大の理由は、機密情報を暗号化することです。HTTPS は、トランスポート レイヤー セキュリティ (TLS) またはセキュア ソケット レイヤー (SSL) 暗号化プロトコルによって、ネットワーク間の安全な通信を実現しています。ArcGIS プラットフォームは、SSL よりも新しく、安全性の高い暗号化プロトコルである TLS を採用しています。HTTPS を使用すると、情報を URL アドレスに入れてインターネット上で送信した場合に、対象となる受信者だけがその情報を理解できます。通常、インターネット上で送信した情報は、宛先のサーバーに到着するまで、複数のコンピューターを通過するため、このように暗号化することが必要不可欠となります。有効な TLS または SSL 証明書で情報が暗号化されていない場合は、ユーザーとサーバーの間にあるどのコンピューターにも、パスワードなどの機密情報が公開される可能性があります。有効な TLS または SSL 証明書を使用すると、情報の送信先となるサーバーを除いて、誰もその情報を解読できなくなります。これにより、個人情報の盗難など、悪質な活動を防止することができます。

デフォルトでは、ArcGIS Enterprise ですべての通信に HTTPS が適用されますが、セキュリティ設定を使用して組織の要件に合ったセキュリティ プロトコルに変更することができます。 すべてのオンプレミス サービスで TLS を有効化することもお勧めします。レイヤーをマップに追加する場合やアイテムとして追加する場合は、HTTPS の URL を使用することをお勧めします。HTTPS を使用した場合、データを保護できるだけでなく、ブラウザーでのコンテンツの混合の問題を軽減することもできます。現在は、HTTPS 経由でしかアクセスできない Web サイトが数多く存在しています。HTTPS を使用すると、ブラウザーと ArcGIS Enterprise の間で行われるデータ通信とその他すべてのやり取りが確実に暗号化されます。

TLS、SSL、HTTPS、およびインターネット セキュリティの詳細については、Trust ArcGIS でご確認ください。Esri では、ArcGIS プラットフォームに関するセキュリティプライバシー、およびコンプライアンス情報のリソースとして Trust ArcGIS を立ち上げました。Trust ArcGIS では、製品のセキュリティ、セキュリティ警告、セキュリティ コンプライアンス、組織のセキュリティに関するベスト プラクティスなどの情報を提供しています。

認証情報が埋め込まれたセキュアなサービスのデータ ソースの URL プロトコルを HTTPS に変更するには、どうすればよいですか?

ArcGIS Server フィーチャ レイヤー、印刷サービス、ジオコーディング サービスなど、認証情報が埋め込まれたセキュアなサービスを管理する権限がある場合は、セキュアなサービス アイテムのアイテム ページ[設定] タブでデータ ソースの URL プロトコルとして httphttps に置き換えることができます。HTTPS のみを使用してすべてのサービスにアクセスできるようにすることをお勧めします。HTTPS は、サービスがインターネット上で送信される際にそのサービス内の情報を暗号化します。詳細については、「組織サイトで HTTPS だけが使用される理由は何ですか?」をご参照ください。

ArcGIS Configurable Apps テンプレートが開発終了と示されている理由は何ですか?

Configurable Apps テンプレートは、代わりとなる改良型のテンプレートが導入された時点で開発終了ステータスに移行します。テンプレートが開発終了ステータスに移行しても、そのテンプレートで作成した既存のアプリは引き続き動作し、ユーザーがアクセス可能であり、アプリの編集と更新もできます。開発終了ステータスの Configurable Apps テンプレートを使用してアプリを作成することもできますが、Esri では、開発終了ステータスのテンプレートでの新しいフィーチャの追加と問題の解決を行っていないので、この操作を推奨していません。たとえば、アプリの機能に影響を与えるブラウザーの変更または ArcGIS の変更に対応するために、開発終了ステータスのアプリ テンプレートが更新されません。ただし、開発終了ステータスのアプリ テンプレートに基づいてアプリを作成する必要がある場合は、開発終了ステータスのアプリ テンプレートのアイテム ページで [Web アプリの作成] ボタンをクリックすると、この操作を実行できます。

メンバーは組織の管理者の連絡先情報をいつ確認しますか?

