Skip To Content

ジオコード サービスおよびロケーター

ジオコーディングのプロセスでは、場所または住所のテキスト表現がその位置のマップ表現に変わります。 ジオコーディングにより、住所を検索してマップ上に表示し、周囲のフィーチャとの関係を調べることができます。 マップを調べて関係がわかることもあれば、空間解析ツールを使用して、簡単にはわからない情報を表示することもあります。 ジオコーディングの作業は、ロケーターと呼ばれるサービスで実行されます。

ロケーターを使用すると、ユーザーは、住所、対象場所、パーセル、その他のアセットを見つけやすくなります。 ArcGIS Enterprise では、ロケーターはジオコード サービスで使用されます。 ジオコード サービスは、ビジネスおよび顧客管理から、出荷および流通、ルート案内およびナビゲーションまで、幅広いアプリケーションをサポートします。 ロケーターは、単一クエリ (モバイル アプリのアドレス バー) またはバッチ クエリ (テーブル ファイルがフィーチャクラスにジオコーディングされる場合) のいずれかから、対象地域の場所を効率的にジオコーディングできる必要があります。

ArcGIS World Geocoding Service など、製品化されているロケーターおよびジオコード サービスは数多くあります。 一方で、このようなロケーターが組織のニーズに適合せず、組織が収集および管理するアセットおよび住所データを使用してロケーターを作成する機能がない場合もあります。

独自のロケーターの構築に時間をかければ、ジオコーディングのニーズを確実に満たすことができます。 たとえば、地域の公益事業会社は、自治体内のスマート メーターのコレクションを使用してロケーターを構築し、各メーターをジオコーディングしてメーター読み取り担当者のルートを計画することができます。

ArcGIS Pro で、独自のロケーターを作成できます。

ArcGIS Pro を使用している場合、カスタム ロケーターを ArcGIS Enterprise ポータルで共有できます。またこれにより、ジオコード サービスがフェデレーション ArcGIS Server サイトに公開されます。 さらに、ArcGIS Pro 2.4 以降、ジオコード サービスをスタンドアロン ArcGIS Server サイトに公開できます。

ロケーターまたはジオコード サービスを ArcGIS Enterprise に配置すると、Map Viewer ClassicArcGIS Web AppBuilder などのクライアント アプリケーションでこれらを使用できます。

ロケーターの作成

ロケーターは、ArcGIS でジオコーディングを行うための主要なツールです。 住所およびその他のテキスト文字列をマップ位置に変換する際に必要なすべてのデータおよび設定が含まれています。 独自のロケーターを構築するには、以下を実行する必要があります。

  1. ロケーターの目的、ジオコーディングするエントリの形式および座標精度を定義します。 ロケーターのユーザーが都市名または郵便番号のみを入力するのか、完全な住所を入力するのか。 特定の建物、特定のブロック、エリアの重心のいずれを特定したいのか。 2 名のユーザーが同じ場所に異なる名前または住所を指定できるのか。
  2. 参照データの指定 定義した目的にロケーターが適合するために、このデータにはロケーターの対象地域が含まれ、座標精度が適切である必要があります。 複数セットの参照データを指定できます (主要住所の 1 セットとこれらの場所のエイリアス候補の追加セット)。
  3. どのフィールドが郵便番号を参照し、どのフィールドが番地を参照するかなどをロケーターに示すために、参照データのフィールドを配置します。 このプロセスは、フィールド マッピングと呼ばれ、ソフトウェアが自動的に実行する場合もあります。
  4. ロケーターを .loc 形式で作成し保存して、Web に公開または共有できるようにします。

詳しい手順については、ArcGIS Pro の「ロケーターの作成」をご参照ください。

レガシー:

新機能 (パフォーマンスの改善、マルチスレッディング、候補の表示のサポートなど) はジオデータベースに格納したロケーターには対応していないので、新機能を有効に活用できるように、ロケーターをファイル フォルダーに格納しておく必要があります。 ArcGIS 10.4 までのバージョンがジオデータベースへのロケーターの格納に対応していました。

注意:

