Skip To Content

Living Atlas コンテンツのライフ サイクルと更新

ArcGIS Living Atlas of the World のコンテンツは ArcGIS Online 上でホストされますが、ポータル管理者は、これらの Living Atlas アイテムにアクセスするようにポータルを構成することができます。ポータルの外部のコンテンツにアクセスするため、そのコンテンツのライフ サイクルとそのコンテンツに関連付けられた詳細情報は、ArcGIS Enterprise のリリース サイクルとは完全には関連付けられていません。

ArcGIS Enterprise の各バージョンには、ArcGIS Online のコンテンツを参照する Living Atlas アイテムの固定サブセットが含まれています。特定アイテムのデータが変更された場合、ポータル アイテムにアクセスすると、データの変更内容が表示されます。ただし、アイテムの詳細情報への変更は表示されません。アイテムのライフ サイクルに関する情報も同様です。

アイテムの中には、Living Atlas コンテンツのライフ サイクルの一環として、次のいずれかの状態に置かれるものもあります。これらの状態は、ポータルに表示されるコンテンツに影響を及ぼす可能性があります。

  • 開発終了バージョン サポート (非推奨)

    Living Atlas のコンテンツの場合、開発終了バージョン サポート ステータスとは、コンテンツが静的で、今後更新が行われないことを意味します。アイテムが開発終了バージョン サポートに配置される最も一般的な理由は、似ているが大幅に改善されたアイテムが Living Atlas に追加され、それを代わりに使用する必要があるためです。ただし、Esri とデータ プロバイダーとの契約が期限切れ間近で、まもなくアイテムにアクセスできなくなるため、アイテムが開発終了バージョン サポートに置かれる場合もあります。そのようなアイテムを開発終了バージョン サポート ステータスに配置することで、別のアイテムの使用を開始するまでの時間が与えられます。

    開発終了バージョン サポートにあるコンテンツは、アイテムが廃止されるまで既存のマップやアプリで引き続き機能します。コンテンツが廃止され、マップやアプリでコンテンツにアクセスできなくなる前に、既存のマップやアプリ内で開発終了バージョン サポート アイテムを置き換えておくことをお勧めします。開発終了バージョン サポート アイテムを新規のマップやアプリで使用しないでください。

  • サポート終了

    ArcGIS Enterprise を次のリリースにアップグレードすると、廃止されたアイテムはポータル内に存在しなくなります。それに加えて、ArcGIS Online をアップグレードしなくても、ArcGIS Enterprise から廃止されたアイテムは既存のマップやアプリで動作しなくなります。このため、廃止される前に開発終了バージョン サポート アイテムを置き換えておくことは重要です。

開発終了バージョン サポート コンテンツの識別

Living Atlas のコンテンツのステータスが ArcGIS Enterprise のリリース サイクルとほとんど無関係であっても、コンテンツにアクセスできなくなる前に既存のマップやアプリをアップグレードできるように、どのコンテンツが開発終了バージョン サポートにあるかを識別できる方法があります。

  • ポータルをアップグレードするとき、特定バージョンの Living Atlas がリリースされる時点で開発終了バージョン サポートになっている ArcGIS Enterprise のコンテンツの詳細ページは、その状態に応じてラベル付けされます。
  • ポータル内の各アイテムの詳細ページには、ArcGIS Online 内のアイテムへのリンクが含まれています。ArcGIS Online のページは、アイテムの現在のステータスを反映しています。
  • ArcGIS Enterprise のリリース時に開発終了バージョン サポートになったアイテムはそれぞれ、開発終了バージョン サポートであることを示すタグが付けられます。次の手順で説明されているとおり、このタグを使用して開発終了バージョン サポート アイテムを識別します。

  1. ポータルにサイン インします。
  2. 検索に「非推奨」を入力します。

    結果には、ポータル内のすべての非推奨アイテムと、アイテム ページに「非推奨」という単語を含むアイテムが返されます。esri_livingatlas が所有し、[非推奨] バッジを含む非推奨 Living Atlas アイテムを特定できます。

開発終了バージョンまたは廃止されたコンテンツの置き換え

開発終了バージョンまたは廃止されたコンテンツを使用していることが判明したら、既存のマップやアプリ内で置き換えることができます。

開発終了バージョンまたは廃止されたコンテンツの ID を検索し、マップが別のレイヤーにアクセスしたりアプリが別のマップにアクセスするように更新するには、次の手順に従います。

  1. ポータルにサイン インして、アイテムの詳細ページを開きます。
  2. アイテムの説明には、代わりに使用するべきアイテムへのリンクがあります。[このレイヤーの新しいバージョン] リンクをクリックします。

    ArcGIS Online の代替アイテムの詳細ページが開きます。

  3. ArcGIS Online の URL からアイテムの ID をコピーします。

    たとえば、ArcGIS Online の URL が http://www.arcgis.com/home/item.html?id=986e0b86c8e447549aaecbed728538f0 の場合、986e0b86c8e447549aaecbed728538f0 をコピーします。

  4. ポータルにサイン インしたブラウザー タブまたはウィンドウに戻り、URL 内のアイテムの ID を ArcGIS Online からコピーした ID に置き換えます。

    たとえば、ポータルの URL が https://myportalmachine.mydomain.com/gis/home/item.html?id=f720ceb965074b158df5963c5f2f59fb の場合、f720ceb965074b158df5963c5f2f59fbArcGIS Online からコピーした ID に置き換えます。

    ポータルで代替アイテムの詳細ページが開きます。次の手順で使用できるように、このアイテムの名前を記録します。

  5. 開発終了バージョン サポートまたは廃止されたアイテムが含まれている各マップまたはアプリを開き、前の手順で特定したアイテムで置き換えます。マップまたはアプリを保存します。

10.8 で廃止されたアイテム

次の Living Atlas のアイテムは機能しなくなったため、ArcGIS Enterprise 10.8 のリリースの時点で廃止されました。

廃止されたアイテムアイテム ID

MapWorld Global Imagery Hybrid

4f91c438df4f44c89452b6b8f15eb14a

MapWorld Global Basemap

227839e533bf4cae8818bf056a01a2f0

MapWorld Global Shaded Terrain Map

293416c5572c4de581d84b66e3e8484b