ポータルについての問い合わせ先としてリストに表示される管理者を選択できます。追加すると、[組織] ページで、指定した管理者の詳細が管理者以外のすべての組織メンバーに表示されます。

マップに追加できるレイヤーのタイプは何ですか?

完全なリストについては、「追加できるレイヤー」をご参照ください。

マップに保存されているフィーチャとフィーチャ サービス レイヤーに保存されているフィーチャの違いは何ですか?

マップに保存されているフィーチャは、マップ メモ レイヤーの作成によって生成されたか、アップロードされたファイルから生成されたもので、マップ作成者のみが編集できます。フィーチャ サービス レイヤーからのフィーチャは、Web サービスから取り込まれ、サービスの所有者が許可している場合はユーザーによる編集が可能です。

マップにフィーチャを追加する最適な方法は何ですか?

場合によって異なります。大量のデータを保有している場合は、フィーチャ サービスを作成してマップにレイヤーとして追加する方法が効果的です。 他の利用者にフィーチャおよび属性情報を編集してもらいたい場合は、フィーチャ レイヤーを追加する必要もあります。デフォルトでは、フィーチャはマップを表示するすべてのユーザーが編集可能です。

少量のフィーチャだけ追加する場合は、Map Viewerでマップ メモ レイヤーを追加します。 Map Viewer では、形状およびシンボルを選択できる数個のテンプレートを提供しています。ただし、大量のフィーチャを Map Viewer で 1 つずつ作成するのは現実的ではありません。たとえば、事前に定義されたフィーチャのファイルをアップロードすることができません。これらのレイヤーは読み取り専用のため、他の利用者はフィーチャを変更したり、関連する属性情報を編集したりできません。

区切りテキスト ファイル (*.txt または *.csv) または GPS Exchange Format ファイル (*.gpx) にフィーチャが存在する場合は、これらのフィーチャをマップにインポートすることができます。この方法で、コンピューター上のファイルに格納されたフィーチャを簡単に追加できます。フィーチャをマップに追加した後、シンボルを変更してポップアップを構成できます。

ファイルに多くのフィーチャが含まれている場合は、マップに直接ファイルをインポートするのではなく、Web サーバーに配置し、[Web からレイヤーを追加] を使用して URL 経由で参照します。

個々のフィーチャ レイヤーをアイテムとして保存するには、どうすればよいですか?

マルチレイヤー フィーチャ レイヤーの個々のフィーチャ レイヤーを保存するには、次の手順に従います。

  1. マルチレイヤー フィーチャ レイヤーのアイテム ページを開き、[ビジュアライゼーション] タブに移動します。
  2. 保存するレイヤーを [レイヤー] ドロップダウン リストから選択します。
  3. [新しいレイヤーとして保存] をクリックして、そのレイヤーのコピーを新しいアイテムとして [マイ コンテンツ] に保存します。
  4. タイトル、タグ、およびサマリーを入力し、必要に応じて別のフォルダーを選択して、そのレイヤーを保存します。
  5. [現在のレイヤーのみ] を選択して新しいアイテムを作成し、[保存] をクリックします。

どうすればマップが時間対応レイヤーを利用していることがわかりますか?

マップの最下部にタイム スライダーが表示されている場合、マップには 1 つ以上の時間対応レイヤーが含まれ、マップを再生して時間経過に伴う情報の変化を確認できます。

[保存] と [名前を付けて保存] の違いは何ですか?

[保存] では所有している既存のマップを更新します。[名前を付けて保存] をクリックすると、マップのコピーが作成され、元の [マップの保存] ウィンドウが表示されて、タイトルやタグなどを更新できます。ユーザー自身が所有していないマップのコピーを保存できます。所有していない既存のマップを更新することはできません。

ArcGIS API を使用したマップの構築と、Map Viewer を使用したマップの構築の違いは何ですか?