ArcGIS Enterprise 10.9 は、[住所ロケーターの作成 (Create Address Locator)] ジオプロセシング ツールで作成されたロケーターの公開がサポートされる最後のバージョンになります。

複数ロールのロケーター

複数ロールのロケーターは、複数の参照データ レイヤーとロケーター ロールで構成されています。 複数ロールのロケーターを使用して、多くのソースからの異なるジオメトリ タイプの複数のデータ レイヤーと複数のロケーター ロールを単一のロケーターに結合することができます。 これによって、単一のロケーターを使用して、屋根の位置、内挿された道路の位置、目標物、郵便番号、行政区域を検索できます。 複数ロールのロケーターを作成すると、冗長な情報と候補が削減されるため、パフォーマンスを高め、ディスク上のロケーターのサイズを削減することができます。

コンポジット ロケーター

コンポジット ロケーターでは、ロケーターを複数のソースから 1 つのロケーターに結合させることができます。 コンポジット ロケーターを使用すると、住所が一度にさまざまなソースのデータに基づく複数のロケーターと照合されるようにジオコーディングすることができるため、一致した結果のジオコーディング精度が上がります。 コンポジット ロケーターは最適な一致が見つかる可能性が高い別のロケーターへの切り替えができます。 たとえば、コンポジット ロケーターには、建物の屋上と道路の中心線に基づくロケーターが含まれていますが、屋上ロケーターで住所が見つからない場合、次に最適な一致のために道路ロケーターに切り替えます。 ArcGIS Pro[ロケーターのプロパティ] ダイアログ ボックスでコンポジット ロケーターのフォールバック順または結果の順序を変更できます。 コンポジット ロケーターには、関係するロケーターへの参照が格納されていますが、個々のロケーターの実際の住所情報、インデックス、参照データは含まれていません。

コンポジット ロケーターを公開または共有する場合、データ ソースを登録するのではなく、すべてのデータがコピーされるよう指定する必要があります。 使用するロケーターが、サーバーに登録されているフォルダーに格納されている場合は、コンポジット ロケーターのみがサーバーにコピーされ、使用するロケーターはコピーされません。

ArcGIS Pro でコンポジット ロケーターを作成できます。 詳細については、ArcGIS Pro の「複数のロケーターのコンポジット ロケーターへの結合」をご参照ください。

ロケーターの共有

ロケーターの作成が完了したら、ArcGIS Enterprise で共有できます。

ArcGIS Pro からロケーターを共有する方法は、主に 3 つあります。

ジオコード サービスのオペレーション

ジオコード サービスには、ジオコーディングやリバース ジオコーディングを実行したり、候補を生成できるオペレーションが組み込まれています。 ジオコーディングは住所から地理的な位置を見つけるプロセスを指し、リバース ジオコーディングは地理的な位置に最も近い住所を見つけるプロセスを指します。候補は、部分的な入力文字列に対して生成される、自動的に補完された住所です。 ロケーターを公開するときには、ジオコード オペレーションと リバース ジオコードオペレーションがデフォルトで有効になります。 候補オペレーションは、デフォルトで有効化されており、候補がソース住所ロケーターで有効化されている場合にのみ使用できます。 ArcGIS Server Manager の [サービス エディター][ケーパビリティ] タブで、これらのオペレーションの 1 つを有効または無効にすることができます。

ジオコード サービスの利用

ロケーターをジオコード サービスとして利用するには、サービスを使用するクライアント アプリケーション (Web アプリケーション、ポータルのマップ ビューアーなど) が必要です。 ArcGIS API for JavaScript および ArcGIS Runtime SDK を使用すると、ジオコード サービスを使用できるカスタム アプリケーションを作成できます。

ポータルでカスタム ロケーターをデフォルトのロケーターとして使用するには、ポータルのジオコーディング サービスとして指定します。

基本的な形式のジオコード サービスは、住所を受け取り、それに対応する位置座標を返す Web サービスです。 ArcGIS Server Services Directory でサービスを参照すると、ジオコード サービスの REST URL が表示されます。 URL はこのようになるはずです。

http://gisserver.domain.com:6443/arcgis/rest/services/folder/MyGeocodeService