Skip To Content

アイテムの構成

デフォルトの管理者および正しい権限を持つ管理者は、組織が所有しているアイテムのコメントおよびメタデータを構成できます。組織のカテゴリを構成することもできます。

  1. デフォルトの管理者または正しい管理権限を持つカスタム ロールとしてサイン インしていることを確認します。
  2. サイトの上部にある [組織] をクリックして、[設定] をクリックします。
  3. ページの左側にある [アイテム] をクリックします。
  4. 以下のアイテム設定のうちのいずれかを構成します。
    • [コメント]
      備考:

      コメントを構成するには、セキュリティ設定を管理するための権限を持つ必要があります。

    • [メタデータ]
      備考:

      メタデータを構成するには、組織の Web サイトを管理するための権限を持つ必要があります。

    • [組織のカテゴリ]
      備考:

      組織のカテゴリを構成するには、組織の Web サイトを管理するため、およびカテゴリを管理するための権限を持つ必要があります。

  5. [保存] をクリックして、変更した内容を保存します。

コメント

チェックボックスをオンにすると、組織内のアイテムに対するコメントを表示および許可できます。このチェックボックスがオンでない場合、コメントは追加できず、組織が所有するアイテムに対するコメントを表示できません。

メタデータ

オンにすると、組織のメタデータを有効化して、スタイル (FGDC CSDGM Metadata、INSPIRE Metadata Directive、ISO 19139 Metadata Implementation Specification GML3.2、ISO 19139 Metadata Implementation Specification、または ISO19115 2003 の North American Profile) を選択することができます。

スタイルは、メタデータの表示方法およびメタデータの作成に利用可能なフィールドを制御します。メタデータを有効化することで、組織サイトのメンバーは、組み込みメタデータ エディターを使用して、アイテムに規格準拠のメタデータを追加することができます。このメタデータが追加されると、アイテムにアクセスできるユーザーは、組織サイトに構成されているスタイルでメタデータを表示することができます。

備考:

後でメタデータを無効化すると、既存のメタデータは失われます。その後もメタデータはアイテムの一部のままですが、ポータル Web サイトでは、編集操作は行えなくなります。メタデータが有効化されているときに作成された規格準拠のメタデータは、引き続きアイテム ページから表示できます。

組織のカテゴリ

[カテゴリの設定] をクリックして、コンテンツを整理するための階層カテゴリを構成できます。組織のカテゴリの設定を選択した場合、独自のカスタム カテゴリを作成したり、開始点として ArcGIS の標準カテゴリ セット (ArcGIS Living Atlas of the World で表示されます)、ISO (International Organization for Standardization) または INSPIRE を使用することができます。 カテゴリを構成したら、メンバーが検索や参照時により簡単に必要なコンテンツを検索できるように、カテゴリを使用して組織内のアイテムを整理できます。

備考:

[カテゴリの構成] をクリックすると、カテゴリの追加、削除、名前変更、順序変更をいつでも実行できます。編集内容は、これまで分類したすべてのアイテムに適用されます。