Map Viewer は、対象となるさまざまなレイヤーを簡単にマッシュ アップできるキャンバスと考えられます。マップが完成したら、他のポータル ユーザーと共有したり、アプリに埋め込んだりできます。これは、ArcGIS API を使用して作成したアプリでもかまいませんし、プログラミングの経験がない場合は、ポータルの Web アプリ テンプレートなどの事前に設定されたアプリを使用することもできます。

ArcGIS API を使用すると、Map Viewer で開始しなくても、最初から組み合わせて構築することもできます。これには、開発者によるコードおよびレイヤー管理が含まれます。

組織サイトのベースマップ ギャラリーのベースマップとしてレイヤーを使用できるようにするにはどうしたらよいですか?

Map Viewer のベースマップ ギャラリーでは、デフォルトで ArcGIS Online から取得したベースマップが使用されますが、ポータル管理者は、別のグループを使用してベースマップ ギャラリーを取り込むように Map Viewer を構成することができます。ポータルでカスタム ベースマップ ギャラリーを使用している場合、ポータル管理者は、他のユーザーがそのギャラリーにコンテンツを提供することを許可します。また、コンテンツを作成して共有する権限のあるロールのメンバーである場合は、ベースマップを作成してベースマップ ギャラリーに追加することができます。レイヤーをカスタム ベースマップ ギャラリーで利用できるようにするには、次の手順を実行します。

  1. ポータル管理者に連絡して、メンバーがコンテンツを提供できるカスタム グループがベースマップ ギャラリーで使用されているかどうかを確認します。使用されている場合は、そのグループに加入するか、そのグループに自分を追加するように管理者に依頼します。
  2. 組織サイトにサイン インして、Map Viewer を開きます。
  3. ベースマップとしてレイヤーをマップに追加します。追加できるのは、ArcGIS Server Web サービス、OGC レイヤー、タイル レイヤーのいずれかです。このレイヤーは、ベースマップ ギャラリー グループおよび組織で共有する必要があります。
  4. マップを保存します。仲間のポータル メンバーが内容を把握できるわかりやすい名前をマップに割り当てます。
  5. [共有] をクリックして、ベースマップ ギャラリー グループおよび組織サイトでマップを共有します。

シーンとは何ですか?

シーンは、レイヤーやスタイル、およびそれらの構成により 3D 表現されたもので、ユーザーは、シンボル表示された地理空間コンテンツをインターネットを経由して他のユーザーと共有することができます。ArcGIS Pro、または Scene Viewer ポータルに用意されている ArcGIS Enterprise を使用して、3D シーンを作成できます。

Scene Viewer とは

Scene ViewerArcGIS Enterprise Web サイトに組み込まれたアプリで、3D シーンの作成と操作に使用します。Scene ViewerWebGL をサポートするデスクトップ Web ブラウザーで動作します。WebGL は、最新のブラウザーのほとんどに組み込まれている、3D グラフィックスをレンダリングするための Web 技術標準です。

シーンを開くにはどうすればよいですか?

Scene Viewer を使用して、ポータル Web サイトでシーンを表示するか、組織にサイン インしてシーンを作成します。また、ArcGIS Pro でシーンを開くこともできます。

シーンを作成するにはどうすればよいですか?

組織サイトにサイン インしてポータルの Scene Viewer を使用してシーンを作成するか、ArcGIS Pro を使用して、シーンを作成して共有します。

シーンとマップにはどのような違いがありますか?

ブラウザーで表示できるデータ レイヤーを組み合わせるという点で、シーンとマップは似ています。シーンがマップと異なるのは、シーンには 3D 環境でデータが表示され、任意の方向および角度にナビゲーション可能である点です。

シーンの作成に ArcGIS Pro は必要ですか?

いいえ。Scene Viewer を使用して、組織で共有されているレイヤーを組み合わせることで、シーンを作成できます。

Scene Viewer で 2D データを使用するにはどうすればよいですか?

2D データを 3D 環境で使用することで、データについての理解を深めることができます。たとえば、2D シンボルにサイズと高さを適用して 3D シンボルを作成できます。サーフェスを拡大/縮小および回転することにより、データをさまざまな角度から見ることができます。また、重なり合った 2D レイヤーに標高を追加して、各レイヤーのデータを簡単に確認することもできます。

Scene ViewerCityEngine Web ビューアーの違いは何ですか?

Scene ViewerCityEngine Web ビューアーは ArcGIS Enterprise で利用可能な 2 つの異なるアプリケーションです。各アプリケーションは、独自の機能と目的を持っています。

Scene Viewer では、次の操作を行うことができます。

  • Scene Viewer または ArcGIS Pro によって作成されたシーンの表示。Scene ViewerCityEngine Web シーンをサポートしていません。
  • シーンの作成: たとえば、レイヤーの追加と削除、シンボルの変更、スライドのキャプチャを行うことができます。
  • シーン レイヤー、フィーチャ レイヤー、イメージ レイヤー、タイル レイヤーなどのポータル レイヤーのコレクションを表示します。
  • 球体ビュー (グローバル シーン) または平面ビュー (ローカル シーン) のベースマップを使用して世界全体にレンダリングされたシーンの表示。
  • データの読み込みと画像/グラフィックスのレンダリングが段階的に行われるシーンの操作。

CityEngine Web ビューアーでは、次の操作を行うことができます。

  • CityEngine または ArcScene からエクスポートされた静的な CityEngine Web シーン (.3ws) を表示します。CityEngine Web Viewer はシーンをサポートしていません。
  • 直交座標系を使用して、小さいローカルな範囲でレンダリングされた CityEngine Web シーンを表示します。
  • シナリオのコメント付けと比較: たとえば、スワイプ ツールを使用して、2 つのシナリオの違いを確認できます。
  • CityEngine Web Viewer は CityEngine Web シーンを起動時の最初のダウンロードとして読み込み、その後ストリーミング データを読み込みません。
  • CityEngine Web Viewer は表示用のツールで、ベースマップの追加、シンボルの変更、レイヤーの構成といった作成機能をサポートしていません。

フィーチャ レイヤーの 3D ジオメトリを共有できますか?

はい。3D ポイント、ライン、およびポリゴンを共有できます。

シーンで独自のテレイン モデルを共有できますか?

はい。ArcGIS Server を使用してカスタム テレインを共有できます。ArcGIS Desktop 10.3 以降を使用すると、キャッシュされた標高イメージ サービスを作成し、ArcGIS Server を介して共有できます。また、ArcGIS Pro を使用して、標高データからタイル パッケージを構築し、ArcGIS Enterprise でホスト標高レイヤーを作成することもできます。 その後、これらの標高サービスとレイヤーをシーンに追加できます。

ストーリー マップ アプリで、そのアプリに埋め込んだアプリや Web コンテンツが表示されないのはなぜですか?

HTTPS のみを経由して通信するようにポータルが構成されている場合、そのポータルで作成したストーリー マップは常に HTTPS 経由でアクセスされます。埋め込んだアプリまたは Web コンテンツが HTTP 経由でアクセスされる場合、埋め込んだアイテムはストーリー マップに表示されません。

ベースマップ ギャラリーにあるベクター ベースマップをサポートしているのはどの ArcGIS アプリですか?

ベクター ベースマップは、Map ViewerScene ViewerArcGIS ProCollector for ArcGISWorkforce for ArcGISExplorer for ArcGISWeb AppBuilder で作成されたアプリ、 Ortho Maker ベースマップ ギャラリーを含む構成可能なアプリで使用できます。ベクター ベースマップを特定の ArcGIS アプリで使用できるかどうかを確認するには、アプリのドキュメントをご参照ください。

ベクター ベースマップの詳細およびベクター ベースマップとラスター ベースマップの比較については、「タイル レイヤー」をご参照ください。

どのくらい大きいファイルをアップロードできますか?

Web ブラウザー経由で最大 200 GB のファイルを [マイ コンテンツ] にアップロードできます。

ヒント:

大きなタイル パッケージを公開するには、複数のプロセシング コアを利用できるジオプロセシング ツールの [パッケージの共有 (Share Package)] を使用することをお勧めします。

どのようなコンテンツを共有することができますか?

サポートされているタイプのマップ、アプリ、レイヤー、ツール、およびファイルを共有できます。

自分のマップまたはアプリの URL を共有できますか?

はい。URL によって、コンテンツ アイテム、検索結果、およびグループに直接アクセスできます。

ホスト レイヤーの公開に使用されているソース アイテムを削除したらどうなりますか?

ホスト レイヤーの公開に使用されているソース アイテムを削除した場合、そのレイヤーは引き続き期待どおりに描画されます。ただし、ソース データへのアクセスを必要とする特定の機能が期待どおりに動作しない可能性があります。当該機能はレイヤーによって異なります。影響を受ける機能には、次のようなものが含まれます。

  • サービス定義ファイルを削除した場合、ArcMap[既存サービスを上書き] オプションは期待どおりに動作しないことがあります。
  • シェープファイル、ファイル ジオデータベース、または CSV ファイルを削除した場合、ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページにある [上書き] オプションは使用できなくなります。
  • タイル パッケージ (*.tpk) を削除した場合、そのパッケージから公開されたホスト タイル レイヤーはオフラインで利用することができません。

ホスト レイヤーの公開に使用されているソース アイテムがホスト レイヤー自体である場合、ソース アイテムとして使用されているホスト レイヤーは、そのレイヤーから公開されたすべてのホスト レイヤーが削除されて初めて削除可能になります。

ホスト フィーチャ レイヤーのデータを更新するには、どうすればよいですか?

ホスト フィーチャ レイヤーへの編集を有効にした場合は、Map Viewer でフィーチャおよびそれらの表示を編集することができます。レイヤーを Web マップに保存し、そのマップをアプリで使用する場合は、そのアプリを使用してホスト フィーチャ レイヤーのフィーチャを編集できます。

ファイル ジオデータベース、シェープファイル、GeoJSON、または緯度/経度情報を含む CSV/Microsoft Excel ファイルから公開されたホスト フィーチャ レイヤーのデータを更新するには、ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム ページで [上書き] オプションを使用して、データを更新されたソース ファイルのデータで置換します。

ArcMap または ArcGIS Pro からホスト フィーチャ レイヤーを公開した場合は、同じアプリケーションで同じマップのサービスを上書きします。

Web サイトのコンテキスト内の Web マップと Web アプリの違いは何ですか?

Web マップは、特定の地域を網羅した情報レイヤーおよびポップアップをまとめて表示することができます。マップはさまざまなデバイスで使用でき、ブラウザー、モバイル デバイス、またはデスクトップ アプリで表示できます。アプリ固有のツールを使用してマップの範囲を変更し、場所を検索し、場所に関する詳細データを表示することができます。

対象地域の定義、ベースマップの選択、データ レイヤーの追加、ポップアップの構成によって Web マップを構築できます。マップを保存して、すべての利用者または所属する特定のグループとマップを共有できます。

Web アプリは、用途を絞ってマップ、データ、およびツールを組み合わせた Web サイトです (選挙の投票所の検索など)。ブログに埋め込むアクセス可能なマップ イメージのように簡単なものもあれば、GPS ナビゲーションの視覚化のように複雑なものもあります。

Web アプリは、(ポータルに付属する) テンプレートを元に作成するか、ArcGIS API を利用してスクラッチで開発できます。どちらのタイプのアプリでも、ArcGIS マップにつなげることができます。通常、アプリはマップの情報を基に構築され、固有の構成を追加したりカスタマイズしたりすることによって補完されます。アプリは、ユーザーのコンテンツの一部としてシステムでホストするか、別々に管理してシステムに登録することができます。

ホスト フィーチャ レイヤーが ArcGIS Online ベースマップ上で表示されるときに再投影される方法は、どのようにしたら制御できますか?

Map ViewerScene ViewerArcGIS ProArcMap などの ArcGIS アプリにレイヤーを追加すると、アプリは、データがベースマップに合わせて正確な位置に配置されるようにリアルタイムで再投影を実行します。ArcGIS は、ベースマップの座標系に基づくリアルタイムでの再投影に適したデフォルトの変換を選択します。時として、このデフォルトの選択が必要な精度に達しない場合があり、その結果、フィーチャが一方向に少しだけずれたように表示されることがあります。また、デフォルトの選択が、組織の GIS ベスト プラクティスの一環として使用される変換に適合しない場合もあります。

ホスト フィーチャ レイヤーを ArcMap または ArcGIS Pro から公開するときに、一般ユーザーが、ArcGIS Online ベースマップを含むマップでそのホスト フィーチャ レイヤーを使用することがわかっている場合は、次のいずれかのオプションを実行できます。

  • オプション 1: 自分のデータの投影法は維持し、その一方で、ホスト フィーチャ レイヤーのリアルタイムでの再投影時にポータルが使用できる地理座標系変換を定義します。

    このオプションでは、ソース データとホスト フィーチャ レイヤー データで引き続き同じ投影法が使用されます。ユーザーは、リアルタイムでの再投影が必要な場合に使用される地理座標系変換を定義します。

    以下では、データの元の投影法は維持して、地理座標系変換を定義することで、レイヤーが ArcGIS Online ベースマップ上に表示されるときに再投影される方法を制御する手順を簡単に説明します。

    1. ArcMap または ArcGIS Pro で、ホスト フィーチャ レイヤーとして公開するマップを開きます。
    2. マップのデータ フレーム プロパティを開き、マップのソース データの座標系と一致するようにデータ フレームの座標系を設定し、変更を適用します。
    3. 地理座標系変換を定義します。この場合、変換先の座標系と変換の実行に使用される投影法を定義する必要があります。WGS 1984 に投影変換することを選択します。

    公開時に、ホスト フィーチャ レイヤーでは、設定した地理座標系変換が格納され、ArcGIS Online ベースマップ上に表示するレイヤーの再投影時にこの変換が使用されます。

    メモ:

    ArcGIS Enterprise では、レイヤーに対して定義した変換がサポートされていない場合、デフォルトの変換が使用されるか、再投影に失敗します。ArcGIS Enterprise は、デフォルトで ArcMap および ArcGIS Pro にインストールされている変換をサポートします。

  • オプション 2: フィーチャクラス データがリレーショナル データ ストアにコピーされるときに WGS 1984 Web メルカトル (球体補正) に投影変換されるようにマップを構成します。

    このオプションでは、ホスト フィーチャ レイヤー データが ArcGIS Online ベースマップと同じ座標系でリレーショナル データ ストアに格納されるため、これらのベースマップ上に表示されてもリアルタイムでの再投影は必要ありません。 ただし、この場合、ホスト フィーチャ レイヤー データとデータ ソースのデータではそれぞれ異なる投影法が使用されます。

    以下では、公開プロセス中に、ホスト フィーチャ レイヤー データが WGS 1984 Web メルカトル (球体補正) で格納される形で再投影されるようにマップを構成する手順を簡単に説明します。

    1. ArcMap または ArcGIS Pro で、ホスト フィーチャ レイヤーとして公開するマップを開きます。
    2. データ フレームの座標系を WGS 1984 Web メルカトル (球体補正) に設定します。この投影法で、ホスト フィーチャ レイヤー データが格納されます。
    3. 地理座標系変換を定義します。マップでソース データによって使用される投影法を選択します。

    公開時にリレーショナル データ ストアにコピーされたデータは WGS 1984 Web メルカトル (球体補正) で格納されます。

ArcGIS Living Atlas of the World とは

ArcGIS Living Atlas of the World は、Esri から収集された信頼性が高く、すぐに使用できるグローバルな地理情報を格納した進化型のコレクションです。ここには、画像、ベースマップ、人口統計およびライフスタイル、地形、境界および場所、交通、地球観測、都市システム、海洋図、古地図などが含まれており、独自のデータと組み合わせて、マップ、シーン、アプリを作成し、解析を実行することができます。

サブスクリプション コンテンツとは何ですか?

サブスクリプション コンテンツは、すぐに使用できるマップ レイヤー、解析ツール、および Esri が公開しているサービスのコレクションです。このコンテンツにアクセスするには、ArcGIS Online 組織のサブスクリプション アカウントが必要です。このコンテンツには、NAIP 画像、地勢解析レイヤー、古地図などの Esri が提供しているレイヤーが含まれます。サブスクリプション コンテンツは、ArcGIS Online クレジットは消費しません。

プレミアム コンテンツとは何ですか?

プレミアム コンテンツは、ArcGIS Online のサブスクリプション コンテンツの一種です。プレミアム コンテンツは、すぐに使用できるマップ レイヤー、解析ツール、アプリ、および Esri が公開しているサービスのコレクションです。このコンテンツには ArcGIS Online 組織アカウントからアクセス可能であり、このコンテンツを使用すると、クレジットが消費されます。Esri 提供のプレミアム コンテンツ レイヤーには、ジオコーディング、ジオエンリッチメント、ネットワーク解析、および空間解析のためのツールだけでなく、人口統計マップやライフスタイル マップなどもあります。

同僚とコンテンツを共有している場合に、そのコンテンツを変更する権限を同僚に与えるには、どうすればよいですか?

組織内の他のメンバーがマップ、アプリ、レイヤー、ファイル、およびこれらのアイテムの詳細を更新できるようにします。これには、アイテム更新機能が有効になっているグループ内でこれらのアイテムを共有します。アイテム更新機能が有効なグループ内でアイテムを共有すると、そのグループのメンバーは、グループ内で共有しているすべてのアイテムを更新できるようになります。これには、アイテムの詳細の変更またはコンテンツの更新が含まれます。

組織内の他のメンバーが共有コンテンツを更新できるようにすると、役立つ場合が多くあります。たとえば、この機能が有効である場合、交代制の作業員のチームが重要な Web マップの更新 (レイヤーの追加/削除、シンボルの変更、マップの説明の更新など) を行う際に責任の分担が容易になります。別の一般的な例として、すべてのユーザーを対象にレイヤーに対する編集を有効化せずに、一般ユーザーに表示されるホスト フィーチャ レイヤーを編集者のチームが編集できるようにする場合があります。

他のユーザーが共有アイテムを更新できるようにする方法は、次のとおりです。

  1. 次の手順に従って、アイテム更新機能が有効なグループを作成します。
    1. 更新機能を持つグループを作成する権限があることを確認します。
    2. 新しいグループを作成します。[グループのメンバーが更新できるアイテム] 設定で、[すべてのアイテム (グループ メンバーシップは組織に制限されます)] を選択します。
      メモ:

      このオプションは、グループを新規作成する場合と、グループのメンバーシップが、招待されたユーザー、または要求して、加入を承認されたユーザーのみに開かれている場合のみ使用可能になります。

    3. ユーザー本人 (依頼人) と同僚 (そのユーザーと共同で作業する他のユーザー) を、作成したグループに追加します。
      メモ:

      コンテンツを作成、更新、および削除する権限を持っている組織のメンバーのみを招待することができます。

  2. [アクセスおよび更新機能] オプションを使用して、そのグループ内でアイテムを共有します。

    ユーザー本人は引き続きアイテムの所有者となり、グループ内の他のメンバーは、アイテムの詳細を変更すること、およびコンテンツを更新することを含めて、これらのアイテムを更新できるようになります。

メモ:

アイテムの所有者 (または管理者) のみ、アイテムに対して、削除、共有、移動、所有者の変更、削除の防止の変更、公開、アプリの登録、ホスト フィーチャ レイヤー内のデータの上書き、およびホスト タイル レイヤー内のタイルの管理の操作を実行できます (すべてのアイテム タイプに、すべてのアクションを適用できるわけではありません)。